【おやすみ前の聖書】11_雪の白さ

お休み前の聖書
この記事は約3分で読めます。

【おやすみ前の聖書】11_雪の白さ         2020.03.30

【おやすみ前の聖書】11_雪の白さ

皆さん、こんばんは。昨日は、東京でこの時期としては51年ぶりの雪でした。皆様のお住まいのところは、雪の被害などなかったでしょうか?今日も、まだだいぶ家の周りには、雪が残っていて、肌寒い一日でした。雪が降ったときの、あの静かな感じが私は、とても好きです。私のDNAを受け継ぐ娘も、楽しそうに人生で初めてみる雪を眺めていました。彼女の目にはこの雪はどのように映ったのでしょうか?

私が雪を見ると必ず、思い出す有名な聖句があります。

主は言われる、さあ、われわれは互に論じよう。たといあなたがたの罪は緋のようであっても、雪のように白くなるのだ。紅のように赤くても、羊の毛のようになるのだ。

もし、あなたがたが快く従うなら、地の良き物を食べることができる。

罪は緋のようであってもとある、”緋”とは、緋色のことです。この色は、二度染めした深紅の色です。私達は先天的に遺伝的に、いろいろな欠点を持っています。そして、それが私達の選択によって習慣となり、品性となり、決して変えられないような罪として、私達を縛っています。私達の罪は、二度染めされてしっかりと染まっています。

この状況をイザヤは、次のように表現しました。

あなたがたは、どうして重ね重ねそむいて、なおも打たれようとするのか。その頭はことごとく病み、その心は全く弱りはてている。足のうらから頭まで、完全なところがなく、傷と打ち傷と生傷ばかりだ。

イザヤ1:5-6

この聖句は、私達の心の状態を表しています。全く望みがない状態だというのです。

しかし、それでも、希望があります。

神様が、私達の罪が、緋色に染まり切っていても、雪のように白くしてくださると約束しておられるからです。

私達を罪から救ってくださるのは、イエス・キリストだけです。この方は、私達の代わりに、私達が過去犯してきた全ての罪の刑罰を負ってくださいました。それによって私達は、許されました。そして、その同じイエス様は、私達が今日、罪に勝利できるように力を与えてくださるのです。

もっとましな人間になってから、自分で悔い改めを深めてから、などと思わないでください。

今日、私達はこの過去の罪の赦しを受けることができ、今日、罪から勝利する力をイエス様から受けることができるからです。決して偽ることのない、真理であるイエス様は、こう約束されています。

わたしに来る者を決して拒みはしない。

ヨハネ6:37

イエス様が、そう言われるならその通りなのです。イエス様は、どのような人も拒まれることはありません。私達の教会の子供が、毎日「白い心になれますように」とお祈りしていると、お母さまからお聞きしました。それを聞いて、私の胸があたたかくなりました。

私達も子供のように、そしてダビデが心の清さを求めたように、祈りたいと思います。

ヒソプをもって、わたしを清めてください、わたしは清くなるでしょう。わたしを洗ってください、わたしは雪よりも白くなるでしょう。

詩篇51:7

このような祈りに神様は、こう答えられます。

イザヤ44:21-22

ヤコブよ、イスラエルよ、これらの事を心にとめよ。あなたはわがしもべだから。わたしはあなたを造った、あなたはわがしもべだ。イスラエルよ、わたしはあなたを忘れない。わたしはあなたのとがを雲のように吹き払い、あなたの罪を霧のように消した。わたしに立ち返れ、わたしはあなたをあがなったから。

家の周りにうっすらと残る雪が溶けて、消えてしまう前に、今夜、この経験が皆様のものとなりますように、お祈りさせていただきます。

また、お会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました