【おやすみ前の聖書】17_愛のかたち

お休み前の聖書
この記事は約2分で読めます。

【おやすみ前の聖書】17_愛のかたち        2020.04.09

【おやすみ前の聖書】17_愛のかたち

皆さん、こんばんは。今日も一日お疲れ様でした。毎日、色々なストレス、不安などもあるかと思います。皆様の健康状態、心の状態が守られるようにお祈りしています。

毎日の生活の中で、新しいことや初めての事というのは、どんどんと減っていくような気がします。実際には、毎日が全く別の一日なのですが、それに気が付ける心の感度が下がってしまっているのかもしれません。

そんな中、昨日、人生で初めてのことが起きました。

小さなことで恐縮なのですが、一歳になったばかりの娘が私にプレゼントをくれたのです。それが、こちらです。この名前も分からない草のような花のような長さ3cmの植物です。もし、皆様の中で植物に詳しい方いたら、この植物の名前を教えていただきたいと思います。

この名前も分からない植物ですが、娘がくれたのでなければ、服とかについていてもすぐに捨ててしまうと思います。しかし、自分の娘からだという事で、早速、分厚い洋書に挿んで押し花に加工中です。

親というのは、こんな小さなことでも、ずっと覚えていたいと感じて、幸せに感じるものなのかと不思議な気持ちでいます。娘のなかに芽生えた父親への小さな愛が形となったものが、この謎の植物だったわけです。

神様は私達にとって、父親のような存在です。私達のどんな小さな行動もすべて見守っておられ、私達の小さな感謝や愛の表現を心に覚えていてくださる方です。

娘が私に小さな植物をくれたように、神様は私たちの目を喜ばせ、その愛を伝えるために、沢山の花々を作ってくださった方です。一つ一つの花に色彩を与え、デザインを与え、香りを与え、私達へプレゼントしてくださったのです。この方は与えることを喜びとしておられ、いつも私達を助けようと待ち構えてくださっている方です。

このような神様に、私達はもっと多くの感謝を捧げたいと思います。

そして、信頼し、素直に心を開きたいと思います。

聖書にこうあります。

感謝のいけにえを神にささげよ。あなたの誓いをいと高き者に果せ。

悩みの日にわたしを呼べ、わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう」

詩篇50:14-15

今日、眠りにつく前に、私達の愛の表現としての感謝を神様にお捧げし、

私達に『わたしを呼べ』と恵み深くもおっしゃってくださる神様の守りに心を委ねて、眠りにつきたいと思います。

また、この時間にお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました