【おやすみ前の聖書】23_心の休みを求めるすべての人へ

お休み前の聖書
この記事は約3分で読めます。

【おやすみ前の聖書】23_心の休みを求めるすべての人へ  2020.04.21

【おやすみ前の聖書】22_会いたくて

皆さん、こんばんは。今日も一日、お疲れ様でした。

皆さんは、毎晩、ゆっくりと休めていますか?

私は、一時期、仕事が忙しくて夜も神経が興奮して眠れない時がありました。

眠れないというのは、本当に辛いものです。眠れないといっても、色々な理由があります。ですから、一概には言えませんが、心に不安や、過度なストレス、そういうものがあると眠れなくなることが多いと思います。そして、だれもが、心に大なり小なり重荷をもって生きています。そんな私達にイエス様は、このように言われました。

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。

あなたがたを休ませてあげよう。

マタイ11:28

私達が休むためには、本当の安心が必要です。安心のないところには、休みはありません。

以前、空港のベンチで寝たことがあります。荷物を枕に寝たのですが、誰かが、寝てる間に荷物を持っていくのではないかと思って、安心して休むことが出来ませんでした。

しかし、イエス様のところには、安心があります。その安心の理由を三つだけご紹介します。

まず、イエス様は、私達を無条件で愛してくださっていることです。この方の前では、私達は、取り繕う必要がないのです。欠点を持ったまま、無力のままでイエス様のところに行っても、「よく来たね」と迎えてくださる方です。私達の全てを知ったうえで、尚、愛して下さる方なのです。この方の前では、すっぴんでいいのです。ですから、まるで実家でくつろぐように、イエス様のもとで、安心することが出来ます。

次にイエス様は、私達の罪を許す権威がある方だということです。私達の心には良心があります。この良心は、罪を犯すときに、痛みを覚えます。その良心の呵責があると私達は、休むことができません。

罪を犯して、逃亡中の指名手配犯は、たえず緊張しているのです。

しかし、イエス様は、私達が過去に犯した罪を、ゆるすことがお出来になるのです。

そして、私の罪の代価を、十字架ですべて払ってくださいました。ですから、私達は、イエス様のもとで安心することができます。

最後に、イエス様は、今日の私達を罪から救う力のある方です。イエス様をキリストとして信じるというのは、そのことを信じることです。実に、イエス様が、この地に来られた理由は、そのためなのです。

彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。

彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである」。

マタイ1:21

イエス様は、もろもろの罪を救ってくださる方です。実際は、私達の生活を暗くし、重荷となっているのの多くは、罪とその結果なのです。

イエス様だけがこの問題に解決をあたえることができます。立派な宗教家は多くいます。立派な哲学者も多くいます。しかし、私達を罪から救う力のある方は、このイエス・キリストだけです。

罪の問題の解決は、私達をもっとも不安にする、死の恐怖という問題に対して、答えを与えるのです。

罪の支払う報酬は死である。しかし神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスにおける永遠のいのちである。

ローマ6:23

イエス様だけが私達に永遠の命を与えることができます。

森羅万象が流転するなかで、イエス様は決して変わらない方です。

イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない。

ヘブル13: 8

皆様が、この決して変わることのないイエス様を信じて、ゆっくりと休んでいただきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました