【おやすみ前の聖書】20_すべては神様のもの

お休み前の聖書
この記事は約3分で読めます。

【おやすみ前の聖書】20_すべては神様のもの                2020.04.15

【おやすみ前の聖書】20_すべては神様のもの

皆さん、こんばんは。今日も一日お疲れ様でした。

今朝、仕事前の少しの時間に、娘と遊んでいました。

そこへ、家内がやってきて、娘にこう言いました。『あら、お父さんと遊んでくれているの!』

勿論、お父さんが遊んでくれているのと言いたかったのだと思います。

しかし、果たしてどちらが正解なのでしょうか?私が遊んであげているのか?それとも、遊んでもらっているのか?

今回の件は別にしても、もしかすると、してあげているという自覚のなかに、気が付かない心の慢心のようなものがあるのかもしれません。

私は、毎日忙しく伝道の仕事に携わっています。それは、ただ恵みであるとしかいうことができません。死刑執行を待っていた罪人が、死刑を免れるなら、どれほどの幸せでしょうか?それだけでも一生分の感謝がありますが、それだけでなく、主と日々に共に歩き、魂の救いという働きを共にさせていただいているのです。

この働きは神様の働きであり、私達はしもべです。私達に与えられているすべての物は神様のもので、私達はそれを使わせていただいているのです。

ダビデは、そのことをこのように言っています。

歴代上29:14

しかしわれわれがこのように喜んでささげることができても、

わたしは何者でしょう。わたしの民は何でしょう。

すべての物はあなたから出ます。

われわれはあなたから受けて、あなたにささげたのです。

ダビデは、イスラエルの王様のなかで最も多く、感謝をささげた王様です。それは、彼が、

すべての物は神様からの賜物であることを知っていたからです。

このことを忘れる時に、私達の心に不満の心が、生まれてしまうのです。

旧約聖書の偉大な信仰者の一人にヨブという人がいます。

彼は、信仰のために持っている者、土地、家畜、家、友人、家族、すべてを失った人物です。

その彼が、すべてを失った時に、語った言葉があります。

・・・「わたしは裸で母の胎を出た。また裸でかしこに帰ろう。

主が与え、主が取られたのだ。主のみ名はほむべきかな」。

ヨブ1:21

私達のすべての歩みは、神様の御手の中にあります。私達は、すでに買い取られた存在です。

そのことは、なんという安心感を私達に与えるでしょうか?

神様は、ご自身の命と引き換えにしても、私たちに幸せになってほしいと願われました。

そして、もう一度、永遠に生きるものになってほしいと願われました。

それほどの価値が、あなたにはあるのです。

それゆえに、聖書はこのように言っています。

あなたがたは、代価を払って買いとられたのだ。

それだから、自分のからだをもって、神の栄光をあらわしなさい。

1コリント6:20

神様の栄光とは、神様の品性のことです。

そして、神様の品性とは、自己犠牲の愛の品性なのです。

そのような品性を表すことが、私達の使命であり、召命です。

また、この時間にお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました