【キリストの実物教訓】 第一章 イエスのたとえばなし-1

キリストの実物教訓
この記事は約4分で読めます。

イエスのたとえばなし -1

キリストのたとえの中には、キリストご自身がこの世界に対して持っておられた使命と、同じ原則を見ることができる。キリストは、わたしたちの性質をとって、わたしたちの間にお住みになった。それは、キリストが持っておられた神の性質と命とを、人間が知ることができるためであった。神性が、人性の中に啓示されたのである。目に見えない栄光が、人間の姿の中にあらわされた。人間は、未知のものを、すでに知っ ているものによって学ぶのである。天のものが、地上のものによって啓 示された。神が、人間のかたちの中にあらわされた。キリストの教えに おいてもそのとおりであった。未知のことが、既知のことによって説明 された。人々が一番よく知っている地上のことによって、神の真理が明らかにされた。

聖書にこう書いてある。

「イエスはこれらのことをすべて、譬(たとえ)で群衆に語られた。・・・・これは預言者によって言われたことが、成就す るためである。『わたしは口を開いて譬を語り、世の初めから隠されていることを語り出そう』」

(マタイ 13:34、35)。

自然のものが、霊的のものの媒介となった。自然界のものや、聴衆の人生経験が、み言葉の真理に結びつけられた。このように、キリストのたとえは、自然界から霊的の世界へと導き、人を神と1つにし、地を天と結合させる真理の鎖の環である。

キリストが自然のことを教えられた時、それは、ご自身の手が造って、
ご自身が与えられた能力や機能について語っておられたのである。すべての造られたものは、初めの完全な状態にあった時、神の思想を表現していた。エデンの家庭にいたアダムとエバにとって、自然界は、神の知識に満ち、神の教訓にあふれたものであった。知恵は、彼らの目から入って、心に蓄えられた。彼らは、神の創造されたものによって、神と交わった。ところが、この清い夫婦が、至高者の律法をおかすや否や、神のみ顔の輝きが自然界の表面から去ってしまった。地球は、罪に損なわれてしまった。しかし、その破壊された状態にあっても、なお、美しいものが多く残っている。神の実物教訓は消し去られてはいない。 正しく理解しさえすれば、自然は、その創造者について語るのである。

キリストのおられたころには、こうした教訓が見失われていた。人々は、神のみわざである自然を見ても、神を認めることはほとんどできなくなっていた。人類の罪深さは、美しい世界の表面に黒衣をかぶせた。そして自然は、神をあらわすのでなくて、かえって、神をかくす障害物となってしまった。人々は、「創造者の代りに被造物を拝」んだ。こうして、異邦人の「思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなったからである」(ローマ 1:25、21)。同様に、イスラエルの国でも、神の教えの代わりに、人間の教えが人々に強いられた。自然の中のものだけではなく、神を啓示するために与えられた犠牲制度と聖書自身まで、非常にゆがめられて、神を隠す手段とまでなっていた。

キリストは、このようにして真理をおおい隠していたものを取り除こうとされた。キリストが来られたのは、罪が自然の上に投げかけた幕を開いて、万物が造られた時に反映することになっていた、霊的栄光をあらわすためであった。彼の言葉は、聖書の教えと同様に自然の教えをも、全く新しい姿のものとし、新しい啓示としたのである。

イエスは、美しい野の花をつんでは、子供や青年にお与えになった。彼らが、天父のみ顔の光をうけて、若々しく輝くイエスの顔をながめていると、イエスは次のように教訓をお与えになった。「野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。〔自然のままの単純な美しさで〕働きもせず、紡ぎもしない。しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の1つほどにも着飾ってはいなかった」イエスは、さらに続けて、「きょうは生えて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰の薄い者たちよ」と言われて、尊い確証と教訓をお与えになった。

山上の説教のこのような言葉は、子供と青年だけでなく、他の者に向かっても語られた。それは、さまざまの心配と苦労にみち、失望と悲しみに沈んだ人々のいる群衆に向かって語られた。

タイトルとURLをコピーしました