【初めての聖書】第3課 宇宙にはじめはあったのか?

初めての聖書
この記事は約11分で読めます。

人間と宗教心

≪序≫ 人間は昔から神様を信じてきました。どんな民族でも神様をもたない民族はありません。しかし人間がいろいろ考えるようになって、神様の存在についても批判的になってきました。神様の存在を信じることは、迷信であるように思っている人もいます。よく受ける質問は、「神様というのは人間の願いからでてきたものではないか」「人間の想像の産物ではないか」ということです。確かに世の中のいろいろな神々にはそのような印象を与えるものが多いのですが、聖書の示している神様は、人間の考えをはるかにこえた存在です。神様が要求されるするどい良心、完全な道徳性、どんな小さい罪でも見のがさないきびしさ、あるいは、敵をもゆるす崇高な愛の精神などは、人間が考える以上のものです。

創造の神様

神様の存在について聖書は、ヘブル人への手紙3章4節に「家はすべて、だれかによって造られるものであるが、すべてのものを造られたかたは、神である」と述べています。これはまったく単純明快な答えです。家をみると、建設過程を見ていなくても、だれかが建てたと思います。もっともこの場合の考え方としては二通りあります。すなわち誰かが建てたと考えるか、自然にあるいは偶然にできたと考えるかです。しかし偶然に木材がより集まって家ができたと考えることは、非常に考えにくいことです。サルがキーボードをめちゃくちゃにたたいて、シェークスピアの文章ができあがる可能性はほとんどないのと同じです。家が偶然にできないとすれば、この宇宙は家よりもはるかに複雑な構造をもっているのですから、ただ偶然にできたとは到底考えられません。

現代の宇宙観

イザヤ書40章26節に「目を高くあげて、だれが、これらのものを創造したかを見よ」とあります。都会では最近星もよく見えなくなりましたが、夏の空に見える天の川はたくさんの星の集まりで、一つの宇宙をつくっています。これを銀河宇宙といいます。地球は太陽の回りをまわっている九つの惑星の一つですが、これらの惑星は太陽系を形作っています。太陽系にはこのほかに多くの小惑星や彗星などがあります。太陽系は銀河宇宙に属している星の集団です。太陽は地球の百三十万倍もある大きな星で、光と熱のエネルギーを地球に送り、地上の生命やあらゆる活動を支えています。ある人の計算によると太陽は、地球上で人類発生以来使ったエネルギーの総量を三万分の一秒で空間に放出しているそうです。

太陽は銀河宇宙の中では中くらいの星で、銀河宇宙には太陽のような星が約一千億もあるのです。そのたくさんの星が、だいたい光の速さで十万年かかるくらいの空間に集まっています。地球のとなりの月までは約三十八万キロで、光で行けば一秒あまりの距離ですが、アポロ宇宙船が行くのはたいへんなことでした。まして光で行って十万年というのは、たいへんな距離なのです。しかしこれが宇宙の果てではありません。銀河宇宙を出るとしばらく星はありませんが、光にのって百八十万年くらい行くと、アンドロメダ星雲という銀河宇宙のような別の星の集団があります。これは銀河系外星雲といわれる、よその宇宙です。そして驚くことに、米国のウィルソン山の百インチ(2・5メートル)望遠鏡を使って研究した結果、銀河系外星雲も約一千億あって、銀河宇宙から遠いものほど、速く遠ざかっていることが分かりました。たとえば五十億光年の距離に存在する牛飼い座の星雲は、毎秒十一万キロという驚くべき速さで後退しているのです。

この宇宙は永遠の昔からあったものでしょうか。現在天文学者は、この宇宙には始めがあったと考えられると言います。たとえば東京大学の小尾信弥教授は『宇宙を探る』という著書の中で、いくつかの理由をあげて、宇宙にはいつか始めがあったと考えられると言っています。

物質のはじめ

そうすると始めの物質はどうしてできたかという問題がでてくるわけですが、これは科学が進歩した現代でも、なかなか簡単に答えられる問題ではありません。米国の物理学者ウィリアム・A・ファウラー博士は、元素がどうしてできたかを説明するにあたって、陽子と中性子という原子核をつくる二つの基本的な粒子から出発していますが、そこに次のように書いています。

「これら陽子や中性子自身がいったいどうして創られたのかという疑問は、この章の範囲外のこととしよう。宗教的にしろ科学的にしろ、異常に信念の強い人だけが勇気をもって物質の創生という問題にとり組むことができるだろう」

(『最新の宇宙像』61ページ)。

この言葉は、物質がいかにしてできたかという問題は、一般の科学の範囲ではとりあつかえない問題であることを示唆しています。たとえ中性子や陽子が何か他の粒子からできたということがわかったとしても、さらにその粒子はどうしてできたかと次々に問いを進めていくと限りがありません。そこには人間の思考の限界もあるように思われます。

聖書の創世記1章1節には「はじめに神様は天と地とを創造された」とあります。これは宇宙のはじめという問題に対する非常に巧みな説明でもあります。物質の範囲で考えていたのでは、この問題はどこまでいっても結着がつきませんが、ここに聖書は神様という全く次元のちがった概念をもち出すことによって、解決を与えているのです。神様は永遠より永遠にわたって存在する方として理解することによって、「では神様はだれがつくったか」という質問を封じることができるのです。

しかもこのような考えは、先にも述べたように、人間にとってきわめて自然な考えです。こんな話があります。ロバート・インガーソルは十九世紀のアメリカの有名な無神論者ですが、彼がある時すぐれた説教者であったヘンリー・ワード・ビーチャーを訪れました。部屋に入ると、天の星座をあらわした、立派な天球儀があるのに目をつけて、ビーチャーに言いました。「これは実に見事な天球儀ですね、だれが作ったのですか」。ビーチャーはちょっととぼけて、「だれが作ったかとおっしゃるのですか。だれも創りはしませんよ。偶然にここにあるのです」と答えたということです。日ごろ、この世界は神様がお創りになったことを信じないで、自然にできたと言っていたインガーソルも、この答えに満足はしなかったことでしょう。私たちがこの宇宙をみて、神様がこれをおつくりになったと信じることは、きわめて自然な考え方なのです。しかし神様は何もないところに、どうして物質をお創りになったのでしょうか。詩篇33篇6節には「もろもろの天は主のみことばによって造られ、天の万軍は主の口の息によって造られた」とあります。すなわち物質の創造は、神様の言葉の中にあったエネルギーによってなされたのです。このことは十九世紀までは、科学的に理解することは困難でしたが、二十世紀の科学は、物質がエネルギーになり、エネルギーが物質になることを見い出しました。神様が言葉を出されて、世界を創造なさったということは、決して信じられないことではないのです。

まことの神様

この世の中にはいろいろな神があります。それぞれの宗教は、ちがった神を拝んでいます。聖書が示している神様は、この宇宙とその中にあるすべてのものをおつくりになった方です。創造ということが、まことの神様を、他の神々から区別するものとなっています。

「もろもろの民のすべての神はむなしい。しかし主はもろもろの天を造られた」

(詩篇96篇5節)。

また神様の創造ということが、神様を拝する理由としてあげられています。詩篇95篇6節には

「さあ、われらは拝み、ひれ伏し、われらの造り主、主のみ前にひざまずこう」

とあり、ヨハネの黙示録1章7節には

「神様をおそれ、神様に栄光を帰せよ。神様のさばきの時がきたからである。天と地と海と水の源とを造られたかたを、伏し拝めと記されています。神様が世界を創造しり、私たちも創って下さったということが、神様と人間との基本的な関係です。人間は神様によってつくられ、また保たれているので、その神様を拝することは当然のことなのです。地球が創られた目的については、イザヤ書45章18節に

「天を創造された主、すなわち神様であってまた地をも造り成し、これを堅くし、いたずらにこれを創造されず、これを人のすみかに造られた主はこう言われる、『わたしは主である、わたしのほかに神様はない』」

と書いてあります。

 神様の性質

聖書は神様をどのような方として示しているでしょうか。その主なものを考えてみたいと思います。まず神様は人格を持っておられるということです。人格の本質は、自分を意識することができ、自分で決断することができることであると言われています。そこには知性や意志、個性というようなものがあります。人間は人格を持っています。ですから神様も、人間と同じように語り、感じ、喜び、悲しまれるのです。ただ人間とちがって神様の人格は完全で、人間のように欠点はありません。神様は肉眼で見ることはできません。それは目に見える体をもっておられないからです。人間は体をもっているので、目に見えますが、よく考えると、目にみえるのは私の体であって私ではありません。

私の個性とか人格は体によって表現されますが、本来はやはり目にみえないものです。その意味では私たちは本質的に、神様と似た存在なのです。ですから神様を認めることができるのです。神様を認めることについて、英国の有名な歴史家アーノルド・卜インビーは『未来を生きる』という本の中で、「宇宙を形造っているすべての事物の背後、そしてその彼方には、―これは私の信念ですが―この宇宙に意味と価値を与えている何か究極的な精神的存在といったものが存在しています。・・・・宇宙の背後にあるこの精神的な存在を私が信ずるということは、一つの信仰です。この精神的な存在があるということの証明は、私にはできません。・・・・私はただ人間性の精神的な側面で私が直接経験したことから、その存在を感じとるのです。たいていの時代、たいていの場所で、たいていの人が、同じように感じて悟ってきました」と言っています。私たちは神様の存在を、私たちの本質的な直観で感じとることができるのです。

全知

神様はすべてのことを知っておられます。

「われらの主は大いなる神、力も豊かであって、その知恵ははかりがたい」(詩篇147篇5節)。「そして、神のみまえには、あらわでない被造物はひとつもなく、すべてのものは、神の目には裸であり、あらわにされているのである」

(ヘブル人ヘの手紙4章22節)。

また私たちの心の中まで知って、理解と同情を与えて下さるのです。

「主よ、あなたはわたしを探り、わたしを知りつくされました。あなたはわがすわるをも、立つをも知り、遠くからわが思いをわきまえられます。あなたはわが歩むをも、伏すをも探り出し、わがもろもろの道をことごとく知っておられます

(詩篇119篇1-3節)。

神様は私たちが何を必要としているかも知っておられ、私たちが神様に求めるならば、最善のものを与えて下さいます。

「だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。これらのものはみな、異邦人が切に求めているものである。あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存じである。まず神様の国と神様の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう」

(マタイによる福音書6章31-33節)。

経済変動のはげしいこの時代にも、神様に頼れば安心していることができます。また神様は将来のことも知っておいでになり、それが聖書の中に多くの預言としてあらわれています。

全能

ああ主なる神よ、あなたは大いなる力と、伸べた腕をもって天と地をお造りになったのです。あなたのできないことは、ひとつもありません」(エレミヤ書32章17節)。

「人にはそれはできないが、神にはなんでもできない事はない」(マタイによる福音書19章26節)。

全宇宙を創造された神様には、おできにならないことはないというのは当然のことです。私たちがこの神様に信頼するならば何の不安も、心配もなくなります。

「義と公平はあなたのみくらの基、いつくしみと、まことはあなたの前に行きます」(詩篇89篇14節)。神様は絶対に正しく、また正義と公平をもってこの世界を支配しておられるのです。

「神は愛である」(ヨハネの第1の手紙4章8節)。この事実を聖書はくりかえし、くりかえし教えています。この愛はただ感情的なものではなく、意志を土台としたものです。神様は創られた人間の一人ひとりを愛しておいでになります。これは神様の強烈な意志です。イザヤ書49章15節には

「女がその乳のみ子を忘れて、その腹の子を、あわれまないようなことがあろうか。たとい彼らが忘れるようなことがあっても、わたしは、あなたを忘れることはない」(イザヤ書49章15節)

とあります。神様は私たちが神様を忘れ、あるいは神様に反抗してもなお愛して下さるのです。そして忍耐をもって、私たちが神様に帰るのを待っていて下さるのです。放蕩息子が悔い改めて帰ってくるのを待っている父親のように、神様を忘れて、自分の愚かな道に歩んで行きづまった人間が、神様の愛を見いだして、再び神様に帰ることを待ち望んでおいでになるのです。

希望の言葉

神は人々が不信を捨てるように強制されない。彼らの前には光と闇、真理と誤謬がある。どちらを受け入れるかを決定するのは彼ら自身である。人間の心には善と悪とを区別する能力がさずけられている。神は、人々が衝動的に決定しないで、聖句と聖句をくらべ、重要な証拠によって決定するように計画しておられる。もしユダヤ人が偏見を捨てて、書かれている預言をイエスの生活に目立っている事実とくらべてみたら、彼らは預言とこのいやしいガリラヤ人の生活と奉仕における預言の成就との間に美しい調和をみとめたのである。今日も多くの者が、昔のユダヤ人と同じようにだまされている。宗教教師たちは、彼ら自身の理解と言い伝えの光に照して聖書を読み、人々は、自分で聖書をさぐって真理が何であるかを自分で判断しようとしない。彼らは、自分の判断を放棄して、自分の魂を指導者たちにまかせる。神のみことばを説き、これを教えることは光をゆきわたらせるために神がお定めになった方法の1つである。しかしわれわれは、どんな人の教えも聖書に照して調べてみなければならない。真理を知ってこれに従いたいとの望みをもって聖書を祈りのうちに研究する者はだれでも、神からの光を受ける。彼は聖書を理解する。「神のみこころを行おうと思う者であれば、だれでも、わたしの語っているこの教が・・・・・・わかるであろう」(ヨハネ 7:17)。

タイトルとURLをコピーしました