【初めての聖書】第20課 死後はどうなるのか?

初めての聖書
この記事は約11分で読めます。

≪序≫ 

フランスの文豪ビクトル・ユゴーは、「人間は刑期を定められていない死刑囚である」と言いました。人間はだれも死をまぬがれることはできません。ただその時がわからないだけです。

評論家の荒正人氏は「現代人にとって、死は必ずしも老人の関心に留まるものではない。青年の病死や自殺は僅少(きんしょう)な例外としても、私たちの外部から突然に、また、緩慢に押しよせて来る死にかこまれている。戦争と革命は、死と同義語である。原子爆弾や政治裁判は万人の脅威である。各種の公害は、平和に暮らしている市民たちを死の世界へ引きずり込もうとしている。二十世紀後半に生きながら、死神の大鎌を心に浮かべることのない者は、馬鹿か気違いだけであろう」と書いています。この世界に住む私たちはいつも死と非常に近いところで生きているのです。

聖書は「罪の支払う報酬は死である」(ローマ人への手紙6章23節)といい、死は人間の罪の結果であると説明しています。

私たちは死ぬとどうなるのでしょうか。聖書の中にその答えを求めてみたいと思います。

死をみつめる心

東大の宗教学科主任教授であった岸本英夫博士は、ガンの宣告を受けて、死と対決しながら十年間を過ごしました。その間博士が死の恐怖と直面したなまなましい体験を『死をみつめる心』という著書の中に、くわしく書いています。

その中で彼は、まず生死観には2つの立場があるといい、その一つは一般的な立場で考える観念的な生死観で、もう一つはもっと切実な緊迫した立場です。これは戦場に赴(おもむ)くとか、病気になるとか、自分の生存を続けていく見通しが断ち切られた場合です。死刑囚の刑の執行が決まったときや、ガンで手遅れを宣告されたときなどもそれにあたります。このような状態を生命飢餓状態とよび、生命飢餓状態における死に対する恐怖について、「死の恐怖は、人間の生理心理的構造のあらゆる場所に、細胞の1つ1つにまで、しみわたる。生命に対する執着は、藁(わら)の一筋にさえすがって、それによって追ってくる死に抵抗しようとする」と書いています。そして、さらに次のように述べています。

「生命飢餓状態に身をおいて考えてみると、平生は漠然と死の恐怖と考えていたことが、実は2つの異なった要素をふくんでいることがあきらかになる。その1つは死そのものではなく、死にいたる人間の肉体の苦痛であり、他は、生命が断ち切られるということ、すなわち、死そのものに対するおそれである。

この2つは質的には、まったく異なった要素でありながら、両者は、時間的には、ほとんど同時に、人間に襲ってくる。それで多くの場合に、両者は混同されてしまう。

ところかまわず襲ってくる激痛、高熱、吐しゃ、下痢、喀血(かっけつ)、呼吸困難、このような、思ってもゾッとするような苦痛なしには、この人間の肉体は、生命を失ってゆくことのできない場合が多い。それだけに心を奪われて、それだから自分は死ぬのがこわいのだと思っている素朴(そぼく)な人びとも多い。

しかしこれは、前山の高さに気をとられてそのうしろにひかえている真の高山を見あやまる考え方である。肉体の苦痛はいかにはげしくとも、生命を断たれることに対する恐怖は、それよりももっと大きい。生命飢餓状態におかれれば、人間はどうしても、どんな苦しみの下におかれても、生きていたいと思う。人間は、この状態でいつでも、もっと生きていたいのである。ゴーリキーの描きだす『夜の宿』の売娼婦のように、『いくら苦しくてもよいから、もっと生きたいの』というのが人間の本音である。

そこで、死の恐怖について、死にともなう肉体的な苦痛と、死そのものとをわける。そしてここでは、死の、より中心的な問題として、生命を断たれるということをめぐる問題だけに焦点をおいてみる。

生命を断ち切られるということは、もっとくわしく考えると、どういうことであるか。それが人間の肉体的生命の終わりであることはたしかである。呼吸はとまり、心臓は停止する。もはや肉体は個体としての機能をしなくなる。その結果、肉体はあるいは腐敗し、あるいは焼かれ、自然的要素に分解する。

このように、死によって肉体が分解するというところまでは、近代文化の中では、だれの考え方も一致する。

しかし生命体としての人間を構成しているものは、単に生理的な肉体だけではない。少なくとも生きている間は、人間は精神的な個と考えるのが常識である。生きている現在においては、自分というものの意識がある。そこで問題は『この自分』は死後どうなるかという点である。これが人間にとっての大問題である」。

また次のようにも書いています。

「まっくらな大きな暗闇のような死が、その口を大きくあけて迫ってくる前に、私は立っていた。私の心は、生への執着ではりさけるようであった。私は、もし自分が死後の理想世界を信じることができれば、どれほど楽だろうと思った。生命飢餓状態の苦しみを救うのに、それほど適切な解決法はない。死後も生命があるのだということになれば、激しい生命飢餓の攻勢も、それによってその鋒先をやわらげるに相違ない」。

生と死

死後はどうなるかという問題は、人間の本質を理解しなければわかりません。聖書は人間がいかにして生命を与えられたかを説明しています。すなわち創世記2章7節に、「主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった」とあります。

これはたいへん素朴な言葉ですが、人間が自分としての意識を与えられ、生きた者としての活動をはじめるようになった過程を明瞭に説明しています。

まず人間の体は、酸素・炭素・水素・窒素(ちっそ)・カルシウム・燐(りん)・カリウム・ナトリウム・塩素・硫黄・マグネシウム・鉄等の元素からできていますが、これらはみな土の中にあります。神は人間の体を土の中にあるこのような元素でお造りになりました。そこに神が生命の息を吹きいれられてはじめて人は生きたものとなりました。個としての意識が生じたのです。

ヨブ記33章4節には「全能者の息はわたしを生かす」とあります。この生命の息について伝道の書3章19節には、

「人の子らに臨むところは獣にも臨むからである。すなわち一様に彼らに臨み、これの死ぬように、彼も死ぬのである。彼らはみな同様の息をもっている。人は獣にまさるところがない」

とあり、人間も獣もみな同様の生命の息を持っていると言いますから、生命の息は心や魂というものではないことがわかります。

死においてはこれと反対のことが起こるわけで、ヨブ記には、

わたしの息がわたしのうちにあり、神の息がわたしの鼻にある間、わたしのくちびるは不義を言わない、わたしの舌は偽りを語らない。…わたしは死ぬまで、潔白を主張してやめない」

(27章3節―5節)

とあり、 詩篇104篇29節には

あなた(神)が彼らの息を取り去られると、彼らは死んでちりに帰る」、また、詩篇146篇4節には、「その息が出ていけば彼は土に帰る」と書いてあります。

人間は神よりきた生命の息がある間、意識があり、活動しますが、この息が取り去られると、意識を失い、体は土のちりにかえっていくのです。

その状態は電球に電流が通じて光が発生するのにたとえることができます。物質としての肉体を電球とすれば命の息は電流にあたります。この2つが結合すると「生きたもの」に該当する光が出てくるのです。もし電流が途絶えれば電球だけが残って光はなくなります。そのとき光はどこかへ行ったのではなく、光そのものが存在しなくなるのです。人間についても同じことが言えるわけで、電流にあたる命の息がなくなって死ぬと、残るのは電球にあたる生命のない肉体だけで、それ以外のものは何も残らないのです。

死の状態

生命の息が取り去られると、人間の意識はなくなるので、聖書は死の状態を眠りという言葉で表現しています。

「兄弟たちよ。眠っている人々については、無知でいてもらいたくない。望みをもたない外の人々のように、あなたがたが悲しむことのないためである」(テサロニケ人への第1の手紙4章13節)。

ある時キリストが愛しておられたラザロという人が病気で重態になりました。彼の姉妹マルタとマリヤはキリストに助けを求めました。聖書によるとその知らせをお聞きになったキリストはなお2日そのおられたところに滞在してから、ようやくラザロの家へ向かわれました。その間にラザロは死にました。出発にあたってキリストと弟子たちのあいだには、次のような会話がかわされました。

「彼らに言われた、『わたしたちの友ラザロが眠っている。わたしは彼を起しに行く」。すると弟子たちは言った、『主よ、眠っているのでしたら、助かるしょう』。イエスはラザロが死んだことを言われたのであるが、弟子たちは、眠って休んでいることをさして言われたのだと思った。するとイエスは、あからさまに彼らに言われた、『ラザロは死んだのだ』」

(ヨハネによる福音書11章11節―14節)。

キリストが「眠っている」といわれたのは死のことであったことは明らかです。

したがって死の状態においては「彼の子らは尊くなっても、彼はそれを知らない、卑しくなっても、それを悟らない」(ヨブ記14章21節)のであり、また、「その日には彼のもろもろの計画は滅びる」(詩篇146篇4節)のです。

また、伝道の書9章5節、6節には

「生きている者は死ぬベき事を知っている。しかし死者は何事をも知らない、また、もはや報いを受けることもない。その記憶に残る事がらさえも、ついに忘れられる。その愛も、憎しみも、ねたみも、すでに消えうせて、彼らはもはや日の下に行われるすべての事に、永久にかかわることがない」

とあります。

これは第一の死と呼ばれるもので私たちが完全に眠っているときのように無意識の状態になるのです。しかし眠りにはさめる時があるように、この死には復活があります。

第一の死は、人間の祖先が罪をおかした結果としてすべての人に及びました。また聖書には第二の死があると書いてあり、この死は罪を悔い改めなかった人々が死んだ後再びよみがえって最終的に滅ぼされることです。

今日のキリスト教では一般に、人が死ぬとすぐ天国に行き、また霊魂は不滅であると信じられています。しかし聖書によれば、体を離れた霊魂が存在したり、死ぬとすぐ天国に行くということはないのです。

世界的によく知られていた神学者のひとりオスカー・クルマンは、『魂の不滅か、死者の復活か』という小さい本の中で、聖書を土台として、死んだ人はどうなっているかという問題に答えました。この本の中でクルマンは、人が死んですぐ天国に行くとか霊魂の不滅という考えは一般に広く受けいれられているが、これはキリスト教の最大の誤解であると言っています。

どんな信仰のあついクリスチャンでも、死後直ちに昇天するということはありません。イスラエルの王であったダビデについて、

「彼は死んで葬られ、現にその墓が今日に至るまで、わたしたちの間に残っている。…ダビデが天に上ったのではない」

(使徒行伝2章29節、34節)

と書いてあります。

クリスチャンの希望

死んで眠りの状態にはいったあと、いつまでもその状態が続くのではありません。聖書は復活の事実を教えています。カイコは繭を作ってその中でサナギになり、無活動の状態にはいりますが、時がくると蛾となって再び活動の世界にかえります。そのように、人間もいつまでも眠りの状態を続けるのではありません。もう一度生命の息を与えられてよみがえることができるのです。キリストが復活なさったことは、私たちも復活することができる保証です。

聖書は、2通りの復活について述べています。

「墓の中にいる者たちがみな神の子の声を聞き、善をおこなった人々は、生命を受けるためによみがえり、悪をおこなった人々は、さばきを受けるためによみがえって、それぞれ出てくる時が来るであろう」

(ヨハネによる福音書5章28節、29節)。

第一の復活はキリスト再臨の時で、義人が生命を受けるためによみがえり、第二の復活は千年期のあとで、悪人がさばきを受けるためによみがえるのです

人間の死は罪の結果ですが、神は救いの計画をお立てになり、キリストの十字架による身代わりの死によって、救いの道をお開きになりました。そこで罪を悔い改め、キリストを信じる人に、神は永遠の生命を与えて下さいます。しかしそのことを受けいれない人々は、よみがえったあと、自分の生涯において行ったすべてのことについて神の正義のさばきを受け、永遠の滅びにいたるのです。

生命のある間に

「すべてあなたの手のなしうる事は、力をつくしてなせ。あなたの行く陰府には、わざも、計略も、知識も、知恵もないからである」

(伝道の書9章10節)。

人の未来は生きているうちに決定します。死後に機会はありません。生きている間に、キリストの救いを自分のものにしましょう。永遠の生命の希望に生きる者にとって死は一時の休息、眠りの時に過ぎません。目をさました時は、再臨なさるキリストとお目にかかることができ、また死によって別れた愛する人々とも再会することができるのです。

≪希望の言葉≫

死者に意識があるという教理は、霊魂不滅という根本的な誤りに基づくものである。そしてこの教理は、永遠の責め苦という教えと同様、聖書の教えに反するものであり、理性の命じるところにも、人間の慈悲の心にも、相反するものである。一般に信じられているところによれば、贖われて天にある者たちは、地上で起きるすべてのことを、そして特に、彼らがあとに残してきた友人たちの生活を、よく知っているというのである。しかし、死者が、生きている人々の悩みを知り、自分の愛する者たちの罪を目撃し、彼らが人生のあらゆる悲哀、失望、苦悩に耐えるのを見ることが、どうして幸福の源となり得ようか。地上の友人たちの上をさまよう者に、天国の喜びがどれだけ味わえようか。 また、息が絶えるとすぐに、悔い改めなかった者の魂は地獄の炎の中に投げ込まれるという考えは、なんと嫌悪すべきものであろうか。自分たちの友人が、不用意のまま墓にくだり、永遠の苦悩に陥るのを見る人々は、どんなに激しい苦しみを味わうことであろうか。このような悲惨なことを考えて、気が狂ったものも多いのである。

こうしたことについて、聖書はなんと言っているであろうか。ダビデは、人間が死んだならば、意識はないと言明している。「その息が出ていけば彼は土に帰る。その日には彼のもろもろの計画は滅びる」(詩篇146:4)。ソロモンも同じ証言をしている。「生きている者は死ぬべき事を知っている。しかし死者は何事をも知らない。」「その愛も、憎しみも、ねたみも、すでに消えうせて、彼らはもはや日の下に行われるすべての事に、永久にかかわることがない。」「あなたの行く陰府(よみ)には、わざも、計略も、知識も、知恵もないからである」(伝道の書 9:5、6、1 0 )。    (キリストと反キリストの争闘史より)

タイトルとURLをコピーしました