【初めての聖書】 第21課 死者との交信

初めての聖書
この記事は約11分で読めます。

≪序≫ 

前の課で死人には意識が全くないこと、したがって死人は現世と何のかかわりもないことを学びました。

しかし多くの人が半信半疑ながらも祖先の霊をまつったり、神仏のたたりを気にしたりするのはなぜでしょうか。昔からのしきたりや宗教が影響しているのは確かですが、そのほかに死後も霊魂が存在していると思わせるような、霊界の不思議な現象を観たり、体験を聞かされたりしたせいもあるのではないでしょうか。

死人の霊との交信は未開の社会では広く行われ、わが国でも多くの迷信的な信仰の中で巫女(みこ)、口寄せなどとして行われてきました。

今日では心霊術という名のもとに、こうしたことが大大的に行われるようになり、霊媒を通して死人の霊を呼び出し、霊界の消息を聞いたり、将来のことを予言したり、病気をなおしたりなど、いろいろ不思議なことが起きています。霊媒による手術が行われ、患部を摘出したという話もあります。また子供たちの間ではコックリさんも盛んなようです。

いったいこのようなことは何を意味するのでしょうか。心霊現象について聖書の光をあててみたいと思います。

1. 死人の霊の正体

前の課で学んだように、人は生命の息がでていけば、無意識の状態となり、「死者は何事をも知らない…彼らはもはや日の下に行われるすべての事に、永久にかかわることがない」伝道の書9章5節、6節)と聖書は述べています。

したがって死人の霊と称するものが現われて、いかにも実在しているかのようにふるまい、不思議なことをしたとしてもそれらは全て欺きです。終末時代におけるこのような不思議なしるしについてこれらは、しるしを行う悪霊(英訳悪魔)の霊であって」(ヨハネの黙示録16章14節)と書いてあります。悪魔については「偽り者であり、偽りの父」(ヨハネによる福音書8章44節)と書いてあります。

悪魔には無数の部下がいます。彼が神に反逆した時、「悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たへびは、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落された」(ヨハネの黙示録12章9節)からです。ですから人が心霊術で故人そっくりの声やしぐさに接するのは、生前のすべてを知っている悪天使が故人をまねているにすぎません。決して死人の霊が現れるのではなく、悪魔の使いが出てくるのです。

2. 悪魔の働き

① 欺くこと

悪魔はただ人を喜ばせたり慰めたり、または好奇心を満足させるために、不思議なことを行っているのではありません。故人の声色や趣味、習慣などを再現することによって、人の死後も霊魂が存在していることを信じさせ、後には人間を破滅させるような指示を与えるようになるのです。

エデンの園で、神は人が善悪を知る木の実をとって食べるならば「きっと死ぬであろう」と言われました。それに対してサタンは「決して死ぬことはないでしょう」と言いました。その時以来サタンは「決して死ぬことはない」と主張し続けているのです。サタンは霊魂不滅説の元祖なのです。

② 神の愛を疑わせる

人は死んでも霊魂は永遠に不滅であるという考えは、早くから永遠地獄説となって現れました。すなわち人が死ぬとすぐ善人は天国や極楽に行き、悪人は地獄に落ちて、永遠に苦しむというのです。これは愛の神を無慈悲な暴君のように思わせる誤った考えであって、このため多くのまじめな人々が失望して、懐疑論者や無神論者になってしまいました。

③ 善悪のけじめをあいまいにする

人は死んだらすぐ昇天して幸福な生活にはいるという教えは、ほかの極端な結論を生みました。すなわち人は生前どんなでたらめな生活をしていても、死ねば天国に行けるのだから、この世では好き勝手なことをすればよいという考え方です。これは悪魔が神に逆らって考案した恐ろしい教えで、聖書のどこにもそのような考えはありません。神は明らかに、「罪を犯す魂は死ぬ」(エゼキエル書18章20節)と言っておられます。

しかも神は正義の方ですから、善人を天国へ導く時も、悪人を地獄へ送る時も、その前に厳正な審判を行うと教えられています。その審判についてヨハネは

「死んでいた者が、大いなる者も小さき者も共に、御座の前に立っているのが見えた。かずかずの書物が聞かれたが、…死人はそのしわざに応じ、この書物に書かれていることにしたがって、さばかれた」

(ヨハネの黙示録20章12節)

と書いています。

もしも死人がすでに昇天したり地獄に落ちているのであれば、何をわざわざ天国や地獄から呼びもどしてさばく必要があるでしょう。この意味でも悪魔が始めた霊不滅説は神の知恵と公義を無にする愚かな説であることが分かります。

3. 聖書に現れた古代の心霊術

① 口寄せの女に尋ねたサウル王

心霊術は古くから世界の各地で行われており、とくに未開時代の主要な迷信の一つでした。神がモーセに命じて聖書をお書かせになったころも相当盛んであったらしく、神はこれをきびしく戒めておられます。それにもかかわらずその影響はイスラエル民族の間にも及び、ついには指導者である王までがこの道に頼るようになりました。

あるときペリシテ人がイスラエルと戦うために軍を集めました。これを見たサウル王は恐れを感じて神に伺いをたてましたが、神は全然お答えになりません。なぜならば王はかつて神の命令にそむいたので、神に見捨てられていたからです。そこで思案に余った王は「わたしのために、口寄せの女を捜し出しなさい。わたしは行ってその女に尋ねよう」としもベたちに言いました。しもベたちがひとりの女の口寄せがエンドルにいることをしらせたので、王は変装をし、ふたりの従者を伴って夜の間に女の所に行きました。そして、「わたしのために口寄せの術を行って、…サムエルを呼び起してください」とたのみました。サムエルは生前、天の神に忠実につかえた預言者でしたから、王は彼を通して神の指示を受けられると考えたのです。

やがて霊媒である女がサムエルを見て、「神のようなかたが地からのぼられるのが見えます。…ひとりの老人がのぼってこられます」と言うと、サウルはその人がサムエルであるのに気づいて、地にひれ伏して拝しました。それから次のような問答が王とサムエルの霊との間にかわされました。

サムエルの霊「なぜ、わたしを呼び起して、わたしを煩わすのか。」

サウル「わたしは、ひじょうに悩んでいます。ペリシテびとがわたしに向かっていくさを起し、神はわたしを離れて、預言者によっても、夢によっても、もはやわたしに答えられないのです。それで、わたしのすべきことを知るためにあなたを呼びました」。

サムエルの霊「主があなたを離れて、あなたの敵となられたのに、どうしてあなたはわたしに問うのですか。主は、わたしによって語られたとおりにあなたに行われた。あなたは主の声に聞き従わ…なかったゆえに、主はこの事を、この日、あなたに行われたのである。主はまたイスラエルをも、あなたと共に、ペリシテびとの手に渡されるであろう。あすは、あなたもあなたの子らもわたしと一緒になるであろう」(サムエル記上28章1―19節)。

この出来事は一見、死人の霊と交信できるもののように思わせますが、気をつけて読めば以下の理由により、サウルが悪魔に惑わされたことが分かります。

第1、神はすでにサウルに答えるのを中止されたのですから、わざわざ死んだサムエルを煩わしてお答えになるはずがありません。

第2、もしもこれが実際にサムエルの霊であったならば、神だけがお受けになるはずの礼拝を、信仰深いサムエルがサウルから受けるはずはありません(黙示録19章10節参照)。

第3、死人の霊が出て来て話をするということは、聖書で教えられている死後の状態と一致しません。

第4「あすは、あなたもあなたの子らもわたしと一緒になるであろう」(サムエルのように死ぬであろうという意味)とのサウルとその子らの死の予告は実現しませんでした。彼らが実際に殺されたのは数日後のことであり、しかも王と共に死んだのは3人の子らだけで(サムエル記上31章2節参照)残りはよほど後に殺されましたから(サムエル記下2章8節―10節参照)、口寄せの言葉は事実に反しています。

② 霊術についての神の警告

聖書には死者との交信について次のような警告が与えられています。

「魔法使の女は、これを生かしておいてはならない」(出エジプト記22章18節)。

「あなたがたは口寄せ、または占い師のもとにおもむいてはならない。彼らに問うて汚されてはならない。」「男または女で、口寄せ、または占いをする者は、必ず殺されなければならない」

(レビ記19章31節、20章27節)。

「あなたの神、主が賜わる地にはいったならば、その民の憎むべき事を習いおこなってはならない。占いをする者、卜者(ぼくしゃ)、易者(えきしゃ)、魔法使、呪文を唱える者、口寄せ、かんなぎ、死人に問うことをする者があってはならない。主はすべてこれらの事をする者を憎まれるからである」

(申命記18章9節―12節)。

「人々があなたがたにむかって「さえずるように、ささやくように語る巫女(みこ)および魔術者に求めよ』という時、民は自分たちの神に求むべきではないか。生ける者のために死んだ者に求めるであろうか」

(イザヤ書8章19節)。

「魔法使」「口寄せ」「占い師」「卜者(ぼくしゃ)」「易者(えきしゃ)」「呪文を唱える者」「かんなぎ」「巫女(みこ)」などとあるのは、すべて死人に問うことをする人々のことで、その呼び名が異なるように、心霊術の形態も数限りなくあることがうかがわれます。

心霊術によって行われることや、語られることには恐ろしい欺きがかくされています。神は「これを生かしておいてはならない」と言われるほどおきらいになるのです。

4. 近代心霊術の復興

近代心霊術のおこりは、ヨーロッパです。ドイツやスイスなどで霊との交信がみられましたが、まもなくアメリカ大陸全体に広がり、英国にもわたり、1847年ごろには、一般の人々の関心を集めるようになりました。

ちょうどそのころ米国では、ニューヨーク州のハイデスビルに住むフォックス家で不思議なことが起こっていました。1848年3月31日のことです。フォックス夫妻と娘のマーガレッタとケティの四人は、新しい家を建築中だったので、仮小屋で生活していました。その晩彼らは不思議な音で目をさましました。それは戸をたたく音でした。12才になるケティが「幽霊さん、私のするようにしてごらん」といって手をたたくと、それに対して応答がありました。次にケティは指を何本か出して、「この指の数を言ってごらん」というとその通り合図をしました。15才のマーガレッタは「この霊は私たちのことを聞いているばかりでなく、見ているのだわ」と言って、「今度は4まで数えてちょうだい」というと、その音は正しく4まで数えました。フォックス夫人がその音に自分の子供の数とその年齢をたずねると、これにも正しく答えたのです。

このようにして交信の方法がわかり、この音は、そこで殺されて、死体を地下に埋められた行商人の霊で、自分が殺されたことや、彼の霊はなお生きていることを人々に伝えるために霊媒を求めていると言われました。

多くの人は、最初これは何かのトリックで、すぐ消えてしまうだろうと思いましたが、6年という短い期間に心霊術は全米に広がったのです。そして、1894年には、全世界で6000万の信者がいるというほどになりました。

5. 終末の前兆としての心霊術

キリストは終末時代に

「にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう」

(マタイによる福音書24章24節)

と予告なさいました。サタンは「光の天使に擬装する」(コリント人への第2の手紙11章14節)ことができます。彼はまた「人々の前で火を天から地に降らせることさえ」(ヨハネの黙示録13章13節)すると言われています。

聖書は

後の時になると、ある人々は、惑わす霊と悪霊の教とに気をとられて、信仰から離れ去るであろう」

(テモテへの第1の手紙4章1節)

と預言しています。今日、心霊術の働きは全世界にひろまっています。悪魔の歎きにおちいらないようにするために聖書は

「愛する者たちよ。すべての霊を信じることはしないで、それらの霊が神から出たものであるかどうか、ためしてみなさい」

(ヨハネの第1の手紙4章1節)

とすすめています。

またイザヤ書8章20節には「おしえとあかしに尋ねなければならない。もし、このことばに従って語らなければ、その人には夜明けがない」(新改訳)と言っています。「おしえとあかし」というのは聖書全体のことです。どんな不思議なことが起きても、聖書に照らしてみて、違っていれば、それは神よりでたものではありません。悪魔に欺かれないようにするためには聖書をよく研究することが大切です。

≪希望の言葉≫

心霊術はたしかに今ではその外形を変え、不都合な点を隠して、キリスト教の装いをとっている。しかしその主張は、長年にわたって、講壇や出版物を通して公表され、その中に真の性質が表されてきた。これらの教えは、否定することも隠すこともできない。心霊術は現在の形においてさえ、以前よりも容認すべき性質のものではないどころか、実際にはもっと巧妙な欺瞞であるためにいっそう危険である。それは以前にはキリストと聖書を非難していたが、今はこの両者を受け入れると公言している。しかし、生まれ変わっていない心を喜ばすような方法で聖書が解釈され、他方、聖書の厳粛で重大な数々の真理が力ないものとされている。愛は神の第一のご性質としてくり返し説明されてはいるが、善と悪をほとんど区別しない弱々しい感傷主義に堕している。神の正義、罪に対する神の非難、神の聖なる律法の諸要求は、すべて無視されている。人々は十戒は死文であると考えるように教えられる。喜ばせ魅惑するような作り話が人々の感情をとらえ、聖書を自分たちの信仰の基盤とするのを拒否させようとする。以前と同じにキリストは実際には拒まれているのであるが、サタンは人々を盲目にしてその惑わしが見分けられないようにしているのである。

心霊術の欺瞞的な力と、その影響を受けることの危険性を、正しく認めている者はほとんどいない。多くの者は、単に好奇心を満足させるために心霊術に手を出す。彼らはそれをほんとうに信じているのではない。かえって霊の支配に服することを思うと恐怖で満たされる。しかし彼らは、禁じられた地に危険を顧みないで入っていく。そして強大な破壊者が、彼らの意志に反して彼らの上にその力を働かすのである。彼らが1度でもその心をサタンの命令に従わせる気になると、サタンは彼らをとりこにする。サタンの魅惑的な魔力を、自分の力で断ち切ることは不可能である。信仰の熱心な祈りに答えて与えられる神の力だけが、これらの捕えられた魂を解放できるのである。

             (キリストと反キリストの争闘史より)

タイトルとURLをコピーしました