【初めての聖書】 第28課 現代の使命Ⅰ―黙示録の世界

初めての聖書
この記事は約12分で読めます。

≪序≫ 

聖書のいちばん最後にある『ヨハネの黙示録』は、聖書の中でも非常に特徴のある、また重要な書です。米国の著名な宗教指導者E・G・ホワイトは、「黙示録において、聖書のすべての書が出会い そして完結している」と言いました。

黙示録には旧約聖書39書のうち、28書からの引用があり、新約聖書の7つの書との関連が見られます。

一般に黙示録は難解であると思われていますが、その1章3節には、

「この預言の言葉を朗読する者と、これを聞いて、その中に書かれていることを守る者たちとは、さいわいである。時が近づいているからである」

とあり、この書は終末時代に住む私たちにとって大切な内容を持っています。

「現代の使命Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」という題で4課に分けて、黙示録を中心として、現代にかかわる重要な問題を学びます。少し難しいとお感じになる方があるかも知れませんが、ぜひやめないでこの重要な聖書の言葉を研究なさって下さい。そして「この中に書かれていることを守る者はさいわいである」という特別な祝福をお受けになって下さい。

1. 黙示録の著者

黙示録の著者はキリストの12人の弟子の1人ヨハネです。これを書いた場所はエーゲ海の火山島であるパトモスという島で、紀元96年ごろと考えられます。

この当時の教会は大きな危機に直面していました。キリストが昇天なさった直後、福音を受け入れた人々は、救いの喜びにあふれて、この救いの望みを熱心に人々に伝えたので、きびしい迫害にもかかわらず、福音は非常に短い期間で当時の文明世界に宣べ伝えられました。彼らの心はキリストに対する愛で燃えていました。

しかし時がたつにつれて熱心さが衰え、神に対する愛も冷えてきました。指導者たちも年をとって亡くなっていき、後をついだ人々のうちには、何か目新しいことを求めて、福音の教えと調和しない考えを主張するようになり、教会は混乱し、真理は見失われ、悪魔の力が勝利するかのように見えました。

このような教会の危機の時に、ヨハネは捕えられ、パトモス島に流されたのです。しかしこれは神の導きでした。人里離れた孤島で、キリストはヨハネを通して教会に対するメッセージをお与えになりました。それは勝利を保証するメッセージでした。黙示録は復活されたキリストが、教会にお与えになった手紙です。

この手紙はヨハネの長い生涯の間にも、衰(おとろ)えるように見えなかった悪の勢力を、キリストが必ず征服なさるという良い知らせでした。キリストは、悪の勢力の戦術を明らかにし、これに対して勝利する方法をお示しになったのです。ですから、黙示録は、善悪の争闘がそのクライマックスに達しようとしている現代の私たちにとって、とても大きな導きを与えています。

黙示録は大きく次の四つの預言に分けることができます。

① 7つの教会 : 1章―3

② 7つの封印 : 4章―81

③ 7つのラッパ: 82節―11

④ 終末の事件 : 12章―22

この分類を軸にして、黙示録の世界を見ていきたいと思います。

2. 7つの教会

黙示録のはじめの部分は、当時小アジアにあった7つの教会にあてられた手紙です。これらの手紙はその時代の教会にあてられたばかりでなく、ヨハネの時代から世の終わりまでの教会の七つの歴史的時期をあらわしていることは、一般に認められています。これらの手紙の中に指摘されたよい点と悪い点を総合すると、教会の理想的な姿を想像することができます。

各時代の教会について詳しく研究することはできませんが、主要な点を考えていきましょう。

まず1章12節、13節に七つの金の燭(しょく)台(だい)の間を歩いておられるキリストの姿が示されています。燭(しょく)台(だい)は教会を象徴していて、これはキリストが教会とどんな関係を持っておいでになるかを示しているのです。キリストは天において私たちのために奉仕しておられると同時に、地上にある教会や私たちと密接な関係を保っていて下さいます。教会は人間だけの集まりではありません。キリストがその中においでになるのです。そしてこのキリストはあなたのすべての必要にこたえ、最もよい道に導いて下さいます。

初期の教会の中に、すでに間違った教えがはいってきていました。信仰のための苦難もあり、多くの人々が福音の真理に対して持っていた始めの愛を失いました。これは私たちも気をつけなければならない危険です。しかしキリストはいつまでも私たちを愛してあなたはどこから落ちたかを思い起し、悔い改めて初めのわざを行いなさい」(ヨハネの黙示録2章5節)と言われるのです。

教会には欠点もあり、きびしいけん責が必要ですが、神のけん責はいつも愛のうちになされ、悔い改める者に対する赦しの約束が語られています。

「見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう」

(ヨハネの黙示録3章20節)

とキリストは言われるのです。

信仰のために戦いの中にある人々には、励ましと約束の言葉が送られました。

「わたしは、あなたのわざを知っている。見よ、わたしは、あなたの前に、だれも閉じることのできない門を開いておいた。なぜなら、あなたには少ししか力がなかったにもかかわらず、わたしの言葉を守り、わたしの名を否まなかったからである」。「忍耐についてのわたしの言葉をあなたが守ったから、わたしも、地上に住む者たちをためすために、全世界に臨もうとしている試錬の時に、あなたを防ぎ守ろう。わたしは、すぐに来る。あなたの冠がだれにも奪われないように、自分の持っているものを堅く守っていなさい」

(ヨハネの黙示録3章8節、10節、11節)。

七つの教会の最後はラオデキヤ教会で、再臨直前にある現代の教会を表しています。この教会について、

「あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸な者であることに気がついていない」

(ヨハネの黙示録3章17節)

と言われました。「汝自身を知れ」と言った哲学者がいましたが、自分のほんとうの姿に気がついていないということは、非常に危険な状態です。「富んでいる、豊かである」という自己満足におちいってしまうと、自分の欠点も分からず、成長もなくなります。この対策として、

「富む者となるために、わたしから火で精錬された金を買い、また、あなたの裸の恥をさらさないため身に着けるように、白い衣を買いなさい。また、見えるようになるために、目にぬる目薬を買いなさい」

(ヨハネの黙示録3章18節)

と言われています。ここにあげられている金とは愛と信仰を、白い衣は私たちに与えられるキリストの義を表わしています。心をキリストに捧げるとき、キリストのような生活をする力が与えられ、私たちの生活に、キリストの品性が表わされてきます。また目薬は神の言葉を表します。聖書の言葉は良心を鋭敏にし、霊的なものを見る目を与えます。

教会は堕落したこともありましたが、いつの時代にも忠実に真理の光をかかげた少数の人々がいました。そしてヨハネは忠実に神に従った人々が、最後に善と悪との大争闘に勝利して永遠の神の国に立っている姿をみました。

「またわたしは、火のまじったガラスの海のようなものを見た。そして、このガラスの海のそばに、獣とその像とその名の数字とにうち勝った人々が、神の立琴を手にして立っているのを見た」

(ヨハネの黙示録15章2節)。

3. 7つの封印

七つの封印には、七つの教会と並行して、キリストの時代から再臨までの歴史的な時期に起こるいろいろな事件が示されています。これらの事件は最後の審判の時に、悪人をさばく証拠となる重要なものです。この中に私たちは人間の罪と対照的な、キリストの深い愛を見ることができます。またここに示されている事件は、終末に至るしるしでもあるのです。

ヨハネは最後に救われた人々について、

「『彼らは、神の御座の前におり、昼も夜もその聖所で神に仕えているのである。御座にいますかたは、彼らの上に幕屋を張って共に住まわれるであろう。彼らは、もはや飢えることがなく、かわくこともない。太陽も炎暑も、彼らを侵すことはない。御座の正面にいます小羊は彼らの牧者となって、いのちの水の泉に導いて下さるであろう。また神は、彼らの目から涙をことごとくぬぐいとって下さるであろう』」

(ヨハネの黙示録7章15節―17節)

と述べています。

神は終末に至る歴史を支配し、間もなく罪と苦しみをぬぐい去って下さるのです。

4. 七つのラッパ

聖書の記者はラッパの響きから裁きを連想しましたが、七つのラッパは、神に反逆する者に対する部分的な裁きをえがいています。また神が忍耐とあわれみをもって罪を処理なさる姿を見ることができます。

七つのラッパの最後の場面は、神の計画の成就です。神に反逆するものはすべて正当に裁かれ、完全な神の支配が回復する日が来るのです。

「第七の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、大きな声々が天に起って言った、『この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。主は世々限りなく支配なさるであろう』。そして、神のみまえで座についている二十四人の長老は、ひれ伏し、神を拝して言った、『今いまし、昔いませる、全能者にして主なる神よ。大いなる御力をふるって支配なさったことを、感謝します。諸国民は怒り狂いましたが、あなたも怒りをあらわされました。そして、死人をさばき、あなたの僕(しもべ)なる預言者、聖徒、小さき者も、大いなる者も、すべて御名をおそれる者たちに報いを与え、また、地を滅ぼす者どもを滅ぼして下さる時がきました』。」

(ヨハネの黙示録11章15節―18節)

5. 終末の事件

黙示録12章からはじまるこの部分では、第18課で学んだキリストと悪魔との大争闘の起こりを述べ、13章ではこの争闘で悪魔が用いる2つの組織について述べています。それはいずれも宗教と国家権力が結びついた体制で、1つは背教したローマ・カトリック教会と国家の結びつき、もう一つはアメリカ合衆国における国家と宗教の結びつきです。くわしいことは第31課で研究します。

14章は神がお用いになる諸勢力を説明し、その問題となる争点をさらに詳しく述べています。このことは第30課で学ぶことになっていますが、ここには歴史の最後における神のあわれみと救いのチャンスが示され、そのクライマックスはキリストの再臨です。

さて、神のあわれみによる福音の招待を最後まで拒んだ人々には、裁きがくだされます。これは七つの災害(ヨハネの黙示録15章6節)と言われています。前のラッパの時は部分的な裁きでしたが、この災害は悪を行うすべてのものに及びます。しかもこの災害で滅ぼされる人々はそれぞれに理由があり、この災害はきわめて速やかに起こってくるのです。たとえば第3の災害で川と水の源はみな血になりますが、それに対して神の天使は、

「このようにお定めになったあなたは、正しいかたであります。聖徒と預言者との血を流した者たちに、血をお飲ませになりましたが、それは当然のことであります」

(ヨハネの黙示録16章5節、6節)

と言いました。

この災害には神のあわれみはもはやありません。悔い改めることができる時期は永久に過ぎ去ってしまったのです。

しかしこのような災害の時にも、神の民は守られ、天使がその必要を満たしてくれます。「正しく歩む者」には「そのパンは与えられ、その水は絶えることがない」(イザヤ書33章16節)という約束が実現するのです。

「貧しい者と乏しい者とは水を求めても、水がなく、その舌がかわいて焼けているとき、主なるわたしは彼らに答える、イスラエル〔神に従っている人=著者注〕の神なるわたしは彼らを捨てることがない」

(イザヤ書41章17節)

と約束されています。

次に七つの災害をもたらす天使のひとりが、偽りの宗教組織の裁きを示しました。

そのあとキリストの再臨、千年期と続きます。千年期の終わりに起こることは第19課で学びました。すべての悪が滅ぼされて、清められた地上に神の都・新エルサレムが天から下ってきます。そこでは

「神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」

(ヨハネの黙示録21章3節、4節)

とあるように、人間のすべての問題が完全に解決するのです。

この聖なる都新エルサレムは神が愛する者のためにそなえて下さった永遠の都です。ヨハネはこの新しい都を描写していますが、それは美しい都であり、憎むべきものは一つもありません。そして最もすばらしいことは、「神と小羊〔キリスト=著者注〕との御座は都の中にあり、その僕たちは彼を礼拝し、御顔を仰ぎ見るのである」(ヨハネの黙示録22章3節、4節)という神と人との自由な交わりが完全に回復することです。

「主イエスよ、きたりませ」(ヨハネの黙示録22章20節)という待望の言葉と「主イエスの恵みが、一同の者と共にあるように」(ヨハネの黙示録22章21節)という祝福の言葉で、ヨハネはこの驚くべき書を終わっています。

≪希望の言葉≫

最近、わたしは、柔和で謙遜なイエスに従う、へりくだった人々をみつけようと周りを見渡して、考えさせられた。キリストが速やかに来られることを待望していると公言する多くの人々は、この世と妥協し、神に喜ばれることよりは、周りの人々の賞賛を得ようと熱心に求めている。彼らは、ほんの少し前に離れてきた名目的諸教会のように、冷たく形式的である。ラオデキヤ教会にあてられた言葉が、彼らの現状を完全に描写している(黙示録 3:14―20 参照)。彼らは「熱くもなく、冷たくもなく、なまぬるい」。そして、もし彼らが、「忠実な、まことの証人」の言葉に聞き従い、熱心に悔い改めて、「火で精錬された金」、「白い衣」、「目薬」を買わないならば、彼は彼らを口から吐き出されるのである。主が直ちに来られることを、かつては喜び大声で叫んだ人々の大部分が、かつて主の再臨を信じた彼らを嘲り、あらゆる虚偽を言いふらして彼らに対する偏見を起こさせ、彼らの力を無にしようとした諸教会や世俗の人々と、同じ立場をとるという時が来た。今もし、だれかが、飢えかわくように義を求め、生きた神を慕い求めて、神の力に触れ、心が神の愛に満ち溢れて満足を味わい、神を賛美して、神に栄光を帰するとするならば、その人は、主が間もなく来られることを信じると公言する人々から、惑いに陥った人間のように邪推され、催眠術をかけられたとか、または、何か悪霊につかれたとか言われるのである。キリスト者であると公言する多くの人々は、世俗の人々と同様に装い、語り、行動している。そしてその違いは、口先で言うことが異なっているだけである。彼らは、キリストを待望していると口では言うが、彼らの思いは、天になく、この地上のことにある。  「神の日の到来を熱心に待ち望んでいるあなたがたは、極力、きよく信心深い行いをしていなければならない」(Ⅱ ペテロ 3:11 、12 )。「彼についてこの望みをいだいている者は皆、彼がきよくあられるように、自らをきよくする」(Ⅰヨハネ 3:3 )。しかし、再臨信徒と称する多くの者が、神の言葉を学んで神に喜ばれる者になろうとすることよりは、自分たちの体を飾って、世俗の人々の目によく見せようと努めていることは明らかである。

                (初代文集より)

タイトルとURLをコピーしました