【初めての聖書】 第16課 終末とその前兆

初めての聖書
この記事は約11分で読めます。

≪序≫ 

21世紀の幕が開かれた時、人々は希望をもって明るい将来を望みました。今20年近くが過ぎて振り返ってみると、世界各地で紛争やテロが頻発し、依然として人類の平和への願いは実現していません。そして将来も決して明るくはありません。人口、食糧、自然災害、資源・エネルギー危機など困難な問題をたくさんかかえこんで、世界の終末ということを考える人がますます多くなってきました。ある人々は間もなく世界的に非常に大きな危機にみまわれるのではないかと予想しています。

聖書は罪の世界がいつまでも続くものではないと教えていますが、いつ終末がくるかという正確な時期については、明らかにされていません。もし何年何月何日ということがわかっていたら、ある人々はその日の直前まで勝手な生活をして、時がきたらまじめな生活にはいろうと思うかも知れません。しかし私たちはいつ自分の生命の終わりがくるかわかりません。また、急に悪の道から抜け出すこともできないでしょう。ある人々は時が近づくにつれて生活が落ち着かなくなり、浮き足立ってしまうおそれがあります。

世界の終末の正確な時は示されていませんが、その時が近づいていることを示す前兆は聖書の中に明らかにされています。

1. 聖書の終末論

1970年代から一般に終末論に関心が持たれ始めたのは、核兵器の拡大に伴う国際不安、有限な地球における人口の爆発的な増加、食料危機、資源の欠乏などに気がついて、人類滅亡の可能性を感じるようになったからです。しかしこのような終末論には希望がありません。

人間が神の律法に従わないことにより、この世界は完全に行きづまると聖書は述べています。ルカによる福音書21章25節、26節に、

「そして、地上では、諸国民が悩み、海と大波とのとどろきにおじ惑い、人々は世界に起ろうとする事を思い、恐怖と不安で気絶するであろう」

とあります。ここで「おじ惑い」と訳してある原語はアポリヤで、これは窮境(きゅうきょう)、すなわち袋小路(ふくろこうじ)に追いつめられた状態をあらわす言葉です。罪を犯し続ける人類は全く追いつめられて、解決を見いだすことができない絶望的な状態になってしまいます。しかし聖書はその絶望状態を越えて希望のある道を示しているのです。

神に従っていた者に救済が与えられ、それはさらによい世界への出発点となるのです。終末の諸事件については第19課で研究しますが、その時キリストが再臨されて、神に従っていた人々を新しい、永遠に続く神の国に移して下さいます。聖書の終末論は、私たちにすばらしい希望を与えています。終末は救われる人々にとっては、大きな喜びの日です。イザヤ書25章9節に、

「その日、人は言う、『見よ、これはわれわれの神である。わたしたちは彼を待ち望んだ。彼はわたしたちを救われる。これは主である。わたしたちは彼を待ち望んだ。わたしたちはその救を喜び楽しもう』」

とあります。

2. 終末の前兆

終末がいつ起こるかについて、聖書の中に多くの前兆が示されています。これをその性質から二つに分けて考えてみたいと思います。

その一つは、信号あるいは標識のような前兆です。たとえば高速道路を通って大阪から東京に行く時、道路標識があって、東京まで何キロと示しています。それと同じように、終末の前兆として神がお与えになる出来事が聖書に書いてあります。その出来事をみて、終末が近づいたことを知ることができます。これは主として自然界にあらわれるしるしです。

もう一つの前兆は、ただ終末が近いことを知らせるだけでなく、それ自身が終末をもたらす働きをするもので、これは聖書を信じない人でも納得できる前兆です。

① 信号としての前兆(自然界のしるし)

a. 暗黒日

イエスは「しかし、その時に起る患難(かんなん)の後、日は暗くなり、月はその光を放つことをやめ」(マタイによる福音書24章29節)と言われました。「その時に起る患難」というのは、この24章のはじめから研究していくと分かりますが、中世紀において真に聖書を信じるクリスチャンに対して加えられた圧迫、迫害を意味するものです。

しかしこの預言された期間は「縮められる」(マタイによる福音書24章22節)とキリストは言われましたが、実際に迫害がやんだのは18世紀の半ばすぎでした。これはルターによる宗教改革の結果です。

1780年5月19日に、アメリカ合衆国ニューイングランド地方を中心として特異な現象が起こりました。事実の記録として『ウェブスター辞典』1883年版1604ページ、「暗黒日」の項に、「ある場所では人々は戸外で数時間、普通の印刷物を読むことができなかった。鳥はタベの歌をうたい、姿をかくし、静かになった。鶏は小屋にはいり、家畜は納屋のまわりの庭に集まり、家々には灯がともされた。暗黒は午前10時ごろからはじまった。…この著しい現象の真の原因は知られていない」とあります。天文学者ハーシェルは、「北米における暗黒日は、常に興味をもって読まれる驚くべき自然の現象の一つであるが、その原理は説明ができない」と言いました。この暗黒が日食によるものでなかったことは暗くなった時間や、その前の晩が満月であったことから明らかです。

その夜はやはり暗黒でした。月食は満月の時にしか起こりませんから、これはやはり普通の天体の現象ではなかったことがわかります

b. 落星

暗黒日の後に、再臨の前兆として起こる現象についてキリストは、「星は空から落ち」(マタイによる福音書24章29節)と言われました。

1833年11月13日に、いまだかつて人類が見たことのないような著しい流星雨が北アメリカの東部でみられました。『大英百科辞典』によると、夜半から明け方にかけて、一つの場所で20万以上の流星が見られたのです。

エール大学のオルムステッド教授は、『ザ・メカニズム・オブ・ヘブンズ』の中に次のように記しています。「国内の雑誌にあらわれたすべての記事、および私の研究仲間や私自身にあてられたおびただしい手紙を総合すると、この現象に関する主な事実は次のようなものである。

この流星雨は、ほとんど北米大陸全体に見られたもので、北は英領から、南は西インド諸島およびメキシコに至り、東はアフリカ海岸の東、経度61度、西は太平洋におよんでいる。この広大な地域における流星の出現時間は、ほぼ同じであった。夜9時から12時までの間、この流星は、数が多いことと、明るさの著しいことで人々の注意をひきはじめ、午前2時から5時までの間が最盛期であった。多くの場所では午前4時ごろが最も多く、太陽の光で見えなくなるまで継続したのである。

この流星雨の放射点は、しし座のガンマ星附近にあったので、これをしし座の流星群と呼んでいます。ある人々は「しし座の流星(りゅうせい)雨(う)は33年ごとに降るのだから、再臨の前兆ではない」と言いましたが、その後の研究によって、もう今後は預言のように著しくは降らないことがわかりました。有史以来最大の流星(りゅうせい)雨(う)である1833年のしし座の流星雨は正しく再臨の前兆です。

② 終末をもたらす前兆

a. 科学技術の進歩

ダニエル書12章4節に

「あなたは終りの時までこの言葉を秘し、この書を封じておきなさい。多くの者は、あちこちと探り調べ、そして知識が増すでしょう」

と預言されています。終末時代になると「知識が増す」というのです。19世紀になって聖書に関する知識も増しました。しかしいちばん著しい知識の増加は科学技術の分野です。その増加は今日に至るまでそのスピードを増しつづけています。

米国のケネディ大統領が1963年に発表した教育白書は、「過去20年間に得られた科学的情報量は、それ以前の人間の歴史の中で得られた量より多く、またこの世界のはじめから科学者と呼ばれた人々の90パーセントは現存している」とのべています。

有名な歴史家アーノルド・トインビーは「人間の知識がほとんど頂点に達したことは、歴史上における現代の非常に大きな特徴である」と言いました。

しかし知識が増したことによって人間は幸福になったかというと、必ずしもそうではありません。原子エネルギーの秘密をにぎった人間は、全人類を滅亡させるに十分な核兵器を持つことになりました。宇宙開発の技術は、大陸間弾道弾の誤差を数メートルにしたと言われます。世界は縮小され、次の世界戦争は全人類を滅亡におとしいれることが予想されるのです。

そのような中で、科学技術を支える倫理、良識を失えば、この世界はたちまちおそるべき危険に直面するところにきています。

b. 国家間の紛争

キリストは

「戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない。民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう」(マタイによる福音書24章6節、7節)

と言われました。ふりかえってみると人類の歴史は戦争の歴史でした。

もとハーハード大学の社会学の教授であったピー・エー・ソロキン博士はかつて興味深い数字を発表しました。教授の研究によれば、過去2500年間に902回の戦争と、1615回の内乱が世界のどこかで起こったことがわかりました。そして20世紀になってから起こった戦争や内乱の数は、それ以前の8倍もあったとのことです。これからも戦争の数と規模とは、ますます増大して行くに違いありません。

c. 社会の悪化

キリストは「そして、ノアの時にあったように、人の子の時にも同様なことが起るであろう」(ルカによる福音書17章26節)と言われました。

ノアの時のことについては、創世記6章に出ています。その時の状態について11節に「時に世は神の前に乱れて、暴虐が地に満ちた」とあります。暴力は今日世界の風潮となっています。近年アメリカでは9・11テロのような悲惨な事件や銃乱射事件が頻発し、アメリカ社会が深く病んでいることを思わされます。またパレスチナでは依然としてテロやミサイル攻撃が続き。北朝鮮の核開発による一触即発の状況もあります。

日本でもニュースに暴力事件や自殺が報道されない日はないといっても過言ではありません。

創世記6章5節には「主は人の悪が地にはびこり、すべてその心に思いはかることが、いつも悪い事ばかりであるのを見られた」とあります。

テモテへの第2の手紙3章1節から5節までに、

「しかし、このことは知っておかねばならない。終りの時には、苦難の時代が来る。その時、人々は自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、高慢な者、神をそしる者、親に逆らう者、恩を知らぬ者、神聖を汚す者、無情な者、融和(ゆうわ)しない者、そしる者、無節制な者、粗暴(そぼう)な者、善を好まない者、裏切り者、乱暴者、高言をする者、神よりも快楽を愛する者、信心深い様子をしながらその実を捨てる者となるであろう」

とあります。今日の社会にこのような姿がみられる事を否定する人はないでしょう。

またノアの時に「神の子たちは人の娘たちの美しいのを見て、自分の好む者を妻にめとった〔罪がこの世界にはいったあと、神に従ったセツの子孫を神の子、神に反逆したカインの子孫を人の子といっている=著者注〕」(創世記6章2節)とあり、ただ欲望にしたがって行動している有様は、今日、性の解放を主張する一般の考えと共通しているものです。そのために男女の関係は混乱し、離婚の数も著しく増加しています。

ノアの時代に人の悪が地に満ちて、洪水によって滅ぼされたように、今日の人類の悪に対して、神は必ず審判を行なわれるのです。

しかし、今日の最も深刻な危機は、このような重大な時が切迫しているにもかかわらず、これを意識しないで、その日その日を過ごしている私たちの心の中にあることを知らなければなりません。

d. 宗教の世界

さてもう一つ、宗教界についての預言が、マタイによる福音書24章14節にあります。

「そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣ベ伝えられるであろう。そしてそれから最後が来るのである」

現在福音を伝える働きは、全世界的にすすめられています。福音派全世界に向けてインターネット発信されています。これからますます世界的に真理を求める方々が、神様の導きによって集められていくことでしょう。

e. 天災地変

キリストは「ききんや地震がある」と言われましたが、今日の世界には異常気象や人口増加のためにききんが起こっています。また巨大な地震も増加しています。海洋の底にあるプレートの運動は、地球が古びて安定を失っているのかも知れません。預言者イザヤは「目をあげて天を見、また下なる地を見よ。…地は衣のようにふるび(イザヤ書51章6節)と言っています。〔プレートというのは海底にある厚さ70キロ程度の岩石層で、これが移動して大陸と押し合い、陸地の沈降(ちんこう)、隆起(りゅうき)をもたらすが、あるところまでいくとハネ返って大型地震が起こるという=著者注〕以上述べた前兆を総合して考えると、確かに終末は近づいているのです。

3. 用意

ここで私たちは何をすればよいのでしょうか。マタイによる福音書24章32節33節44節には

「いちじくの木からこの警を学びなさい。その枝が柔らかになり、葉が出るようになると、夏の近いことがわかる。そのように、すべてこれらのことを見たならば、人の子〔キリスト=著者注〕が戸口まで近づいていると知りなさい。…あなたがたも用意をしていなさい。思いがけない時に人の子が来るからである」

とあり、キリストを迎えるために用意をしなさいと言われています。心の中から争いやねたみなど一切の罪をとり去って、神の前に正しいものとなることです。罪を悔い改め、神にたより、キリストを信じて生きていく時、神はこの用意を与えて下さいます。

希望の言葉

「見よ、暗きは地をおおい、やみはもろもろの民をおおう。しかし、あなたの上には主が朝日のごとくのぼられ、主の栄光があなたの上にあらわれる」(イザヤ 60:2 )。世界は、神に関する誤った解釈の暗黒におおわれている。人々は、神の品性の知識を見失い、それを誤解し、誤って理解している。この時にあたって、神からの使命、よき感化を与え、救いの力をもった使命を宣言しなければならない。神の品性を明らかにしなければならない。世界の暗黒の中に、神の栄光の光、恵みと憐れみと真理の光が輝かなければならない。預言者イザヤは、この働きのことを次のように述べている「よきおとずれをシオンに伝える者よ、高い山にのぼれ。よきおとずれをエルサレムに伝える者よ、強く声をあげよ、声をあげて恐れるな。ユダのもろもろの町に言え、『あなたがたの神を見よ』と。見よ、主なる神は大能をもってこられ、その腕は世を治める。見よ、その報いは主と共にあり、そのはたらきの報いはそのみ前にある」(イザヤ 40:9、10 )花婿を待ち望んでいる者は、「あなたがたの神を見よ」と、人々に言わなければならない。憐れみに満ちた最後の光、世界に伝えるべき最後の憐れみの使命は、神の愛の啓示である。神の子らは、神の栄光をあらわさなければならない。彼らは、その生活と品性において、神の恵みが彼らのためにどんなことをなしたかを表さなければならない。             (キリストのたとえ話より)

タイトルとURLをコピーしました