【初めての聖書】第10課 イエス・キリスト(2)

初めての聖書
この記事は約12分で読めます。

序・少年時代

イエス・キリストはその少年時代をナザレの村で過ごされました。その当時の簡単な記録がルカによる福音書2章52節に出ています。「イエスはますます知恵が加わり、背たけも伸び、そして神と人から愛された」。少年としてのイエスは、いつもやさしい、思いやりのある性質を示され、喜んで人をお助けになりました。

イエスは家庭で神の言葉である旧約聖書を学び、その内容に精通しておられました。

ナザレの住民は悪いことで有名でしたが、イエスは悪い環境にもかかわらず、罪のない生活を送られました。骨の折れる仕事や責任を進んで引き受け、生活の困難を乗り越えていかれました。このような青年時代が彼の行動力のある強固な品性を築きあげたのです。

イエスが救い主としての生活に入られる時、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」(マタイによる福音書3章17節)という天からの声を聞かれたことは、その準備としての青少年時代が、完全に神に受け入れられるものであったことを示すものです。

1 公生涯(救い主としての生涯)

① バプテスマ

イエスが公の生涯におはいりになる前、預言者イザヤの預言にあったように、先駆者(せんくしゃ)があらわれて、人々の心の準備をしていました。それはバプテスマのヨハネという人物です。バプテスマのヨハネは、救い主の来臨が近づいたことを人々に知らせ、彼らが正しい道に立ちかえるようにすすめ、その決心をした人にバプテスマをほどこしていました。バプテスマというのは、神に従う決心を表明するために全身を水に沈める儀式です。

ヨハネはヨルダン川でバプテスマをほどこしていましたが、そこにイエスがおいでになって、バプテスマを受けようとされました。イエスを見た時、神の子であることを認めたヨハネはそれをとどめて

「わたしこそあなたからバプテスマを受けるはずですのに、あなたがわたしのところにおいでになるのですか」(マタイによる福音書3章14節)

と叫びました。しかしイエスは、

「今は受けさせてもらいたい。このように、すべての正しいことを成就するのは、われわれにふさわしいことである」(同15節)

と答えられたので、ヨハネはイエスにバプテスマを授けました。

罪のないイエスが、バプテスマをお受けになる必要はなかったのですが、自分を罪人の立場において、私たちの模範としてそのように行われたのです。これがイエスの公生涯の出発点でイエスの31歳の時のことでした。

② 奉仕の生活

キリストの働きについてマタイは

イエスはガリラヤの全地を巡り歩いて、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病気、あらゆるわずらいをおいやしになった」(マタイによる福音書4章23節)

と記しています。キリストの生涯は全く人々の奉仕にささげられた生活でした。キリスト自身も

「あなたがたの間ではそうであってはならない。かえって、あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、仕える人となり、あなたがたの間でかしらになりたいと思う者は、僕とならねばならない。それは、人の子(キリスト=著者注)がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためであるのと、ちょうど同じである」

(マタイによる福音書20章26~28節)

と言われました。

③ 宣教の主題

「この時からイエスは教を宣ベはじめて言われた、『悔い改めよ、天国は近づいた』」(マタイによる福音書4章17節)。キリストの宣教の主題は悔い改めて、神の国を心の中にたてるということでした。聖書の天国、神の国、またはみ国という言葉は二通りの意味に用いられていて、一つは恵みの王国、もう一つは栄光の王国と言われます。神の国というのは神の愛の主権と支配が満ちているところです。恵みの王国というのは、神に従っている心の状態で、罪を犯していた人間が、罪を悔い改めて神に従う時、心の中に始まるものです。キリストは人々の心の中に恵みの王国を建てようとなさったのです。

栄光の王国というのは罪の侵入によって混乱したこの世界を、神が再び完全に最初の状態に回復して下さる天にある王国のことです。この栄光の王国にはいることができるのは、心の中に恵みの王国を持っている人だけです。

④ 模範

「キリストは罪を犯さず、その口には偽りがなかった」(ペテロの第一の手紙2章22節)。キリストは人間の性質を取られ、いつも神に頼って、完全に罪のない生活を送られました。罪を犯す可能性はありましたが、すべての誘惑に勝利して、私たちも罪に打ち勝つことができることを示して下さいました。キリストの生涯は私たちの模範です。

2 十字架

キリストは三年半の公生涯の終わりに十字架におつきになりました。キリストが「多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためであると言われたように、十字架はキリストの生涯の目的でした。あがないというのはキリストの時代には、奴隷としてつながれている者を解放するために、第三者が身のしろ金を支払うことを意味していました。キリストは人間を罪とその結果である死の奴隷状態から解放するために、十字架にかかってその生命を与えて下さったのです。

十字架上のキリストの死は、人間の身代わりの死でした。

神はわたしたちの罪のために、罪を知らないかたを罪とされた」(コリント人への第二の手紙5章21節)。「キリストも、あなたがたを神に近づけようとして、自らは義なるかたであるのに、不義なる人々のために、ひとたび罪のゆえに死なれた」

(ペテロの第一の手紙3章18節)。

預言者イザヤはキリストについて、

「彼はわれわれのとがのために傷つけられ、われわれの不義のために砕かれたのだ。彼はみずから懲らしめをうけて、われわれに平安を与え、その打たれた傷によって、われわれはいやされたのだ・・・・主はわれわれすべての者の不義を、彼の上におかれた」

(イザヤ書53章5、6節)

と言いました。

キリストが十字架という最も苦しい、屈辱的な極刑(きょっけい)をお受けになったのは、私たちを永遠の滅びより救うためでした。これは私たちに対する神の深い愛のあらわれです。

「神はそのひとり子を世につかわし、彼によってわたしたちを生きるようにして下さった。それによって、わたしたちに対する神の愛が明らかにされたのである」

(ヨハネの第一の手紙4章9節)。

キリストの十字架は、キリストの自発的な意志から出たことでした。ヨハネによる福音書10章17、18節に

「父は、わたしが自分の命を捨てるから、わたしを愛して下さるのである。命を捨てるのは、それを再び得るためである。だれかが、わたしからそれを取り去るのではない。わたしが、自分からそれを捨てるのである。わたしには、それを捨てる力があり、またそれを受ける力もある」

とあります。

キリストは何度も自分の死を預言されました。当時ユダヤの指導者たちは、キリストが彼らの期待していたこの世の王国をたてることに興味を示されないのをみて失望し、不満に思い、反抗するようになりました。そしてついにイエスを捕えてユダヤの最高宗教会議で審判にかけようとしました。人々が捕えにきた時、キリストは「だれを捜しているのか」と言われました。彼らが「ナザレのイエスを」と言うと「わたしがそれである」とお答えになりましたが、その時彼らは、神の子の栄光に打たれて地に倒れました。しかしキリストは進んで彼らの手に、自らを渡され、死刑の宣告を受け、十字架につけられて亡くなられたのです。

聖書をお持ちの方は新約聖書の四福音書の終わりの部分に出ているキリストの十字架に関する記事をお読みになって下さい。

3 復活

キリストの生涯は十字架で終わりませんでした。キリストは御自分の死と共に、復活について弟子たちにお語りになっていました。

「この時から、イエス・キリストは、自分が必ずエルサレムに行き、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、そして三日目によみがえるべきことを、弟子たちに示しはじめられた」

(マタイによる福音書16章21節)。

そればかりでなくキリストの復活は、旧約聖書にも預言されていたのです。「あなたはわたしを陰府(よみ)に捨ておかれず、あなたの聖者に墓を見させられないからである」(詩篇16篇10節) 

キリストの復活は、理性的に考えるなら、信じるのは難しいことですが、聖書の記録と、キリストの死後の教会の歴史をみると、復活を信じることには、根拠があることが分かります。その理由をいくつかあげてみたいと思います。                         

① 復活は聖書の中に記録されていること

聖書は神話のようなものではなく、その歴史性が高く評価されている文献です。キリストの復活は、四つの福音書すべてに記録されており、また初期の教会もそれが事実であることを認めています。

② 復活を証言した弟子たちは、証人として十分信頼できること

証人の資格は、第一に目撃者であること、第二にその数が十分であること、第三に証人が信頼できる人物であることです。

復活を信じた弟子たちはその目撃者でした。しかもその数は2、3人にとどまらず、500人以上でした。コリン卜人への第一の手紙15章3節から8節までに、初期の教会の有力な指導者であったパウロは、

「わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死んだこと、そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、ケパに現れ、次に、十二人に現れたことである。そののち、五百人以上の兄弟たちに、同時に現れた。その中にはすでに眠った者たちもいるが、大多数はいまなお生存している。そののち、ヤコブに現れ、次に、すべての使徒たちに現れ、そして最後に、いわば、月足らずに生れたようなわたしにも、現れたのである」

と書いています。

このような証言をした弟子たちの人格については、聖書に対して批判的な立場をとる人でも、だれも疑問を持った人はいません。

③ 復活後の弟子たちの行動

イエス・キリストが十字架にかかられた時、弟子たちはキリストを捨てて逃げてしまいました。混乱と絶望と恐怖の中で彼らは、家の戸を閉じて隠れていたのです。ところが復活の知らせを聞き、また復活されたキリストに直接お目にかかって、彼らは大きな喜びに満たされました。弟子たちの行動に大きな変化が現れました。彼らは立ち上がって、大胆にキリストの復活を人々に告げはじめたのです。その後起こった激しい迫害の中でも、生命をかけ確信をもって「キリストはよみがえられた。私たちはその証人である」と断言したのです。

イエス・キリストの復活について、いろいろな解釈をする人がいます。墓にあったイエスの死体を弟子たちか、敵が盗んだとか、あるいはそれは弟子たちの幻覚であったとか、いろいろありますが、復活前後の弟子たちの行動の決定的な変化を説明することはできません。

作家の遠藤周作氏は、その著『イエスの生涯』で最後に「謎」という一章を書いています。その中で復活が歴史的事実であったかということを各方面から考えたあと、「なぜ弟子たちはたち直ったのか。なぜ弟子たちは荒唐無稽(こうとうむけい)な、当時の人々も嘲笑した復活を事実だと主張しつづけたのか。彼等を神秘的幻覚者だとか、集団的催眠にかかったのだと決めつけるのはやさしいが、しかしそれを証拠だてるものは何ひとつない。謎はずっしりと重く我々の心にのしかかるのである」と書いています。

この謎をとくためには、復活を事実と信じるよりほかにはないのです。

4 昇天、天における働き

復活後40日たって、キリストはオリブ山から天にお帰りになりました。その時約500人の弟子たちが集まっていました。最後の言葉を残されてから「こう言い終ると、イエスは彼らの見ている前で天に上げられ、雲に迎えられて、その姿が見えなくなった」(使徒行伝1章9節)とあります。 

天にお帰りになったキリストは、天の聖所というところで私たちの罪のとりなしをしておられます。私たちが自分の罪を悔い改めて、キリストの死を信仰によって私たちの身代わりの死として受けいれる時、私たちを罪のないものとして神の前に立たせて下さるのです。キリストは地上の生涯において人間のあらゆる経験をなさったので、ほんとうの同情と愛をもって、私たちを助けて下さるのです。へブル人への手紙4章14節~16節にはこうあります。

「さて、わたしたちには、もろもろの天をとおって行かれた大祭司なる神の子イエスがいますのであるから、わたしたちの告白する信仰をかたく守ろうではないか。この大祭司は、わたしたちの弱さを思いやることのできないようなかたではない。罪は犯されなかったが、すべてのことについて、わたしたちと同じように試錬に会われたのである。だから、わたしたちは、あわれみを受け、また、恵みにあずかって時機を得た助けを受けるために、はばかることなく恵みの御座に近づこうではないか」。

イエス・キリストは過去の人物ではありません。今なお生きて私たちのために働き、求めるならば喜んで私たちを助けて下さる方です。キリスト教徒はたびたび残酷な迫害を受けましたが、信仰を守り通すことができたのは、今も生きておられるキリストを信じていたからです。人生のどんな経験の時でも、キリストは助けを与え、平安な道を備えて下さいます。またどんな困難でも乗り越えることができる力と勇気を与えて下さるのです。キリストとともに歩む人生は、常に希望に輝いています。

5 再臨

天にあげられたイエスを見送った弟子たちに、天使は

「あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」(使徒行伝1章11節)

と言いました。キリストは救いの計画の完結のために再び地上においでになるのです。この約束は各時代のキリストを信じる人々の希望でした。再臨については第2部でくわしく学ぶことになっています。

希望の言葉

信じる者にとって、キリストはよみがえりであり、命である。罪のために失われた命は、われらの救い主をとおして回復される。なぜなら、キリストはご自身のうちに命をもっておられて、みこころのままに人をよみがえらせられるからである。主は不死を与える権利を受けておられる。キリストは人性のうちにあってお捨てになった命を、ふたたびとりあげて人類にお与えになる。キリストはこう言われた、「わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである。」「わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう。」「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者には、永遠の命があり、わたしはその人を終りの日によみがえらせるであろう」(ヨハネ 10:10、4:14、6:54 )。信じる者には、死は小事にすぎない。キリストは、それをたいしたことではないかのように語っておられる。「もし人がわたしの言葉を守るならば、その人はいつまでも死を見ることがないであろう。・・・・わたしの言葉を守る者はいつまでも死を味わうことがないであろう」(ヨハネ8:51、52 )。クリスチャンにとって死は眠り、一瞬の沈黙と暗黒にすぎない。生命はキリストと共に神のうちにかくされ、「キリストが現れる時には、あなたがたも、キリストと共に栄光のうちに現れるであろう」(コロサイ 3:4 )。

                (『キリストの偉大な生涯』より)

タイトルとURLをコピーしました