【初めての聖書】第9課 イエス・キリスト(1)

初めての聖書
この記事は約11分で読めます。

序・イエスは救い主

イエス・キリストは今から約二千年前、ユダヤのベツレへムで生まれました。イエスがある時弟子たちに、「あなたがたはわたしをだれと言うか」と問われたとき、シモン・ペテロは「あなたこそ、生ける神の子キリストです」(マタイによる福音書16章15,16節)と答えました。

イエス・キリストはすぐれた聖人の一人であるというだけでなく、神であるということは、イエスと共に生活した人々の信仰であり、聖書を学ぶとそのことがわかります。

イエスというのはギリシア語で、へブル語のヨシュアにあたり、「神は救いである」という意味です。

キリストというのはやはりギリシア語で「あぶら注がれた者」という意味で、へブル語のメシヤにあたります。ユダヤでは預言者や祭司または王が選ばれた時、頭からあぶらを注ぐ儀式をしました。ですからイエス・キリストというのは苗字と名前ではなく、イエスはキリスト(メシヤ=王、祭司、預言者)であると信じているということなのです。

イエス・キリストの誕生

イエスの誕生という世界歴史の最も大きな意味をもった事件、人類全体に最も深い影響を及ぼした出来事は、今から約2千年前、ユダヤ(現在のイスラエル)のベツレへムという小さな村で起こりました。

その時、この出来事は、わずかの人にしか知られませんでした。人々は忙しく毎日の生活に追われていて、この出来事の重大さに気がつきませんでした。ベツレへムの町は、国勢調査のために故郷に帰る旅人の群れで、ごった返していました。貧しげな、若い二人の旅行者ヨセフとマリヤに注目する人などおらず、彼らはやっと馬小屋を見つけて、その一隅に宿ったのですが、その夜イエスはそこでお生まれになったのです。

イエスの誕生のいきさつについて聖書は次のように述べています。 

「イエス・キリストの誕生の次第はこうであった。母マリヤはヨセフと婚約していたが、まだ一緒にならない前に、聖霊によって身重になった。夫ヨセフは正しい人であったので、彼女のことが公けになることを好まず、ひそかに離縁しようと決心した。彼がこのことを思いめぐらしていたとき、主の使が夢に現れて言った、『ダビデの子ヨセフよ、心配しないでマリヤを妻として迎えるがよい。その胎内に宿っているものは聖霊によるのである。彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである』。すべてこれらのことが起ったのは、主が預言者によって言われたことの成就するためである。すなわち、『見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。その名はインマヌエルと呼ばれるであろう』。これは『神われらと共にいます』という意味である。ヨセフは眠りからさめた後に、主の使が命じたとおりに、マリヤを妻に迎えた。しかし、子が生れるまでは、彼女を知ることはなかった。そして、その子をイエスと名づけた」

(マタイによる福音書1章18-25節)。

救い主誕生の知らせは、ベツレへムの近くの野原で夜、羊の群れの見張りをしていた羊飼いたちに伝えられました。彼らは約束の救い主がもうすぐ来られることについて語り合っていたのです。

罪を犯して神から離れた人類は、罪の結果起こったいろいろな苦しみや悩みの中にあえぎながら、もっとよい世界を望んできました。神は人類を救うために、神の子キリストを地上におつかわしになる計画をお立てになりました。その計画は、各時代にわたって、預言者を通して、人類への真の希望として伝えられてきたものでした。

羊飼いたちは人類の問題の解決者であり、生活に希望と力と慰めを与え、人間を罪と死から救って下さる救い主がおいでになることを願っていました。その時、天の使いが現れました。聖書の記録によると、

「すると主の御使が現れ、主の栄光が彼らをめぐり照したので、彼らは非常に恐れた。御使は言った、『恐れるな。見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生れになった。このかたこそ主なるキリストである。あなたがたは、幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。それが、あなたがたに与えられるしるしである」。するとたちまち、おびただしい天の軍勢が現れ、御使と一緒になって神をさんびして言った、「いと高きところでは、神に栄光があるように、地の上では、み心にかなう人々に平和があるように」

(ルカによる福音書2章9‐14節)

ユダヤの平原にひびき渡ったこの賛美の中に、イエスを通して与えられる祝福と平和が告げられています。イエスを心に迎え入れる時に、すべての波風はおさまって、平安が得られます。キリストの精神の支配するところでは、争闘はそのあとをたち本当の平和が与えられるのです。

イエスは人類を死より解放する道を開いて下さいました。マタイによる福音書4章16節には「暗黒の中に住んでいる民は大いなる光を見、死の地、死の陰に住んでいる人々に、光がのぼった」とあります。

羊飼いたちはベツレへムの馬小屋で、救い主キリストを礼拝しました。遠い東の国からやってきた博士たちも、おさなごキリストを拝しました。

彼らは学者であり、富裕な階級に属し、社会的にも有力な人々で、熱心に真理を求めていました。彼らは星について研究し、輝く星の軌道の背後に秘められた神のみ手をながめていました。彼らは聖書も調べました。ベツレへムに神の栄光が満ちあふれたあの夜、彼らは天に不思議な光を認めました。その光が消えさった時、明るい星があらわれ、空にかかっていましたが、それは惑星でも恒星でもありませんでした。そこで聖書をしらべて、「ヤコブから一つの星が出、イスラエルから一本のつえが起り」(民数記24章17節)という言葉を見いだし、星を頼りに救い主を拝むために出かけたのです

当時の最高の知識階級の人々や、名もない羊飼いたちが、同じようにイエスを拝んで喜びに満たされたことは、イエスがすべての人の必要を満たして下さることを象徴しています。イエスの降誕は「すべての民に与えられる」喜びのおとずれでした。キリストの誕生を記念するクリスマスのお祝いは、その後、異教の冬至の祭との融合によって12月24日が誕生日とされるなど誤って伝えられ、現代ではそれに商業主義が加わって、正しい意味が分からなくなってきていますが、本来は、私たちの罪を救うために来てくださった神の御子キリストを心から感謝し礼拝するものだったのです。

2 イエス・キリストはどのような方か

① その神性

イエス・キリストは人間と同じ肉体を持ち、人間と同じ生活をされました。イエスは自分のことをしばしば「人の子」と呼ばれました。イエスは人間の模範として、すべての点で人間と同じ条件のもとで、神の律法に従う生活を送られました。イエスの生活は、彼の教えを完全に具体化したものでした。聖書はイエスが人であると同時に神であったことを強調しています。

「御子は神の栄光の輝きであり、神の本質の真の姿であって、その力ある言葉をもって万物を保っておられる。」「御子については、『神よ、あなたの御座は、世々限りなく続き、あなたの支配のつえは、公平のつえである』」

(へブル人への手紙1章3、8節)。

イエスは完全に人間の性質を持っておられましたが、また神の子であり、神の性質を備えておられました。弟子のピリポが

「主よ、わたしたちに父を示して下さい。そうして下されば、わたしたちは満足します」と言った時、イエスは「わたしを見た者は、父を見たのである」

(ヨハネによる福音書14章8、9節

)と言われました。イエスは父なる神のすがたを示すために、地上におくだりになったのです。神というと何か遠い存在という感じがしますが、イエスの生涯をみると、神はどれほど身近で優しい愛の方であるかがはっきりわかってきます。

「イエスは、この書に書かれていないしるしを、ほかにも多く、弟子たちの前で行われた。しかし、これらのことを書いたのは、あなたがたがイエスは神の子キリストであると信じるためであり、また、そう信じて、イエスの名によって命を得るためである」

(ヨハネによる福音書20章30、31節)。

すなわち福音書の書かれた目的は、イエス・キリストが神の子であることを信じる人々に救いを得させることでした。またイエス・キリストは

「あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしするものである」

(ヨハネによる福音書5章39節)

と言われました。聖書を学ぶことによって、イエスが神の子であることがわかります。

新約聖書のはじめにある4つの福音書は、地上におけるイエス・キリストの生涯の記録です。そこにイエスの、一つの汚点もない完全な品性を見ることができます。

イエスを目の前で知らないといって裏切ったペテロに対しても、愛のまなざしを注がれていたこと、銀貨30枚をもらってイエスを裏切ろうとしていたユダが、人々を連れて捕えにきた時にも、「友よ」と呼びかけられた寛容さ、十字架につけて、あざ笑っている人々のことを、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」(ルカによる福音書23章34節)とお祈りになった言葉のうちに、神の子の尊い姿をみることができます。

また「山上の説教」(マタイによる福音書5章-7章)と呼ばれている有名な教えをはじめ多くの説教や、たとえ話、教訓をお与えになりましたが、その一つ一つに神の知恵が輝き出ているのを感じます。そこには、どんな時代でも、どのような環境であっても、決してすたれることのない不変の真理が語られています。「天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない」(マタイによる福音書24章35節)と言われたように、これらの言葉は今日においても、暗い、悩みの多い人生の光となって、人々の心を慰め、正しい道を教えています。

② 先在(せんざい)

ヨハネによる福音書には、イエスは「言(ことば)」であると言われています。「言」が人の考えを表すように、イエスは神を表す「言」でした。この「言」は世の始めから存在し、創造のわざにもたずさわられました。そして神の時がきたとき、この「言」は肉体となって人間の世界に住まれたのです。次の聖句を読んで下さい。

「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった」(ヨハネによる福音書1章1-3節)。「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた」(14節)。

「御子(イエス・キリスト=著者注)は、見えない神のかたちであって、すべての造られたものに先だって生れたかたである。万物は、天にあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、位も主権も、支配も権威も、みな御子にあって造られたからである。これらいっさいのものは、御子によって造られ、御子のために造られたのである。彼は万物よりも先にあり、万物は彼にあって成り立っている」(コロサイ人への手紙1章15-17節)。

これらの聖句からイエスは世の始めから存在しておられたことが明らかになります。このことをイエス・キリストの先在といいます。

3 イエス・キリストと預言

イエスが神であったことを証明するもう一つのことは、イエスの地上生涯について、旧約聖書に多くの預言があることです。その一部は8課で学びましたが、それは、イエスが誕生される時期やその場所、民族及び、どんな目的で地上においでになるかなどに関するものでした。

ここではほかの預言とその成就について、聖書を読んでみたいと思います。

東の国の博士たちがイエスを礼拝して帰ったあと、ユダヤの王へロデは、イエスが王としてお生まれになったと聞いてイエスを殺そうと思い、ベツレへムとその附近の2才以下の男の子をことごとく殺しました。イエスはその前に、エジプトにのがれて行かれたので無事でした。この出来事について、エレミヤ書31章15節に次のように預言されていました。

「主はこう仰せられる、『嘆き悲しみ、いたく泣く声がラマで聞える。ラケルがその子らのために嘆くのである。子らがもはやいないので、彼女はその子らのことで慰められるのを願わない』。」

また預言者イザヤは、イエスの前にその先駆者があらわれて、イエスの働きの準備をすることを預言しました。その先駆者になったのは、バプテスマのヨハネです。もともと神に選ばれて、救いの計画を全世界に伝える使命を受けていたユダヤ民族が、イエスをどのように迎えるかについて、

「彼は侮られて人に捨てられ、悲しみの人で、病を知っていた。また顔をおおって忌みきらわれる者のように、彼は侮られた。われわれも彼を尊ばなかった」

(イザヤ書53章3節)

と預言されていましたが、ヨハネによる福音書1章10節、11節には、

「彼は世にいた。そして、世は彼によってできたのであるが、世は彼を知らずにいた。彼は自分のところにきたのに、自分の民は彼を受け入れなかった」

とあります。

十字架におつきになったイエスの衣について、「彼らは互にわたしの衣服を分け、わたしの着物をくじ引にする」(詩篇22篇18節)と預言されていました。マタイによる福音書27章35節には、「彼らはイエスを十字架につけてから、くじを引いて、その着物を分け」と、この預言も成就したことを記録しています。

このほか多くの預言がすべて的確に成就したことは驚くべきことです。ある人はこれらの預言はキリストのあとに書かれたものではないかと言いましたが、旧約聖書が西暦紀元前に書かれたことについては疑う余地はありません。

希望の言葉

ベツレヘムの物語はつきない話題である。その中に、深い「神の知恵と知識との富」がかくされている(ローマ 11:33 )。天の王座をうまぶねと、敬いしたう天使たちを畜舎の動物たちととりかえられた救い主の犠牲にわれわれは驚くのである。この救い主の前に出ると、人間の誇りと自己満足が責められる。しかもこの犠牲は、救い主の驚くべきへりくだりのはじまりにすぎなかった。アダムがエデンで罪を知らなかった時でさえ、神のみ子が人の性質をおとりになることは無限の屈辱に近かった。ところがイエスは、人類が4000年にわたる罪によって弱くなっていた時に人性をおとりになったのである。アダムのすべての子らと同じように、イエスは遺伝という大法則の作用の結果をお受けになった。そのような結果がどういうものであるかは、イエスのこの世の先祖たちの歴史に示されている。主は、われわれの苦悩と試みにあずかり、罪のない生活の模範をわれわれに示すために、このような遺伝をもっておいでになったのである。・・・人間の父親の心は自分の子供の上にそそがれる。彼は幼い子供の顔に見入り、人生の危険を思ってふるえる。彼は自分のかわいい子をサタンの力から守り、誘惑と戦いに会わせたくないと熱望する。神は、われわれの幼な子たちのために、人生の道を安全にするために、ご自分のひとり子を、もっとはげしい戦いと、もっと恐ろしい危険に会わせるためにお与えになった。ここにこそ愛がある。ああ、もろもろの天よ、驚嘆せよ。ああ、地よ、おどろけ。

             (『キリストの偉大な生涯』より)

タイトルとURLをコピーしました