【初めての聖書】第4課 人間とは何か

初めての聖書
この記事は約11分で読めます。

序・人間、この未知なるもの

人間とは何かということは、古くから人間が問い続けてきた問題です。人間をどう考えるかによって、私たちの生き方が定まってきます。1912年にノーベル賞を受賞したアレキシス・カレルは、『人間―この未知なるもの』という著書の中で、「人間が真に自分を知らなかったために、この世界を人間自身のために向くように建設することができなかった。あらゆる物質の科学が生物の科学をぐっと追い抜いて発達したことは、人間の歴史の最も悲惨な出来事の一つである。人間を知らない人間の頭でつくり出したこの世界は、人間の体力にも精神にも適しないものであった。・・・・実際、現代の文明は、遠い昔に滅亡してしまった多くの文明のように、人間が生きていることさえできなくなるような状態を作り出したのである。・・・人間を深く正しく知ることよりほかに、この不幸を救う方法はない」と書いています。

聖書は人間をどうみているか

聖書は人間について多くのことを教えています。創世記1章26,27節には、「神はまた言われた、『われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう』。神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された」とあります。

存在を与えられたもの

この聖書の言葉からわかることは、まず人間は神によって創られたものであるということです。これははじめに創られた人間だけでなく、すべての人間の存在は神によって与えられたということです。自分で生まれようと思って生まれた人はありません。また両親の意志だけによったのでもありません。生命は神によって与えられ、神の力によって保たれているのです。

この宇宙をお創りになった神は、御自分の名前を、「わたしは、有って有る者」「わたしは、有る」と言われました(出エジプト記3章14節)。これは「私は存在する」という意味で、この宇宙の中で、自分の力で存在するということができるのは、創造者である神だけです。私たちの生命は神に支えられているのです。

作家の小田嶽夫氏は、『生命の不思議さ』という小文の中で「ところで、これはもっと大分前からのことだが、肺とか、胃、腸その他の内臓の動きについては直接肌で感じることが少ないから別として、指頭にじかに感じられる脈の動き――心臓の活動については、しばしば不思議な気持ちを味わわされたものであった。機械というものはじきに故障の起こるのが常だが、少なくとも私の心臓の場合は50年、60年、60何年のあいだ一度だって故障の起こったことはなく、しかも機械とはちがって、一分間も休んだことはなく、営々として働きつづけていることに、生理学者や医学者にはそこに何の不思議も無いのだろうが、私は何か神秘的なものを感じないではいられないのだった。人間の肉体がじつに精巧に出来ていることはわかるがそんならそんな精巧な構造がどうして出来上がったのかということはだれにもわかっていない。そこに私は創造主というか神というか、何かそういうものの存在を感じないではいられない」と書いています。

心臓でも肺でも、そのほかの体の中の働きでも、私たちが動かしているのではありません。これはみな神の力によるのです。ここに神と人間の依存関係すなわち、人間の存在は、全く神にたよっているという関係がでてきます。

私たちの存在は偶然ではありません。神によって創られた人間には、神の期待と計画があります。神の期待にこたえ、その計画の中に生きていくことが、人生の目的であり、人間にほんとうの生きがいを与えるものとなるのです。私たちは一人ひとり、人生においてなすべき役割が与えられています。それを発見して、その神の期待を実現していくことが、人生の目的なのです。

神は人間に何を期待されるか

神は愛であり、その活動の源はすべて愛です。創られた人間にも神の愛が注がれています。私たちはこの世において仕事を持ち、その仕事を通して神の愛を実現していくこと、つまり神を愛し、人を愛していくことが、すべての人に神が期待しておられることです。

仕事は、与えられた能力や努力によって決まります。すべての人に、その人がいちばんよくできる適当な仕事があるのです。神の導きに従い、毎日自分の現在おかれている立場で全力を尽くしていれば、神がそのような仕事に導いて下さいます。そのような仕事を発見した人は、それがどんなに小さくみえる仕事であっても、忠実にその責任を果たせば、価値のある有用な仕事をすることができます。腕時計の中にある小さいネジを考えてみてください。それが床の上にころがっているなら、何の役にも立ちません。しかし、時計の中の決められた場所に置かれたとき、その時計の生命である正確な時をきざむのに大切な働きをすることができるのです。

人生においてもそのような場所を発見することが、ほんとうの生きがいになります。今日多くの人々が感じているむなしさ、空虚感は、自分の生活の意味がわからないからです。神に創られた人間の立場がわかると、人生の意味がわかってきます。

神のかたち

最初の人間は、「神のかたちにつくられた」とあります。「神のかたち」というのは、神の「人格」です。人間は神の品性に似た姿に創られたのです。具体的には、最初の人間は、霊的なことがわかる知力がありました。すなわち神のことが理解できたのです。またきよい愛情を持っていました。肉体を与えられたので、肉体に伴う、生きていくための基本的な本能――食欲や性欲――を持っていましたが、それは理性の完全な支配のもとにありました。

最初に創られた人間は、地上の支配権を与えられ、エデンの園を管理する仕事が提供されました。人間には幸福な将来が約束されたのです。しかし不幸なことに最初の人間は神の期待にこたえる道を歩みませんでした。(このことは第7課で研究することになっています)。

人間はアメーバからでてきたという考え

神が人間をお創りになったという聖書の考えを聞いて、不思議に思われる方が多いと思います。それは進化論といって、現在の生物は、はじめ細胞が一つのアメーバのような簡単なものから進化してできたという考えを学校で教えられたからでしょう。

このような考えはギリシア時代からありましたが、一般に受けいれられるようになったのは、1859年に、英国のチャールズ・ダーウィンが『種の起原』という本を出版してからです。それ以来進化という考えは、生物学だけでなく、広く人間の学問や思想に影響を及ぼしてきました。

生命発生の研究の権威である、米国のジョージ・ワルド博士は、地上における生命の発生については、二通りの考えしかないと言いました。それは神によって超自然的につくられたと考えるか、自然に発生したと考えるかです。進化論は後者に属する考えです。進化論には二種類あって、その一つは生物が変化して新しい種をつくるというもので、これはある場合実際に証明できます。教科書に出ている馬の変化などがその例です。

もう一つは、この世界のすべての生物は、無生物からきた一つの簡単な生物からでてきたという説で、これはまだ証明することができません。たとえばこの説が正しければ、化石を全部集めると、少しずつ違うものが連続してならべられるはずですが、実際にははっきりしたギャップがあって、化石学がすすめばすすむほど、そのギャップははっきりしてくるのです。そのほかこの説にはいろいろな説明しにくい点が残っています。創造論(神がすべての生物をおつくりになったという聖書の考え)も正確な証明はできませんが、それと矛盾するような自然界の事実は発見されていないのです。米国ではしばらく前この二つの考えについて議論が起こり、高等学校の教科書に今までは進化論しかのせていなかったのを改めて、今後は両方を教え、どちらをとるかは生徒の判断に任せるということになりました。

生命のはじめ

物質がどうしてできたかということも、科学では完全に説明できません。物質が集まってタンパク質ができ、そこに生命が宿ることも、科学では証明も説明もできそうにありません。東京大学の野田春彦教授は、その著書『生命の起源』の中で、生命の材料と考えられるタンパク質や核酸が自然にできる確率を計算して、全宇宙の物質を使っても、その確率はきわめて少ないと言い、「タンパク質や核酸の比較的小さな分子を一個だけ考えても、こんな有様である。生物体を一個作るためには、ウイルスのように自分だけでは増殖できず、増殖するには他の生きている細胞の助けが必要なものでも、核酸の一分子と数百分子のタンパク質が必要である。これらのものが同時に地球上に偶然作られる確率は非常に小さいものである。つまり、我々が空気の分子や水の分子を考える場合のように、すべての分子が勝手に行動すると考えては、地球上に生物がひょっこり現われることは無いというべきである。それでも生物は発生したのである」と書いています。

このように考えると生物は神がお創りになったと考えるほかはないと言わなければなりません。

サルと人間

進化論では、人間とサルは共通の先祖から出てきたと考えています。そしてこれまで、人間とサルがどれほどよく似ているかという点が強調されてきました。外見的には、サルと人間は似ているように見えます。しかしよく調べると、サルと人間は非常に違っている点がたくさんあるのです。

世界的な動物学者であるアドルフ・ポルトマンは、1951年に注目すべき本を書きました。日本語にも翻訳され『人間はどこまで動物か』という題で出版されました。ポル卜マンはこの本で、サルと人間の距離は、進化論者が考えているほど近いものではないことを示しました。また東大教授であった時実利彦博士は、大脳の研究から人間とサルのちがいを示しました。すなわち大脳の細胞の発達のしかたは非常に違っていて、サルでは生まれて一週間もすると、大人のサルと同じように行動することができますが、人間の場合は長い年月がかかります。その間にいろいろなかたちに育てることができるのです。

サルと人間の最大の相違点の一つは宗教です。人間はどんな人種であっても宗教がありますが、サルにはありません。過去においても、人類では宗教のない文明というのはありませんでした。これは神のかたちにかたどって創られた人間の特質であるということができます。

現代の日本人は非常に無宗教な国民です。1972年に国立統計数理研究所が発表した日本人の国民性調査の結果によると、宗教をもっていない人は69パーセントに及んでいます。また1973年に総理府青少年対策本部が発表した、世界青年意識調査報告書によると、日本の青年で信仰をもっているものは、18.9パーセントにすぎませんでした。これはアメリカ81.5、イギリス64.9、西ドイツ87.1、フランス70.1、スイス80.9、インド95.3、フィリピン98.6、ブラジル87.7パーセントに比較して著しく低い数字です。ヨーロッパで低い国であるスウェーデンの41.1パーセントにくらべても相当低い数字です。

この報告書は、「信仰をもっている者は、わが国を除いて極めて多かった。その意味でわが国の青年は異常であることを指摘せねばなるまい」と言い、また、「世界の青年に共通していえることとして、働く価値観、人生観、とくに性についての考え方など、信仰を持つ者と持たぬ者の差が大きい。この事実を踏まえると、改めて宗教について考えさせられるのではなかろうか」と述べています。

キリストはマタイによる福音書4章4節に「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである」と言われました。

私たちが生きていくためには、パンが必要です。経済問題は大切です。しかしお金だけあればそれで満足な生活ができるかといえば、そうではありません。人間が生きる目的や方向、その意味がわからなければ、人生はむなしく、また不安です。

昔イスラエルの王ソロモンは、神を離れて、学問や事業、快楽などあらゆる人生の経験をしましたが、その心は空虚でした。最後に神を求め、神の道に従うことによってはじめて人生の幸福と安定を見いだすことができました。

人間をほんとうに生かすものは、神の言葉です。神の言葉は正しい道を示し、人生のいろいろな出来事に対処する方法を教えます。

英国の歴史家トインビーは、「宗教は生と死という恐るべき事実に対する適応(注1)を教える」と言いました。生も死も人生における厳粛な事実です。いかに生きるか、そしていかに死ぬかを知るには、神の言葉である聖書に導かれることが最善の方法なのです。

※(注l)本来生物学の言葉で生物が外界の変化に応じて生存に適するように変化することを言います。

希望の言葉

地球が、数多くの動物と植物で満たされてから、創造主のみわざの冠であり、この美しい地球に住むのにふさわしい人間が、活動の舞台にのぼってきた。人間は、見渡すかぎりのものを統治する支配権が与えられた。「神はまた言われた、『われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに・・・・すべての・・・・ものを治めさせよう。』神は自分のかたちに人を創造された。すなわち・・・・男と女とに創造された」(創世記 1:26,27)。ここに人類の起源が明瞭(めいりょう)に述べられている。聖書の記録は、誤った結論を出す余地がないほど明白である。神はご自分のかたちに人間を創造された。そこにはあいまいさが全然ない。動物や植物などの下等な生命形態から、次第に発達の段階をたどって、人間は進化したのだと想像する余地は全くない。こうした考え方は、創造主の偉大なわざを、人間的な狭い、地上的な考え方のレベルに引き下げる。

人間は、宇宙の王座から神を追い出そうと努める結果、人間自身の品位を低め、人間の崇高な起源を見失っている。星空を高くすえ、野の花を巧みに飾りみ力の奇跡によって、驚くべきものを天地の間に満たされたお方は、その輝かしいみわざの最後を飾るにあたって、人間をこの美しい世界の統治者としておたてになったが、それは生命の賦与者(ふよしゃ)のわざに恥じないものであった。

霊感によって与えられた人類の系図は、その起源を、細菌、軟体動物、四足獣などの進化の跡をたどるのでなくて、偉大な創造主に帰着させる。アダムは、土のちりで造られたが、「神の子」であった(ルカ 3:38)。・・・

人間は、外観においても、品性においても、神のかたちを保っているはずであった。キリストだけが、天の父の「本質の真の姿」ではあるが、人間は、神に似せて造られたのである(ヘブル 1:3)。彼の性質は、神のみ旨と調和していた。人間の知力は、神の事物を理解することができた。彼の愛情は清く、食欲や情欲は理性の支配のもとにあった。彼は、神のかたちをしていて、神のみ旨に完全に服従していたので、清く、幸福であった。(『人類のあけぼのより』)

タイトルとURLをコピーしました