【初めての聖書】 第33課 健康な生活

初めての聖書
この記事は約12分で読めます。

≪序≫ 

健康は神より与えられた尊い賜物です。多くの人は健康を失うまでは、健康の尊さに気づきません。地位や名誉、お金や遊びのために過労、睡眠不足、不節制な飲食などを重ね、健康が犠牲にされています。

健康は生活の土台です。最上の健康状態を保っていなければ、自分に対しても家族や社会に対しても、また創造主である神に対しても十分に責任を果たすことはできません。

ヨハネの第3の手紙2節に

「愛する者よ。あなたのたましいがいつも恵まれていると同じく、あなたがすべてのことに恵まれ、またすこやかであるようにと、わたしは祈っている」

とあるように、精神が恵まれ、からだが健康であることを神は望んでおられます。

聖書には私たちがどうしたら健康な生活ができるかについての原則や、病気の予防、正しい食事、公衆衛生などについての教えがあります。これは古代イスラエル人に与えられたものですが、現代の私たちにも適用できるものです。また、E・G・ホワイトを通しても聖書的な多くの示唆が与えられ、終末時代に生きる私たちが健康を保っていくための有力な導きとなっています。

1. 精神と身体の健康

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」といいますが、精神と身体の間に密接な関係があることは医学的にも証明されています。不節制なことをして健康を害するならば、それは身体に苦痛を与えるばかりでなく、精神を弱め、善悪に対する判断力も鈍り、克己(こっき)心も失われてきます。したがって私たちは品性を守るように、健康を守る必要があるのです。

私たちのからだは神の宮であって、神の御霊が宿る場所であるから、聖なるものであると聖書はのべています(コリント人への第1の手紙3章16節、17節参照)。

また

「自分のからだは、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって、あなたがたは、もはや自分自身のものではないのである」(コリント人への第1の手紙6章19節)

とあります。したがって私たちのからだは私たち自身のものではなく、神のものであるということを理解し、神に対する責任として、私たちのからだを大切にしなければならないのです。

2. 健康の法則

神がおつくりになった世界の特徴は、すべてのことに法則があることです。健康を保つためにも法則があります。その法則を理解して、これを実行すれば健康が保たれるのです。そのうちで基本的なものを次に述べてみましょう。

① 新鮮な空気

私たちのからだが生命を保ち、よい機能を保つために最も重要なのは酸素です。人間は、食物がなくても数週間、水がなくても数日間生きられますが、酸素がなければ、4分くらいで脳には取りかえしのつかない害があらわれ、さらに数分後には生命が失われます。普通一日に約1万5千リットルの空気を呼吸しますが、その20パーセントは酸素です。激しい運動をする場合はこの20倍ぐらいの量を呼吸します。

空気は肺にはいって、血液に酸素を与え、これが全身を回って、すべての細胞に酸素を供給します。新鮮な空気を十分にとることは、からだ全体に活力を与えます。また頭脳の働きを活発にし、よい判断や思考力を助けます。

空気を十分にとるために正しい姿勢と深い呼吸の習慣をつけることが必要です。毎朝起きたとき、窓をあけて深呼吸を10回くらいと、そのほか日中に少なくともあと2回これをくりかえします。これは肺の幾千の気胞を広げ、血液の循環をよくし、肺炎、気管支炎、その他の病気の予防にも大いに役立ちます。

② 日光

温度6000度の太陽の表面からでる光と熱は、生活に必要なエネルギーを与え、健康のために欠かすことができないものです。「毎日太陽のもとで30分」というのが一日の最少必要量です。曇りの日でも健康のために大切な紫外線は雲をつらぬいてきますから、戸外に出ることは有益です。そうすれば新鮮な空気も得られます。日光はじょうぶな骨や歯をつくるためになくてはならないビタミンDを作ります。またバクテリアを殺す効果があります。

③ 節制

節制というのは有害なすべてのものを完全にやめ、たとえよいものでも適量に用いることです。日光浴にしても、過度になれば有害になります。

節制についてパウロは、

「すべて競技をする者は、何ごとにも節制をする。彼らは朽ちる冠を得るためにそうするが、わたしたちは朽ちない冠を得るためにそうするのである。そこで、わたしは目標のはっきりしないような走り方をせず、空を打つような拳闘はしない。すなわち、自分のからだを打ちたたいて服従させるのである」

(コリント人への第1の手紙9章25節―27節)

と言いました。

当時ギリシャで盛んに行われたオリンピックでマラソンの選手たちは、勝利の月桂冠(げっけいかん)を得るために、日頃からどんなきびしい訓練や節制もいといませんでした。このことからパウロはクリスチャンの生活を競走にたとえ、「朽ちない冠」すなわち神の国にはいる特権をかちうるために、信仰生活のレースを走っているクリスチャンは、すべてのことに節制しなければならないと教えたのです。

今日タバコや酒は一般にゆきわたっていますが、これらはいずれも健康に有害です。オリンピックに出場するような優秀な選手たちは、ほとんど禁酒禁煙を守り、飲食物にも非常に気をつけています。

a )タバコの害 タバコの煙の中には数多くの化学物質が含まれていますが、これらの多くは、何らかの方法でからだに刺激や害を与えます。そのうちで最も大量に存在し、健康に最も大きな影響を与えるのは、ニコチンです。二本のタバコの中に含まれている量(約40ミリグラム)は、もしそのすべてが体内に吸収されるならば、一人の人を殺すことができるほどの毒性があります。

喫煙と密接な関係があり、多くの場合喫煙によってひき起こされる四つの、いずれも命にかかわる病気があります。それは心臓発作、肺ガン、慢性気管支炎、胃または十二指腸潰蕩です。

日本では終戦後からタバコの消費量が急激にふえて、肺ガンによる死亡が増加しています。昭和22年に肺ガンによる死亡は667人に過ぎませんでしたが、平成28年(2016年)の肺がんによる死亡者数(男女合計)は73838人で実に100倍以上に増えているのです(国立がん研究センターによる)。

昭和39年1月22日の日本経済新聞に、岡田道一博士は「禁煙を励行しているある宗教団体の肺ガン発生率は他の団体の十分の一、特に初めから吸っていない者のうちからは一人も出ていないという例は注目すべきであろう」と書きました。

現在ではタバコと肺ガンの関係ははっきり証明されています。

b )酒と健康 クリスチャンで酒を飲む人もあり、聖書には酒を飲むなとは書いてないという人がいますが、箴言23章29節から35節までに次の言葉があります。

災ある者はだれか、憂いある者はだれか、争いをする者はだれか、煩いある者はだれか、ゆえなく傷をうける者はだれか、赤い目をしている者はだれか。酒に夜をふかす者、行って、混ぜ合わせた酒を味わう者である。酒はあかく、杯の中にあわだち、なめらかにくだる、あなたはこれを見てはならない。これはついに、へびのようにかみ、まむしのように刺す。あなたの目は怪しいものを見、あなたの心は偽りを言う。あなたは海の中に寝ている人のように、帆柱の上に寝ている人のようになる。あなたは言う、「人がわたしを撃ったが、わたしは痛くはなかった。わたしを、たたいたが、わたしは何も覚えはない。いつわたしはさめるのか、また酒を求めよう」と。

またコリント人への第1の手紙6章9節、10節には、「酒に酔う者は神の国をつぐことはない」と言われています。酒を常用すると習慣になって、脳に悪影響を与え、肝臓を害しついには死をもたらします。またデリケートな胃壁を刺激して潰蕩の原因になります。

酒は運動神経の反応時間を遅らせます。自動車を運転するとき酒を飲んでいない人は、危険物を見てからブレーキに足をのせるまでに0.5秒から0.8秒かかりますが、ビール一杯でも飲んでいる人はその倍の時間がかかり、時速40キロで走っているとき、飲まない場合より少なくとも5メートルよけいに走らないとブレーキがかからない計算になり、事故を起こす危険がそれだけ大きくなります。

また酒は争い、盗み、家庭の破壊、殺人等いろいろな犯罪の原因にもなっています。

酒やタバコは習慣になると、なかなかやめにくいものですから、はじめから手をふれないことが賢明です。しかしこの悪習慣にとらわれている人も、神の助けによって、これに打ち勝つことができます。パウロは「わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることができる」(ピリピ人への手紙4章13節)と言いました。

また緑茶・紅茶・コーヒー・コーラ等も、その中にカフェイン、ティン等の神経を興奮させる物質があって、脳、心臓、じん臓などを刺激し、不眠症を起こすこともあります。一時的に疲れがとれたように感じても、その刺激が切れるとかえって一層疲れを覚えたり、またほしくなってきます。このようなものは習慣性があるので止めにくいものですが、新鮮な水や果物ジュースなど刺激のない飲みものを用いるのがよいことです。またこれらに含まれる白砂糖も健康によくありません。

④ 休息

活動のあとには休息が必要です。一般的には1日に7時間は睡眠が必要であると言われています。睡眠は健康の原動力です。最近は不眠症が多くなっているようですが、睡眠前に胃の負担をなくすこと、適当な運動をし、新鮮な空気を吸うこと、平安な心を持つように努めることなどは不眠症を防ぐ助けとなります。

仕事の半ばに少し休息すること、1週間に1日の休養、1年に1回ぐらいまとまった休暇をとって仕事から解放されることなどは、仕事の能率を高め、健康を保つよい方法です。

⑤ 運動

子供の時はよく運動しますが、勉強が忙しくなったり、学校を卒業して社会にでると一般的には運動不足になりがちです。毎日30分運動すれば理想的です。できれば2キロぐらいを早足で歩き、そのほか適当な体操などで全身の主要な筋肉を全部動かすように心掛けましょう。

⑥ 食事

神がはじめに人間にお与えになった食事は、穀類、果実、堅果類、野菜等のいわゆる菜食でした。この中にたんぱく、脂肪、含水炭素、無機質、ビタミン等健康のために必要なすべての栄養素が含まれています。肉食が許されたのはノアの洪水のときからで、植物が一時なくなったからです。しかしこのときも何でも食べていいというのではなく、その種類が指示されました。聖書のレビ記11章にくわしく書いてありますが、動物では反芻(はんすう)するもので、ひずめが分かれているものは食べてよいと言われています。この条件にあてはまらないで広く用いられているのは豚です。また水の中にいるものではヒレとウロコのないもの、すなわちエビ、カニ、タコ、イカ、貝類などはいけないと言われています。

これは十分理由のあることで、これらのものは健康に有害なのです。第二次世界大戦のとき、米国が南方作戦で困ったことは、南の海にいるどんな魚を食べたらよいかが分からなかったことでした。いろいろな魚について研究した結果、兵隊に指示したことは、ヒレとウロコのある魚は食べても大丈夫ということでした。

肉食は理想的な食物ではありません。たとえば動物性脂肪によって摂り入れられる余分のコレステロールが動脈硬化など成人病の原因になります。また今日では動物の病気も著しくふえていますから、菜食に切り替えることが安全です。

⑦ 水の使用

人体の70ないし75パーセントは水でできています。毎日適当量の水を飲むことは、一般に忘れられていますが大切なことです。一日合計でコップ6杯から8杯の水を、食事と食事の間に飲むことがすすめられています。それによってからだの働きは円滑に行われ健康に保たれるのです。

⑧ 心の平安

今日身体が心に及ぼす影響と共に、心が身体に及ぼす影響も分かってきました。聖書には「心の楽しみは良い薬である」(箴言17章22節)。また「ここちよい言葉は・・・・魂に甘く、からだを健やかにする」(箴言16章24節)とあります。

神は

「わたしの教を忘れず、わたしの戒めを心にとめよ。そうすれば、これはあなたの日を長くし、命の年を延べ、あなたに平安を増し加える」「それは、これを得る者の命であり、またその全身を健やかにするからである」

(箴言3章1節、2節、4章22節)

と言われました。

アメリカの大富豪ジョン・D・ロックフェラーは、少年のころからお金をためようとして必死に働き、利己主義のかたまりのような人でした。そして53才のとき、収入は週百万ドル、財産は10億ドルと言われました。しかし彼は健康をそこなっていました。クラッカーとミルクしかたべられず不眠症で、医者はあと一年も生きられないだろうと言いました。眠られない夜を過ごしながら、将来のことを考えました。死ぬときは巨万の富も持って行くことはできません。そこで彼は、他人のために生きようと決心し、次の数年間に数百万ドルを慈善のために寄付しました。彼の目標がただお金をためることから、人に与えることに変わったとき、心に喜びがわいてきました。そして健康も著しく回復し食欲も増し夜もよく眠れるようになりました。

あと一年も生きられないと言われたこの人が、さらに45年、98才まで生きたのです。これは彼のどん欲、憎しみ、利己主義という、健康を破壊するような否定的感情を、人々に対する愛という肯定的な原則に変えたことによるのです。

心の平安は、からだの健康をもたらします。

≪希望の言葉≫

一般に食品中に用いられている砂糖の量は、あまりに多すぎる。ケーキ、甘いプディング、メリケン粉で作った菓子、ゼリー、ジャム等は、消化不良の有力な原因となる。ことに有害なのは、ミルクと砂糖がおもな材料として入っているカスタードやプディングである。ミルクと砂糖量が多く、しかも料理のへたな食物は造血器官を弱め、血液の状態を悪化させる。そのうえ、組織を狂わせ、病気を引き起すとともに神経をいらだたせ、気短にする。・・・

へたな料理の犠牲者は、何千何万と数えられる。多くの墓石には、「へたな料理のために死す」とか「胃を濫用して死す」などと書くことができる。・・・

料理をする者が、衛生的な食物を調理する方法を学ぶことは、神聖な義務である。多くの魂がへたな料理のために失われる。良いパンを作るには思慮と注意を必要とするが、一塊のパンの中には、多くの人が考えている以上に宗教が存在している。ほんとうに良い料理人はまれであって、若い婦人は料理その他の家事はいやしい仕事と考え、結婚をして家庭をもつ女性の多数が、この妻や母にゆだねられている義務を少しも知らないのである。

料理はつまらない学問ではない。それは実際生活における1番重要な事柄に属するものである。これはまたすべての女性が学ばなければならない学問であり、貧しい人々に益となるように教えなければならない。食欲をそそるように調理され、同時に単純で栄養に富んだものを作るには技術がいる。しかもそれは可能である。料理人は単純で健康的な方法をもって食物を料理することを知り、食物が健康的であると共に、単純だからうまいというようにしなければならない。家庭の主婦でありながら、衛生的料理法を知らない婦人は、家族の健康のために、この非常に重要な事柄を学ぼうと決心すべきである。多くの場所に衛生的な料理学校があり、こうした教育を受ける便宜を与えている。そういう設備の助けが得られない人は、良い料理教師の指導に従い、女子料理技術者になるまで上達するよう忍耐強く努力すべきである。  (『いやしの奉仕』より)

タイトルとURLをコピーしました