【初めての聖書】第6課  幸福な生き方(2)

初めての聖書
この記事は約11分で読めます。

序・人間関係の規範

神が人間に十戒をお与えになったことは、人類歴史における重大な出来事の一つです。十戒はいろいろな国の法律や道徳原則にくらべて、はるかに高くまた徹底しています。ここに示された戒めが良心と行動を支配する時、だれでもほんとうに喜びのある幸福な生活にはいることができるのです。現代では人々がいろいろな束縛から解放されて自由にふるまうようになって、かえって人間関係の難しさが表面にうかび上がってきました。そしてカーネギーの『人を動かす』という本のような人間関係の実用書が歓迎されたこともありました。しかし、人間関係を改善する根本的な方法は十誠の中に示されています。しかも十戒は、ただ便宜的に人間の行動のあり方を教えているのではなく、人間性の本質をふまえて、神が人間に幸福な生き方を示されたのです。またこれは人間の道徳の基準であり、私たちはこれを守る道徳的責任を負っているのです。

両親に対して

第五条は「あなたの父と母を敬え。これは、あなたの神、主が賜わる地で、あなたが長く生きるためである」(出エジプト記20章12節)です。

家庭は社会の単位です。家庭の中での秩序や人間関係は、社会生活の土台となります。親孝行などは、もう古い道徳であると思っている人がいるかもしれませんが、聖書のおきては親を尊敬し親に従うことを人間関係の第一番目にもってきています。ここには権威を尊重する考えがあるのです。自由は大切です。しかし自由だけでは、秩序を保つことはできません。正当な権威を承認するということがなければ、お互いに自由に行動することもできなくなってしまいます。

子供が小さい時、親は神の代わりになって子供を導きます。親の権威に服従することを学んだ子供は、神に服従することができるようになります。この戒めは、親を尊敬し、服従することを要求しているばかりでなく、親を愛し、いたわり、その重荷を軽くし、老齢になった時に助け、慰めることを要求しています。

キリストは十字架上の苦しみの中から、母マリヤの将来のことを思い、弟子ヨハネにその世話をすることを託されました。このようなやさしい思いやりを、子供は親に対して持たなければなりません。そうすることは私たち自身の心に、安らぎと喜びを与え、長寿を楽しむことができるようにするのです。

またこの戒めは親だけでなく、すべての正当な権威を尊びこれに服従することを教えています。すなわち牧師、教師、政治家など神が権威をおゆだねになった人々を尊敬することも含まれています。ここでいう服従は、ただ盲目的にするのではなく、理性と良心に従って、正当な権威を認め、服従するということです。

さらに第五条の戒めは、子供に対してだけでなく、親や権威の地位に置かれている者に対して、その権威にふさわしい行動をして、尊敬を受けるに足る者となることを求めています。それは上に立つ者の責任です。

人命の尊重

「あなたは殺してはならない」(出エジプト記20章13節)というのが第六条の戒めです。

生命は神に属するものです。第四課で学んだように生命を創ることは、人間にはできません。この世界で、生命は大きくわけで三つの形をとっています。すなわち植物と動物と人間です。第六条のいましめは、すべての生命を保護することがその根底にはありますが、特に人間の生命をとりあげています。人間でも動物でも、生きていくために、他の動物や植物の生命が必要です。創世記9章3節で、神は「すべて生きて動くものはあなたがたの食物となるであろう。さきに青草をあなたがたに与えたように、わたしはこれらのものを皆あなたがたに与える」と言われました。動物の生命も有用な目的のためにとることは禁じられてはいませんが、憐みの心を持ち、残酷な取り扱いをしてはいけません。また現代では、食用とされている動物の多くはストレスの多い狭い家畜舎で、抗生物質や化学物質で育てられ、健康的な食品とは言えなくなっています。箴言12章10節には「正しい人はその家畜の命を顧みる」とあります。

この戒めは、自殺も禁じています。神が生命を与えて下さる間、私たちにはなすべき務めがあるのです。どんなつらい境遇でも、神の助けによるなら乗り越えられないものはないのです。神は、

「あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである」

(コリント人への第Ⅰの手紙10章32節)

と約束しておられますから、自殺を考えたくなるようなところに追いこまれでも、神に頼れば神は必ず逃れる道を備えて下さいます。

私たちの健康をそこなう行為も、殺してはいけないという戒めを破ることになります。酒やタバコなど、明らかに健康に害となるものはもちろん、過食や拒食、添加物や農薬の多い食品の摂取など健康によくないものは避けることです。食物だけでなく、夜更かしや働き過ぎなど、すべての不健康な習慣も同じです。私たちが健康の法則を学んで健康を保つように心がけることは、神に対する義務です。健康でなければ仕事も満足にできないばかりでなく、精神生活にも影響を与えるのです。

神の戒めは、具体的な行為だけでなく、精神的な意味も含んでいます。第六条の戒めについてキリストは、

「昔の人々に『殺すな。殺す者は裁判を受けねばならない」と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかしわたしはあなたがたに言う。兄弟に対して怒る者は、だれでも裁判を受けねばならない。兄弟にむかつて愚か者と言う者は、議会に引きわたされるであろう。また、ばか者と言う者は、地獄の火に投げ込まれるであろう」

(マタイによる福音書5章12、22節)

と言われました。「殺してはならない」ということは、具体的に殺すことだけでなく、人を怒ったり、憎んだり、そしったりすることも含んでいます。このようなことは他人を傷つけ、ついには他人を殺すところまで発展するのです。

十九世紀から二十世紀にかけて、米国のすぐれた宗教指導者であったある著者は、恐ろしい行為の一つとして、「真意を誤り伝えられたり、評判を傷つけられたり、品性を批判されたりすることなどによって生ずる苦悩と破滅である」と書きました。現実にはこのような経験におちいる場合もありますが、聖書はそのような時に

「愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、『主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する』と書いてあるからである。むしろ『もしあなたの敵が飢えるなら、彼に食わせ、かわくなら、彼に飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃えさかる炭火を積むことになるのである』。悪に負けてはいけない。かえって、善をもって悪に勝ちなさい」

(ローマ人への手紙12章19~21節)

とすすめています。

異性について

第七条は「あなたは姦淫してはならない」(出エジプト記20章14節)です。

神は人間を男と女にお創りになりました。この戒めは異性に対する正しい関係を示しています。それは心と体の純潔です。また結婚生活における誠実な関係を要求しています。現代は性の問題が非常に乱れています。性は結婚した男女にだけ神様から与えられた祝福でしたが、好きだから体の関係を結ぶとか、愛しているからといって夫婦以外の関係を結んだりするようなことが行われるようになってきました。また、同性愛や同性婚も認められるようになってきましたが、これらは神様の作られた人間としての正しい在り方を崩すものです。

性欲は人間の大事な本能ですが、それは理性の支配のもとにおかれなければならないのです。

聖書は性を肯定しています。キリスト教は禁欲主義ではありません。神がお与えになった身体の機能は、正しく用いられるならば、人間を幸福にします。コリント人への第1の手紙6章15~18節に、

「あなたがたは自分のからだがキリストの肢体であることを、知らないのか。それだのに、キリストの肢体を取って遊女の肢体としてよいのか。断じていけない。それとも、遊女につく者はそれと一つのからだになることを、知らないのか・・・・不品行をさけなさい。人の犯すすべての罪は、からだの外にある。しかし不品行をする者は、自分のからだに対して罪を犯すのである」

とあり、姦淫は、神様の栄光を表すために創られた自分の体を汚すものです。キリストはこの戒めについて、

「『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである」

(マタイによる福音書5章27、28)

と言われました。

現代の生活には、いかがわしい出版物や映画、インターネト、酒や麻薬、挑発的な音楽やダンス等、性に対する誘惑がたくさんあります。それらのものに打ち勝つためには、聖書を学び、何が罪であるかをはっきりと理解し、罪に打ち勝つ力を神様に求める必要があります。食欲や情欲という、人間の生存に必要な欲求を、理性の支配下に置くには、神様の助けを受ける以外にないのです。

昔、エジプトで総理大臣となったヨセフは青年時代に、自分の仕えていた主人の妻の誘惑を受けた時、「どうしてわたしはこの大きな悪をおこなって、神に罪を犯すことができましょう」(創世記39章9節)と言って、はっきりそれを断わりました。いつも神の前にいることを忘れないことは誘惑に打ち勝つ大きな助けとなります。

所有権

第八条の戒めは、「あなたは盗んではならない」出エジプト記20章15節)です。

第八条の戒めは、人の所有権を保証しています。もっとも本当の意味で全てを所有しておられるのは神です。詩篇24篇1節には、「地と、それに満ちるもの、世界と、そのなかに住む者とは主のものである」とあります。人間の所有権は神より与えられたものです。私たちは神より与えられたものを、神のみ旨に従って用いることによって、神の栄えを表すことができます。

窃盗や強盗はもちろん許されませんが、侵略戦争などもこの戒めを犯すことになります。商取り引きにおいてごまかしたり、不当な利益を得ることもこの戒めは禁じています。聖書は、「盗んだ者は、今後、盗んではならない。むしろ、貧しい人々に分け与えるようになるために、自分の手で正当な働きをしなさい」(エペソ人への手紙4章28節)とすすめています。盗むのでなく正当に働くならば神は必要なものを備えて下さいます。

支払いを遅らせたり、不当に安い賃金で人を働かせたりすることも、この戒めの精神に反します。他人の無知、弱点、不幸につけこんで、自分の利益をはかることも許されないのです。「貧しく乏しい雇人は、同胞であれ、またはあなたの国で、町のうちに寄留している他国人であれ、それを虐待してはならない。賃銀はその日のうちに払い、それを日の入るまで延ばしてはならない。彼は貧しい者で、その心をこれにかけているからである」(申命記24章14、15節)。

また雇われている人は、忠実に働かなければやはりこの戒めを犯していることになります。よい評判や信用は財産と同じように大切なものです。箴言22章1節には「令名は大いなる富にまさるとあります。人のよい評判を傷つけたリ、人の信用をこわすようなことも盗むことになります。

偽りの言葉

第九条は「あなたは隣人について、偽証してはならない」(出エジプト記20章28節)です。

ここでいう隣人とは、誰でも私たちと接触し、関係のある人のことです。どんなことでも、偽りを言うこと、隣人をあざむくことはこれに含まれます。わざと誇張した表現、間違った印象を与えるような暗示、事実であっても誤解を招くような言い方、事実を故意に隠して、その結果人に害を及ぼすことなどは、この戒めを犯すことになります。

むさぼり

十戒の第十条は、「あなたは隣人の家をむさぼってはならない。隣人の妻、しもベ、はしため、牛、ろば、またすべて隣人のものをむさぼってはならない」(出エジプト記20章17節)です。

むさぼりとは正当な意味で自分のものではないものを望むことです。これはすべての罪の根です。キリストはむさぼりについて、

「あらゆる貧欲に対してよくよく警戒しなさい。たといたくさんの物を持っていても、人のいのちは、持ち物にはよらないのである」

(ルカによる福音書21章15節)

と注意されました。聖書の中には、むさぼりのために失敗をした人の例がいくつもでています。これは人の心の底にひそむ罪です。むさぼりを防ぐために次の言葉を考えて下さい。

「しかし、信心があって足ることを知るのは、大きな利得である。わたしたちは、何ひとつ持たないでこの世にきた。また、何ひとつ持たないでこの世を去って行く。ただ衣食があれば、それで足れりとすべきである。富むことを願い求める者は、誘惑と、わなとに陥り、また、人を減びと破壊とに沈ませる、無分別な恐ろしいさまざまの情欲に陥るのである。金銭を愛することは、すべての悪の根である」

(テモテへの第Ⅰの手紙6章6~10節。)

愛の戒め

キリストは十誠のうちの人に対する六つの戒めを要約して「自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ」(マタイによる福音書23章39節)といわれました。ほんとうに人を愛することができれば、第五条から第十条までの戒めは守ることができ、人を幸福にすると共に、自分も幸福になることができるのです。

十 戒

神はこのすべての言葉を語って言われた。「わたしはあなたの神、主であって、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出した者である。

第1条 あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない。

第2条 あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三四代に及ぼし、わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。

第3条 あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。主は、み名をみだりに唱えるものを、罰しないでは置かないであろう。

第4条 安息日を覚えて、これを聖とせよ。六日のあいだ働いてあなたのすべてのわざをせよ。七日目はあなたの神、主の安息であるから、なんのわざをもしてはならない。あなたもあなたのむすこ、娘、しもべ、はしため、家畜、またあなたの門のうちにいる他国の人もそうである。主は六日のうちに、天と地と海と、その中のすべてのものを造って、七日目に休まれたからである。それで主は安息日を祝福して聖とされた。

第5条 あなたの父と母を敬え。これは、あなたの神、主が賜わる地で、あなたが長く生きるためである。

第6条 あなたは殺してはならない。

第7条 あなたは姦淫してはならない。

第8条 あなたは盗んではならない。

第9条 あなたは隣人について、偽証してはならない。

10 あなたは隣人の家をむさぼってはならない。隣人の妻、しもべ、はしため、牛、ろば、またすべて隣人のものをむさぼってはならない。

           (出エジプト記201~17

タイトルとURLをコピーしました