【初めての聖書】 第25課 福音と律法

初めての聖書
この記事は約12分で読めます。

≪序≫ 

神は人間が正しく生きていく道として律法をお与えになりました。それは「幸福な生き方」として第5、6課で学んだ十戒です。十戒は神の性質を土台とした愛の戒めで、この世界の不変の原則です。これは神がこの世界を支配される枠組みです。この枠組みの中でだけ人間は生きることを許されているのです。

最初に創られた人間はこの律法を守ることができました。しかし罪を犯した結果、人間の性質は堕落してしまい、善を行いたい、神の戒めに従いたいと思っても自分の力ではそれができなくなりました。

エレミヤ書13章23節には

「エチオピヤびとはその皮膚を変えることができようか。ひょうはその斑点を変えることができようか。もしそれができるならば、悪に慣れたあなたがたも、善を行うことができる」

とあります。

このような人間にとって、神の恵みによって、行いなくして救われるという福音と、神の律法を守ることとは、どんな関係にあるのでしょうか。キリストの十字架を信じれば神の律法である十戒はもう不要になったのでしょうか。この課では律法と福音の関係について考えてみたいと思います。

1. 福音

神の律法である十戒は出エジプト記20章に書いてあります。エジプトに移住して、本当の神を知らない異教徒の間で生活しているうちに、神の律法がはっきりわからなくなったイスラエル人に、シナイ山においてあらためて十戒が与えられたのです。もともと神の律法は世界のはじめからありました。律法がなければ罪は分かりません。アダムやエバが罪を犯したというのは神の律法があったからです。

この神の律法は善悪の標準を示すと共に、人間に正しく生きる道を教えるものでした。そして始めの人間は神の律法に従って生きることができたのです。

しかし人間は、悪魔の誘惑を受けて、あやまった道を選びました。罪のために堕落した性質を持つようになった人間はもはや自分の力で善を行うことができなくなり、その結果滅びるものとなりました。

キリストは十字架の死によって、人間の罪の代価を払って下さいました。それで悔い改めてキリストを救い主として信じ受け入れるならば、罪はゆるされ、人間は神との本来の関係に回復されます。さらに神は、人間が神の子としてふさわしく生きていく力も与えて下さるのです。ヨハネによる福音書1章12節に

「しかし、彼を受けいれた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである」

とあります。

人間がどのようにして救われるかについて、自力か他力かという2つの考えがあります。すでに創世記4章にそのことが表れています。アダムとエバの二人の子供カインとアベルが神に捧げ物をしたのですが、カインは自分が作った「地の産物」を捧げ、アベルは小羊を捧げました。小羊は私たちの罪のために身代わりの死を受けられたキリストを表わすもので、アベルはやがて来られるキリストの十字架による救いに頼ったのですが、カインは自分の力に頼ったのです。しかし人間は自分の力で救いを得ることはできません。

また、イスラエル人がエジプトから脱出してカナンへ旅したとき、荒野で罪を犯し、神が保護の手をとり去られたために毒へびが出たことがありました。このへびはそれにかまれると激しい炎症を起こして死ぬので、火のへびと呼ばれていました。多くの人々がこの毒へびにかまれて苦しみました。そこで人々は神の前にへりくだり助けを求めたのです。

神はモーセに青銅のへびをつくり、それをさおの上にかけておくようにと言われました。このへびを見上げる者は助かるというのです。さっそく彼らは言われた通りにしました。そして、「へびにかまれたものはこの青銅のへびを見上げよ、そうすれば救われる」という希望の知らせが、人々に伝えられました。

すでに死んだ者も多くいました。また青銅のへびを見上げただけでいやされるということを信じない者もいました。しかしこれを信じて一目でも見た者はいやされたのです。

この出来事を用いてキリストは、人がどのようにして救われるかを説明されました。ヨハネによる福音書3章14節、15節に

「そして、ちょうどモーセが荒野でへびを上げたように、人の子〔キリスト=著者注〕もまた上げられなければならない。それは彼を信じる者が、すべて永遠の命を得るためである」

とあります。

人々は自分の力でへびの毒から助かることはできませんでした。いやすことができたのは神だけです。しかし彼らは青銅のへびを見上げなければなりませんでした。それは、神が備えて下さった救いに対する信仰を現わさなければならなかったということです

それと同じように私たち罪人も、十字架におかかりになったキリストを救い主として見上げることによって生きることができます。十字架の犠牲に対する信仰によって罪はゆるされるのです。私たちの行いによるのではありません。キリストだけが私たちの救いの望みです。

2. 信仰

ある時、12年間も不治の病に苦しんでいた婦人がキリストのところにきて、群衆の中にまぎれこんで、後ろからキリストの衣にさわりました。それはキリストがいやして下さることを信じてとった行動でした。すると直ちにいやされました。キリストは、「娘よ、あなたの信仰があなたを救ったのです」(マルコによる福音書5章34節)と言われました。キリストに触れたのは彼女1人ではありませんでした。しかし他の人々には何も起こらず、この婦人だけがいやされたのは、彼女の信仰によるものでした。

信仰というのはただ頭でキリストが救い主であると思うだけでは不十分です。キリストを救い主として受けいれ、キリストに信頼してすべてを任せなければなりません。ヤコブの手紙に

「あなたは、神はただひとりであると信じているのか。それは結構である。悪霊どもでさえ、信じておののいている」(2章19節)

とあります。ほんとうの信仰は行いを伴うものです。

あるとき、ナイヤガラの滝の上にワイヤーを張って、その上を一輪車で、肩に人を乗せて渡るという曲芸師がいました。それを見にきた人々は、そんなことができるはずはないと思いましたが、その中で「私はできると信じる」という人が表れました。いよいよ渡る時になって曲芸師は、「渡ることができる」といった人に、「ではこの車に乗って下さい」と言いました。その人は乗ることができませんでした。それは彼がほんとうに信じていたのではなかったからです。ほんとうに信じていれば迷うことなく乗ったはずです。それと同じように信仰にも行為が伴ってくるはずです。

キリストを信じる信仰は、キリストを自分の救い主として受け入れ、キリストに従う心を伴います。自分の力ではできませんがキリストに頼り、神の力をいただいて神のみ旨である律法に従う生活を送るのです。

3. 神の律法 ―― 十戒

クリスチャンの中にも、律法は十字架によって廃止されたので守る必要はなくなったという人がいます。人は恵みによって救われるので律法はいらないというのです。しかし聖書は神の律法について、

「あなたの正しいおきてのすべてはとこしえに絶えることはありません」(詩篇119篇160節)。「あなたのもろもろの戒めはまことです。わたしは早くからあなたのあかしによって、あなたがこれをとこしえに立てられたことを知りました」(同151、152節)

と言い、律法が永遠に変わらないものであることを述べています。

キリストご自身も、

「わたしが律法や預言者を廃するためにきた、と思ってはならない。廃するためではなく、成就するためにきたのである。よく言っておく。天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである」

(マタイによる福音書5章17節、18節)

と言われました

またご自分で律法を守られたことについて、

「もしわたしのいましめを守るならば、あなたがたはわたしの愛のうちにおるのである。それはわたしがわたしの父のいましめを守ったので、その愛のうちにおるのと同じである」

(ヨハネによる福音書15章10節)

と書いてあります。

使徒ヨハネは、「『彼を知っている』と言いながら、その戒めを守らない者は、偽り者であって、真理はその人のうちにない」(ヨハネの第1の手紙2章4節)と言いました。

また初期の教会の有力な指導者であったパウロは

「すると、信仰のゆえに、わたしたちは律法を無効にするのであるか。断じてそうではない。かえって、それによって律法を確立するのである」

(ローマ人への手紙3章31節)

と書いています。

聖書全体を通じて十戒そのものが廃されたということは、どこにも書いてありません。むしろ十字架の死が必要であったのは、律法を変更することができないからでした。律法は神の性質が土台になっていて、不変のものです。

4. 廃された律法

エペソ人への手紙2章14節、15節に「キリストは…ご自分の肉によって、数々の規定から成っている戒めの律法を廃棄したのである」とあります。またコロサイ人への手紙2章にも同じような言葉があります。ここで廃棄された律法というのは何でしょうか。これらの手紙を書いたパウロは、ローマ人への手紙の中で、福音に対する信仰は、「律法を確立するのである」(ローマ3:31)と言っていますから、十戒が廃棄されたのでないことは明らかです。それでは廃棄された律法というのは何でしょうか。

旧約聖書を調べると、律法には大きく分けて2種類あることがわかります。一つは十戒でこれは不変の律法です。もう一つはイスラエル人の宗教的儀式や市民生活に関する律法でした。儀式に関する律法は、キリストの贖罪(キリストが罪人の身代わりとなって十字架にかかり罪の代価を支払って下さったこと)の計画とその意味を教えるためのものでした。従って十字架が実現したあとは必要がなくなり廃棄されました。エペソ人への手紙やコロサイ人への手紙に書いてあるのはこの律法のことなのです。もっとも、この律法を研究すると贖罪の意味を詳しく知ることができるので有益です。またイスラエル人に与えられた市民生活に関する律法は、時代の推移とともに当然変わってくるものです。

聖書を読む時は、前後の関係をよく見て、律法といってもどの律法をさしているのかをしらべて正しく理解する必要があります。

5. 服従の生活

十戒ははじめ善悪の基準を示すと共に、それによって人間が生きていくべき道でしたが、罪がはいってから人間は自分の力で律法を守ることができなくなりました。罪がはいってからも十戒は善悪の基準を示す律法であることに変わりはありませんが、人間はこれを自分の力で実行することができなくなったので、神は別の方法で人間が生きていくことができるようにして下さいました。それが神の恵みによる福音です。

これは「新しい契約」と呼ばれていて、へブル人への手紙8章10節に、

「わたしが、それらの日の後、イスラエルの家と立てようとする契約はこれである、と主が言われる。すなわち、わたしの律法を彼らの思いの中に入れ、彼らの心に書きつけよう。こうして、わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となるであろう」

とあります。

ここでは、神が人間の弱さを補い、神の律法を愛しこれを守る力を与えると約束されています。自分の力では神に受けいれられるようなことは何一つできません。しかし自分の無価値と無力を認め、神に心を捧げると、キリストの愛が分かってきて、神を愛しキリストに従いたいという気持ちが起きてきます。

キリストは「もしあなたがたがわたしを愛するならば、わたしのいましめを守るべきである」(ヨハネによる福音書14章15節)と言われました。また「わたしのいましめを心にいだいてこれを守る者は、わたしを愛する者である」(同21節)とも言われました。

私たちは心に律法が書かれ「義を愛し、罪を憎む」(詩篇45:7)新しい心が与えられると、喜んで神の律法を守るようになります。このようにして、キリストと共に歩む者に、律法の要求している正しい行いが表れてきます。ここにクリスチャンの最も充実感のある、罪に勝利した生活があるのです。

ここで、キリストの十字架による罪のゆるしをいただいた者が特に注意しなければならない点は、自分の力で神の律法を守ろうとすることです。これは人間には不可能なことです。外面的にはある程度できるかも知れませんが、キリストを離れて人間がすることはすべて、利己心や罪に汚れているのです

しかしそれと同時におちいりやすい過ちは、キリストを信じれば、神の律法を守らなくてもよいという考えです。恵みによって救われるのだから、律法の行いは全然関係がないと思うことです。聖書には「あなたがたの救われたのは、実に、恵みにより、信仰によるのである。…決して行いによるのではない」(エペソ人への手紙2章8節、9節)とありますが、また「信仰も、それと同様に、行いを伴わなければ、それだけでは死んだものである」(ヤコブの手紙2章17節)ともあります。

律法を犯したために滅びるようになった人間は、神の恵みによりキリストの十字架による罪のゆるしを、なんの代価も払わないでいただいたあと、キリストの助けによって、律法を守る生活にはいっていくのです。キリストに服従していく決心をいつも持っているならば、

「しかし感謝すべきことには、神はわたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちに勝利を賜わったのである」

(コリント人への第1の手紙15章57節)

とあるように、キリストは必要な助けを与えて下さるので律法を守る愛と奉仕の生活にはいることができるのです。

≪希望の言葉≫

「古い契約」の条件は、従って生きよということであった。「人がこれを行うことによって生きるものである」しかし、「この律法の言葉を守り行わない者はのろわれる」(エゼキエル 20:11、レビ 18:5参照、申命記 27:26)。「新しい契約」は、「さらにまさった約束」によるもので、罪のゆるしの約束と、心を新たにする神の恵みと、神の律法の原則に心を一致させる約束によるのである。「しかし、それらの日の後にわたしがイスラエルの家に立てる契約はこれである。すなわちわたしは、わたしの律法を彼らのうちに置き、その心にしるす。わたしは彼らの不義をゆるし、もはやその罪を思わない」(エレミヤ 31:33,34)。石の板に刻まれたのと同じ律法が、聖霊によって心の板に書かれるのである。自分自身の義を確立させようと努力するかわりに、われわれは、キリストの義を受け入れる。キリストの血がわれわれの罪を贖うのである。キリストの服従が、われわれに代わって受け入れられる。こうして、聖霊によって新しくされた心は「御霊の実」を結ぶのである。キリストの恵みによって、われわれは心に書かれた神の律法に従って生きるのである。キリストのみ霊を持っているから、彼が歩かれたように歩くのである。彼は預言者によって、ご自分のことを言われた。「わが神よ、わたしはみこころを行うことを喜びます。あなたのおきてはわたしの心のうちにあります」(詩篇 40:8)。そして、彼がこの地上におられたときには、「わたしは、いつも神のみこころにかなうことをしているから、わたしをひとり置きざりになさることはない」と言われた(ヨハネ 8:29)。使徒パウロは、新しい契約のもとにおける信仰と律法の関係を明らかに述べている。「このように、わたしたちは、信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストにより、神に対して平和を得ている。」「すると、信仰のゆえに、わたしたちは律法を無効にするのであるか。断じてそうではない。かえって、それによって律法を確立するのである。」「律法が肉により無力になっているためになし得なかった事を」――人間は罪深い性質を持っているから、律法を守ることができない。だから律法は、人間を義とすることはできない――「神は・・・・御子を、罪の肉の様で罪のためにつかわし、肉において罪を罰せられたのである。これは律法の要求が、肉によらず霊によって歩くわたしたちにおいて、満たされるためである」(ローマ 5:1,3:31,8:3,4)。

タイトルとURLをコピーしました