【初めての聖書】 第30課 現代の使命Ⅲ―三天使の使命

初めての聖書
この記事は約12分で読めます。

≪序≫ 

聖書の歴史をたどると、神は各時代に必要な使命(メッセージ)を与えて、人類の歩みを導いておられることがわかります。神よりの使命はその時代を安全に歩むためのナビゲーターのようなものでした。

ノアの時代に、洪水によって古代社会が滅びる前に、神はノアを通して120年にわたって、救われるためのメッセージを伝えられました。そのメッセージに従って箱舟を造ったノアとその家族は救われることができました。

終末の時代にも神は特別な使命をお与えになりました。それはヨハネの黙示録14章に出ている第一、第二、第三天使の使命で、これを三重の使命または三天使の使命と呼んでいます.

この使命はキリスト再臨の前に宣べ伝えられるもので、このメッセージの後にヨハネの黙示録18章1節から5節までの使命が続いて、神より人類に与えられる恵みのメッセージは完結し、終末がくるのです。

私たちの永遠の運命はこの使命に対してどのように反応するかにかかっているのです。

この課ではこの三天使の使命の重要ポイントを学び、私たちがいかにこれを受けるべきかを考えてみたいと思います。

1. 第一天使の使命

わたしは、もうひとりの御使が中空を飛ぶのを見た。彼は地に住む者、すなわち、あらゆる国民、部族、国語、民族に宣べ伝えるために、永遠の福音をたずさえてきて、大声で言った、『神をおそれ、神に栄光を帰せよ。神のさばきの時がきたからである。天と地と海と水の源とを造られたかたを、伏し拝め』」

(ヨハネの黙示録14章6節、7節)。

これを第一天使の使命といいます。この天使は「永遠の福音」をたずさえてきました。イエス・キリストは人類を救うために人となって、私たちの身代わりの刑罰をうけて下さったことを信じることによって私たちは、永遠の生命にはいることができます。この真理は各時代を通して変わらないもので、「永遠の福音」とよばれています。

前に学んだように神の裁きには2種類ありますが、ここでの裁きは、キリストを信じる人々に対する調査審判をさしています。調査審判がはじまる1844年の少し前に、米国およびヨーロッパにおいて起こった再臨運動は、第一天使の使命のはじめと考えられます。この使命は調査審判終結の時まで続けられるのです。

第一天使は審判の時がきたので、創造主である真の神に帰るように警告しています。今日人々は真の神を忘れ、物質主義など自分たちに都合の良い様々な神を拝んでいます。真の神に帰ることは、人間回復の土台です。

創造の神の信仰に対立する思想として進化論があります。進化論の経典ともいうべきダーウィンの『種の起源』が出版されたのは1859年であることを思うと、第一天使の使命は、最も適当な時期に伝えられた使命であることがわかります。またここにも終末を目前にして、キリストとサタンの大争闘の一環を見ることができます。

この使命は天使が大空を飛ぶ姿で示されているように非常にはやい速度で、しかも全世界のすみずみまで宣べ伝えられなければならない使命です。第一天使の使命が宣べ伝えられてからわずか100年あまりのうちに、現在ではほとんど全世界に宣べ伝えられるようになりました。これは近代文明の産物である交通・通信手段が発達し、文字通り「中空を飛ぶ」という預言が成就しています。

2. 第二天使の使命

「また、ほかの第二の御使が、続いてきて言った、『倒れた、大いなるバビロンは倒れた。その不品行に対する激しい怒りのぶどう酒を、あらゆる国民に飲ませた者』」

(ヨハネの黙示録14章8節)。

① バビ口ンの意昧

バビロンはメソポタミヤにあった古代の都市です。ノアの洪水のあと、神は再び洪水で世界を滅ぼすことはないと約束し、人間が広く地球上に分かれて住むように指示なさいましたが、神に従わない人々は、ユーフラテス河畔(かはん)のシナル平原にくだって、ここに都市を建設し、世界の驚異となるような巨大な高い塔を建てようと計画しました。彼らは神の約束を信じないで、神に反逆を企てたのです。しかし塔が完成する前に神は彼らの言葉を乱されたので、塔の建設は失敗に終わりました。この町はバベル(混乱の意)と呼ばれ、そこからバビロンという名前が出てきました。バビロンは始めから神に対する反逆の象徴だったのです。

その後、この地方を中心にして起こった新バビロニヤ帝国をはじめ、世界の大帝国はみなバベルの精神を受け継いだ異教国でした。そのためヨハネはバビロンという名前を、聖書の教える真理を離れ、神に従う者を迫害する堕落した宗教団体や宗教運動の総称として用いています。またぺテロの第1の手紙5章13節では、クリスチャンを迫害したローマがバビロンと呼ばれています。

現代バビロンの代表的なものとしては、古代バビロンから始まった多くの異教的伝説を取り入れて、キリスト教会を混乱に導いたカトリック教会をまずあげなければならないでしょう。そのほか、16世紀の宗教改革以後、カトリック教会の誤りを部分的には改革しても、なお聖書と一致しない教えを信じているプロテスタント(新教の諸教会)もバビロンです。その他広い意味では聖書を認めない多神教、偶像崇拝教、あらゆる形の心霊術などもバビロンのうちにはいります。

ただしここで注意すべきことは、バビロンというのは聖書に反する宗教組織であって、その中には多くの神に愛される人々がいるということです。

そのバビロンが倒れたというのは、再起できないほどに堕落してしまったという意味です。聖書の中で教会はキリストの花嫁といわれていますが、「不品行」というのは、結婚によって象徴されるキリストとの関係にはいった教会が、世俗や、国家権力と妥協して、不当な関係を結ぶことをきしています。

「激しい怒りのぶどう酒を、あらゆる国民に飲ませた者」というのは聖書から離れた混乱した教えを強制する存在を意味しています。このような強制は宗教と国家権力との結合によって起こります。

歴史的には第二天使の使命は、第一天使の使命を拒んだキリスト教会を警告するためにまず与えられました。もし1844年ごろのクリスチャンが、裁きの時が来たという使命を受けいれ、再臨の備えをしていたら、バビロン状態にはおちいらなかったはずでした。しかしこの使命を受け入れたのは少数で、多くの人々は第一天使の使命を拒否したので、続いて第二天使の使命が全世界に宣べ伝えられることになったのです。一般に新教の多くの教会は、完全に聖書の教えに帰ろうとせず、ますます世俗化の傾向を強め、やがて新教とカトリックと多神教が手をにぎって、神に逆らう大バビロンを形成する時がくると聖書は預言しています。このような偽りの宗教組織については次の課で研究することになっていますが、第二天使の使命はこのような宗教団体にも与えられている神よりのメッセージです。

② バビ口ンの偽りの教え

宗教的バビロンの本質は、神の言葉の純粋な真理を乱したことです。その偽りの教えの主なものをいくつかあげてみましょう。

A ) 教会の権威や伝承を聖書の上におく

B ) 日曜日の神聖化

C ) 霊魂不滅説 

霊魂不滅説は、人間は本来不死の魂を持っているという考えで、神だけが不死であって、人間はイエス・キリストによってのみ永遠の生命を与えられるという聖書の教えと全く相いれないものです。これはエデンの園で「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう」と言った悪魔の偽りの言葉と同じものです。

D ) 人間の行為による救い

多くの宗教は自分の力で救いを得ようとしています。キリスト教でも、たとえばローマのチャーチ・オブ・ホーリー・ステアーズという教会に行くと、人々が階段をひざまずいてのぼっています。その行為によって罪が赦されるというのです。中世紀にマルチン・ルターも、この階段をのぼっているとき「信仰による義人は生きる」という声を聞いて立ち上がり、人間の行為によって救いを得ようとすることの誤りと、キリストの十字架を信じることの必要を悟ったのです。

E ) ローマ法王は神の子の代理者である

F ) 法王無謬説(むびゅうせつ)

ローマ法王が、信仰道徳事項について、法王の座から語る場合にはその言葉には誤りがないという考え。

G ) 秘密携挙説や7年患難などキリストの再臨に関する誤った教え

H ) キリストの神性を認めない

現代のプロテスタントのある派では、キリストは被造物であると考えています。

第二天使の使命は、聖書の真理から離れているすべての人々に与えられた愛の警告です。

3. 第三天使の使命

「ほかの第三の御使が彼らに続いてきて、大声で言った、『おおよそ、獣とその像とを拝み、額や手に刻印を受ける者は、神の怒りの杯に混ぜものなしに盛られた、神の激しい怒りのぶどう酒を飲み、聖なる御使たちと小羊との前で、火と硫黄とで苦しめられる。その苦しみの煙は世々限りなく立ちのぼり、そして、獣とその像とを拝む者、また、だれでもその名の刻印を受けている者は、昼も夜も休みが得られない。ここに、神の戒めを守り、イエスを信じる信仰を持ちつづける聖徒の忍耐がある』」(ヨハネの黙示録14章9節―12節)。

ここにのべられている使命は、「獣やその像を拝み、その刻印を額や手にうける者に、神よりのきびしい刑罰がのぞむこと」を宣言しています。この「獣」「獣の像」「獣の刻印(マーク、しるしのこと)というのは何でしょうか。

これを研究するにはヨハネの黙示録13章を学ばなければなりません。そこに獣とその像とその刻印についての預言があります。

① 獣と獣の像

この獣は、ローマ・カトリック教会を表わしています(このことについては次の課をごらん下さい)。この獣の特徴は、宗教と国家権力が結びついていることで、獣の像というのはこれと同じ特徴を持つものが出現することを意味しています。黙示録13章によると、これはアメリカ合衆国において起こることが預言されています。アメリカにおける背教的なプロテスタントが、国家権力と結びついて、この像を作り、

「すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした」

(ヨハネの黙示録13章16節、17節)

とあります。

② 獣の刻印

きびしい神の刑罰がくだることになる獣の刻印は、何か非常にはっきりした、確定的なものでなければなりませんし、神に反逆するものにちがいありません。これに対して、聖書には神の印(しるし)という言葉があります。これは第26課で学んだエゼキエル書20章12節によると、安息日をさしています。創造は真の神と他の神々を区別するものであり、人間の救いも同じ創造の力によって実現されるので、創造の記念日である安息日は、神の印と呼ばれているのです。そうするとこれに対抗する印とは日曜日ということになります。日曜日はカトリック教会が、その権威によって定めた礼拝日で、カトリック教会またはその代表であるローマ法王のしるしということができます。

アメリカ合衆国ではすでにいくつかの州で日曜休業令が出され、法律によって獣のしるしである日曜日を強制する方向へ進んでいます。この、しるしを額に受けるというのは納得して日曜日を聖日として守ることであり、手に受けるというのは強制されて守ることを意味します。

第三天使の使命の聖句を見ると、悪人たちの刑罰は永遠に続くようですが、聖書の他の場所も参照すると、この言葉は完全な滅亡を意味するもので、罪人が永久に苦しめられるということではありません。

この使命の最後は「神の戒めを守ること」「イエスを信じる信仰をもちつづける忍耐」を強調しています。困難があっても忍耐して、キリストを救い主として受け入れる信仰を継続していくことが大切です。

三天使の使命は、第一天使の使命が終わってから第二天使の使命が始まるのではなく、初めの天使の使命を拒否したために、第二天使の使命が加えられ、さらに第三使の使命と次々に重なって、同時に全世界に宣伝されるのです。それでこれを三重の使命といいます。この三重の使命は、キリスト再臨前に与えられる最後の警告の使命で、今はこの使命を受けいれるべき恵みの時です

キリストの助けによって神の戒めを守り、イエスを信じる信仰を持ち続けることは、クリスチャンにとって非常に大切な経験です。この経験を確かなものとして、キリストをお迎えする準備をしなければなりません。

③ バビ口ンを出でよ

「この後、わたしは、もうひとりの御使が、大いなる権威を持って、天から降りて来るのを見た。地は彼の栄光によって明るくされた。彼は力強い声で叫んで言った、『倒れた、大いなるバビロンは倒れた。そして、それは悪魔の住む所、あらゆる汚れた霊の巣くつ、また、あらゆる汚れた憎むべき鳥の巣くつとなった』」

(ヨハネの黙示録18章1節、2節)。

これは第二天使の使命と同じ内容ですが、三天使の使命に続いて与えられるもので

「わたしはまた、もうひとつの声が天から出るのを聞いた、『わたしの民よ。彼女から離れ去って、その罪にあずからないようにし、その災害に巻き込まれないようにせよ』」

(ヨハネの黙示録18章4節)

という言葉が続いています。大いなるバビロンと呼ばれている宗教団体の教理は間違っていても、その中には真実で神に従う熱心な信仰の持ち主がまだたくさんおられます。この第四番目の天使の使命は、神が一人の滅びも喜ばれず、あわれみのうちになされる最後の招きの声です。

このような神の呼びかけに、あなたはどうお答えになるでしょうか。ほんとうに「今は恵みの時、今は救の日」です。救いの扉が閉ざされる前に、神に従う決心をすべき時です。

≪希望の言葉≫

それからまた、もう1人の力の強い天使が、地上へくだって第三天使と声をあわせ、その使命に力と勢いを与えるように、任務を受けているのが見られた。この天使には大いなる力と栄光がさずけられた。彼がくだっていくと、地上はその栄光に照らされた。この天使が強い声で、「倒れた、大いなるバビロンは倒れた。そして、それは悪魔の住む所、あらゆる汚れた霊の巣くつ、また、あらゆる汚れた憎むべき鳥の巣くつとなった」と力をこめて叫んだ時、彼をとりまいていた光は四方を照らした。第2の天使によって与えられた、バビロンが倒れたという使命は、1844年以来教会に入りこんでいる堕落についての警告がつけ加えられて、くりかえされている。この天使の働きは、最後の大いなる働きにおいて第三天使の使命が大いなる叫びとなってもりあがるちょうどその時に始められる。神の民はこのようにして、まもなく会わねばならない誘惑の時に立つ準備ができるのである。わたしは、彼らの上に大いなる光がとどまり、彼らが恐れる色なく、第三天使の使命の宣布に協力しているのを見た。

大いなる力をもったこの天使をたすけるために、天から天使たちがつかわされた。そして「わたしの民よ。彼女から離れ去って、その罪にあずからないようにし、その災害に巻き込まれないようにせよ。彼女の罪は積り積って天に達しており、神はその不義の行いを覚えておられる」と叫んでいる声が、いたるところに聞かれた。 ・・・

待ち望んでいる人々の上にそそがれていた光は、至る所に輝きわたった。諸教会の中で、幾らかでも光を持っている人々や、三重の使命を聞いてこれを拒まなかった人々は、呼び声に応じて、堕落した教会を離れた。この三重の使命が与えられてから、責任を負う年ごろに成人した者が多かった。光は彼らの上を照らし、彼らは生か死かをえらぶ特権にめぐまれた。ある者は生をえらんで、主を待ち望んでそのすべての戒めを守っている人々の側に立った。第三天使の使命はその働きをしなければならなかった。全部の者がこの使命によって試みられ、とうとい者たちが宗教団体から呼び出されるはずだった。正直な人たちは、やむにやまれぬ力に動かされた。

                   (初代文集より)

タイトルとURLをコピーしました