【聖句から学ぶ聖書】第32課 キリストの苦難(Sufferings of Christ)

聖句から学ぶ聖書
この記事は約7分で読めます。

第32課 キリストの苦難(Sufferings of Christ)

1.なぜイエス様はこの世に来られましたか?

「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世にきて下さった」という言葉は、確実で、そのまま受けいれるに足るものである。わたしは、その罪人のかしらなのである。

第一テモテ1:15

2.神様は人々が永遠の命を得るためにどのようなことをしてくださいましたか? それはなぜですか?

神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。

ヨハネによる福音書3:16

3.預言者は苦しみと忍耐をされる救い主をどのように描写していますか?

彼はしえたげられ、苦しめられたけれども、口を開かなかった。ほふり場にひかれて行く小羊のように、また毛を切る者の前に黙っている羊のように、口を開かなかった。彼は暴虐なさばきによって取り去られた。その代の人のうち、だれが思ったであろうか、彼はわが民のとがのために打たれて、生けるものの地から断たれたのだと。

イザヤ書53:7-8

4.イエス様はご自分の将来の運命について理解しておられましたか?

必ずこの時代ではその幾倍もを受け、また、きたるべき世では永遠の生命を受けるのである。イエスは十二弟子を呼び寄せて言われた、「見よ、わたしたちはエルサレムへ上って行くが、人の子について預言者たちがしるしたことは、すべて成就するであろう。人の子は異邦人に引きわたされ、あざけられ、はずかしめを受け、つばきをかけられ、また、むち打たれてから、ついに殺され、そして三日目によみがえるであろう」。

ルカによる福音書18:30-33

5.イエス様のゲッセマネでの悲しみと苦悩の原因は何でしたか?

そしてペテロとゼベダイの子ふたりとを連れて行かれたが、悲しみを催しまた悩みはじめられた。そのとき、彼らに言われた、「わたしは悲しみのあまり死ぬほどである。ここに待っていて、わたしと一緒に目をさましていなさい」。

マタイによる福音書26:37-38

6.ゲッセマネの苦悩の中で、イエス様はどのように祈られましたか?

そして少し進んで行き、うつぶしになり、祈って言われた、「わが父よ、もしできることでしたらどうか、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの思いのままにではなく、みこころのままになさって下さい」。

マタイによる福音書26:39

7.イエス様の苦悩の大きさについて聖書はどのように描写していますか?

イエスは苦しみもだえて、ますます切に祈られた。そして、その汗が血のしたたりのように地に落ちた。

ルカによる福音書22:44

8.このような驚くべき祈りの後に、イエス様をさらに悲しませるどのようなことが起きましたか?

イエスがまだそう言っておられるうちに、そこに群衆が現れ、十二弟子のひとりでユダという者が先頭に立って、イエスに接吻しようとして近づいてきた。そこでイエスは言われた、「ユダ、あなたは接吻をもって人の子を裏切るのか」。

ルカによる福音書22:47-48

9.人々はイエス様をどこに連れて行きましたか?

それから人々はイエスを捕え、ひっぱって大祭司の邸宅へつれて行った。ペテロは遠くからついて行った。

ルカによる福音書22:54

10.大祭司の家で、ペテロのどんな行動がイエス様をより苦しめましたか?

約一時間たってから、またほかの者が言い張った、「たしかにこの人もイエスと一緒だった。この人もガリラヤ人なのだから」。ペテロは言った、「あなたの言っていることは、わたしにわからない」。すると、彼がまだ言い終らぬうちに、たちまち、鶏が鳴いた。主は振りむいてペテロを見つめられた。そのときペテロは、「きょう、鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われた主のお言葉を思い出した。

ルカによる福音書22:59-61

11.大祭司の家で、人々はイエス様にどのようなひどいことをしましたか?

イエスを監視していた人たちは、イエスを嘲弄し、打ちたたき、目かくしをして、「言いあててみよ。打ったのは、だれか」ときいたりした。

ルカによる福音書22:63-64

12.その後、イエス様をどこに連れて行きましたか? それはなぜでしたか?

夜が明けたとき、人民の長老、祭司長たち、律法学者たちが集まり、イエスを議会に引き出して言った-(彼らだけではイエス様を有罪にできなかったからです)

ルカによる福音書22:66 

13.イエス様を有罪にするためにどのような質問が出されましたか? その結果イエス様はどうなりましたか?

彼らは言った、「では、あなたは神の子なのか」。イエスは言われた、「あなたがたの言うとおりである」。すると彼らは言った、「これ以上、なんの証拠がいるか。われわれは直接彼の口から聞いたのだから」。

ルカによる福音書22:70-71

14.彼らが得た有罪の証拠を持って、次に彼らは何をしましたか?

群衆はみな立ちあがって、イエスをピラトのところへ連れて行った。

ルカによる福音書23:1

15.ピラトがキリストを許そうとした時、人々はどのように抗議しましたか?

ところが彼らは、ますます言いつのってやまなかった、「彼は、ガリラヤからはじめてこの所まで、ユダヤ全国にわたって教え、民衆を煽動しているのです」。

ルカによる福音書23:5

16.ピラトはキリストがガリラヤにいたという言葉を聞いて、どうしましたか?

そしてヘロデの支配下のものであることを確かめたので、ちょうどこのころ、ヘロデがエルサレムにいたのをさいわい、そちらへイエスを送りとどけた。

ルカによる福音書23:7

17.祭司長たちや律法学者たちはヘロデのところでどうしましたか?

祭司長たちと律法学者たちとは立って、激しい語調でイエスを訴えた。

ルカによる福音書23:10

18.ヘロデはイエス様にどんなことをしましたか?

またヘロデはその兵卒どもと一緒になって、イエスを侮辱したり嘲弄したりしたあげく、はなやかな着物を着せてピラトへ送りかえした。

ルカによる福音書23:11

19.キリストが再びピラトの前に来た時、彼は何を提案しましたか?

ピラトは三度目に彼らにむかって言った、「では、この人は、いったい、どんな悪事をしたのか。彼には死に当る罪は全くみとめられなかった。だから、むち打ってから彼をゆるしてやることにしよう」。ルカによる福音書23:22

20.このような提案にキリストを告訴した者たちはどのように行動しましたか?

ところが、彼らは大声をあげて詰め寄り、イエスを十字架につけるように要求した。そして、その声が勝った。

ルカによる福音書23:23

21.ユダヤ人たちの叫びに答えてピラトはイエス様に対してどのような残忍な行動をとりましたか?

そこでピラトは、イエスを捕え、むちで打たせた。

ヨハネによる福音書19:1

22.イエス様は兵卒たちからどのような恥ずかしい扱いを受けましたか?

また、いばらで冠を編んでその頭にかぶらせ、右の手には葦の棒を持たせ、それからその前にひざまずき、嘲弄して、「ユダヤ人の王、ばんざい」と言った。また、イエスにつばきをかけ、葦の棒を取りあげてその頭をたたいた。

マタイによる福音書27:29-30

23.キリストが十字架につけられた時、兵卒たちは麻酔のために何を与えようとしましたか?

彼らはにがみをまぜたぶどう酒を飲ませようとしたが、イエスはそれをなめただけで、飲もうとされなかった。

マタイによる福音書27:34

24.イエス様は十字架上で、どのような祈りをされました?

そのとき、イエスは言われた、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」。人々はイエスの着物をくじ引きで分け合った。

ルカによる福音書23:34

25.人々は十字架のイエス様をどのような言葉で嘲笑しましたか?

祭司長たちも同じように、律法学者、長老たちと一緒になって、嘲弄して言った、「他人を救ったが、自分自身を救うことができない。あれがイスラエルの王なのだ。いま十字架からおりてみよ。そうしたら信じよう。

マタイによる福音書27:41-42

26.イエス様が十字架で苦痛のために叫ばれた時、再び何が提供されましたか?

するとすぐ、彼らのうちのひとりが走り寄って、海綿を取り、それに酢いぶどう酒を含ませて葦の棒につけ、イエスに飲ませようとした。

マタイによる福音書27:48

27.イエス様は死の瞬間何と言われましたか?

すると、イエスはそのぶどう酒を受けて、「すべてが終った」と言われ、首をたれて息をひきとられた。

ヨハネによる福音書19:30

28.イエス様がなくなられた時、自然界と聖所はどうなりましたか?

時はもう昼の十二時ごろであったが、太陽は光を失い、全地は暗くなって、三時に及んだ。そして聖所の幕がまん中から裂けた。

ルカによる福音書23:44-45

29.このようなイエス様の苦痛は何のためでしたか?

なぜなら、万物の帰すべきかた、万物を造られたかたが、多くの子らを栄光に導くのに、彼らの救の君を、苦難をとおして全うされたのは、彼にふさわしいことであったからである。へブル人への手紙2:10

30.神様がその一人子をさえ与えられた事実には他に何が伴いますか?

ご自身の御子をさえ惜しまないで、わたしたちすべての者のために死に渡されたかたが、どうして、御子のみならず万物をも賜わらないことがあろうか。ローマ人への手紙8:32

タイトルとURLをコピーしました