【聖句から学ぶ聖書】第29罪のない生涯(A Sinless Life)

聖句から学ぶ聖書
この記事は約4分で読めます。

第29罪のない生涯(A Sinless Life)

1.地上でのキリストの全生涯はどのようなものでしたか?

キリストは罪を犯さず、その口には偽りがなかった。

第一ペテロ2:22

2.すべての人の実際の姿はどのようなものだと聖書は言っていますか?

すなわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており-

ローマ人への手紙3:23

3.キリストは反対者たちにどのような質問で立ち向かわれましたか?

あなたがたのうち、だれがわたしに罪があると責めうるのか。わたしは真理を語っているのに、なぜあなたがたは、わたしを信じないのか。

ヨハネによる福音書8:46

4.キリストはどのような試練にあわれましたか?

この大祭司は、わたしたちの弱さを思いやることのできないようなかたではない。罪は犯されなかったが、すべてのことについて、わたしたちと同じように試錬に会われたのである。

へブル人への手紙4:15

5.人となられたキリストの人性とはどのようなものでしたか?

このように、子たちは血と肉とに共にあずかっているので、イエスもまた同様に、それらをそなえておられる。それは、死の力を持つ者、すなわち悪魔を、ご自分の死によって滅ぼし-

へブル人への手紙2:14

6.キリストはどのぐらい完全に私たちと同じ人性を共有されましたか?

そこで、イエスは、神のみまえにあわれみ深い忠実な大祭司となって、民の罪をあがなうために、あらゆる点において兄弟たちと同じようにならねばならなかった。

へブル人への手紙2:17

ノート: 人となられたキリストは私たちの弱く堕落した本性を備えておられました。もしそうでなければ、キリストは「自分の兄弟たちと同じように」なられたのではなく、「私たちと全く同じ試練を受けら」れたのでもありません。私たちが勝たなければならないように(同じ形で=訳注)勝たれたのでなければ、キリストは罪から救われなければならない人間が必要とする、欠けたところのない完全な救い主ではなくなります。キリストが欠点と罪のない母から誕生されたので、罪深い性質を受け継ぐことなく、そのために罪を犯されなかったという考えは、キリストの助けを必要とするまさにその場所である堕落した世の領域から、キリストを除外してしまうものです。キリストは人としての側面において、アダムのすべての子孫が受け継ぐものである罪深い性質(a sinful nature)を受け継がれました。またキリストは、神様としての側面において、聖霊によって妊娠され誕生されました。このようなことは人類を有利な立場に置くためになされたことであり、その全く同じ方法で聖霊によって生まれた者は誰でも、その人の罪深い肉(sinful flesh)の中で罪に勝利することができることを見せてくださるためでした。従って人はだれでもキリストが勝利されたように勝利することができるのです(黙示録3:21)。このような誕生(聖霊によって新しく生まれること)をすることなく誘惑に勝つことができる者は誰もいませんし、罪の力から救いを得ることができる者はいません(ヨハネ3:3-7)。

7.キリストが罪の肉の様でこられたのは何のためでしたか。

律法が肉により無力になっているためになし得なかった事を、神はなし遂げて下さった。すなわち、御子を、罪の肉の様で罪のためにつかわし、肉において罪を罰せられたのである。

ローマ人への手紙8:3

ノート:神様はキリストの中にあって罪を処罰(condemned sin)されました。それは単純に裁判席に座った裁判官として罰を宣言されたのではなく、罪深い肉(in sinful flesh)によって来られて、その中で生きられ、罪を犯さないことによって罪を処罰されたのです。キリストは神様の恵みと力によって誘惑を拒絶し、罪に勝ち、罪深い肉(sinful flesh)の中でも罪のない生涯が可能であるということを見せて下さいました。

8.キリストはどなたの力によって完全な生涯を生きられましたか?

わたしは、自分からは何事もすることができない。ただ聞くままにさばくのである。そして、わたしのこのさばきは正しい。それは、わたし自身の考えでするのではなく、わたしをつかわされたかたの、み旨を求めているからである。

ヨハネによる福音書5:30

わたしが父におり、父がわたしにおられることをあなたは信じないのか。わたしがあなたがたに話している言葉は、自分から話しているのではない。父がわたしのうちにおられて、みわざをなさっているのである。

ヨハネによる福音書14:10

ノート: 人として来られたキリストは、完全に神様の力に依存し神様のみわざを行なわれたので、誰でも同じ方法で同じことを行なうことができるのです。キリストは、聖なる人生を生きるために、人が用いることができない特別な力を用いられたことはありませんでした。キリストを通して全ての人は神様がその人のうちに住んでくださるようになることができ、「あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせ」(ピリピ人への手紙2:13)てくださる神様の中でわざをすることができます。(第一ヨハネ4:15)

9.イエス様の地上生涯はどのようなものでしたか?

わたしが天から下ってきたのは、自分のこころのままを行うためではなく、わたしをつかわされたかたのみこころを行うためである。

ヨハネによる福音書6:38
タイトルとURLをコピーしました