【聖句から学ぶ聖書】第50課 教会の預言的働き

聖句から学ぶ聖書
この記事は約10分で読めます。

第50課 教会の預言的働き

[黙示録の七つの教会]

≪ヨハネの黙示録のメッセージ≫

1.聖書の最後の書のタイトルは何ですか?

イエス・キリストの黙示。

ヨハネの黙示録1:1

2.黙示されたことは誰に属しますか?

隠れた事はわれわれの神、主に属するものである。しかし表わされたことは長くわれわれとわれわれの子孫に属し、われわれにこの律法のすべての言葉を行わせるのである。

申命記29:29

3.ヨハネの黙示録はどのような目的で与えられましたか?

イエス・キリストの黙示。この黙示は、神が、すぐにも起るべきことをその僕たちに示すためキリストに与え、そして、キリストが、御使をつかわして、僕ヨハネに伝えられたものである。

ヨハネの黙示録1:1

4.ヨハネの黙示録によるとどのような大きなことが差し迫っていますか?

見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。しかり、アァメン。

ヨハネの黙示録1:7

ノート: ヨハネの黙示録はイエス様の再臨というタイトルで始まって終わるだけでなく、再臨の前後に起きる全人類を巻き込む重大な事件についての預言が書かれています。

5.ヨハネの黙示録を学ぶ上で大切な3つの点は何ですか?

この預言の言葉を朗読する者と、これを聞いて、その中に書かれていることを守る者たちとは、さいわいである。時が近づいているからである。

ヨハネの黙示録1:3

≪七つの教会≫

6.ヨハネの黙示録は誰に対して書かれたものですか?

ヨハネからアジヤにある七つの教会へ。今いまし、昔いまし、やがてきたるべきかたから、また、その御座の前にある七つの霊から-

ヨハネの黙示録1:4

7.この七つの教会の名前は何でしたか?

その声はこう言った、「あなたが見ていることを書きものにして、それをエペソ、スミルナ、ペルガモ、テアテラ、サルデス、ヒラデルヒヤ、ラオデキヤにある七つの教会に送りなさい」。

ヨハネの黙示録1:11

ノート: 「アジヤにある七つの教会」に送られたヨハネの手紙は、アジヤにあったローマの属州に住んでいるクリスチャンたちに与えられました。このメッセージは、ヨハネ当時のこれらの教会の真の状態を描写し、それぞれの必要に対してもっとも適した勧告が語られています。しかし実際には、アジヤには七つの教会よりももっと多くの教会がありました。また、明白に象徴的な意味が込められている「七」という数字が、ヨハネの黙示録に繰り返し出てくることから、この七つの教会とは、地域や時代を超えてキリストの初臨の時から再臨の時まで続く教会の七つの時代や状態に適用できると理解しなければなりません。聖書では七という数字が象徴的に使われる時は、完全を表すと理解できます。歴史を研究してみると、この黙示録のメッセージは本当にキリスト教の全歴史を七つの時代に区分した、それぞれの時代に適用できることが分かります。

トーマス・ニュートンは、彼自身はこの立場を支持しませんでしたが「多くの人々-その中にはモア(More)とビリンガー(Viringa)のような学者たちもいるが-この七つの手紙はその始まりから終末まで教会の連続する多くの時期と状態を預言するものだ」と言いました。-Dissertations of the Prophecies(1804 ed.),Vol.2.p.167.

各教会に適した訓戒と勧告と警告とともに、これらの教会の良い資質と失敗が指摘されているのですが、そのあらゆることは同様にクリスチャン個人の経験にも適用できます。

8.教会の最初の状態を何という都市名で表しましたか?

エペソにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。

ヨハネの黙示録2:1

ノート: エペソは初代教会時代の教会の特徴と状況を適切に象徴しています。その時、信徒たちは純粋にキリストの真理を受け入れ、聖霊の賜物の祝福を受けました。このメッセージは使徒たちが生存していた時代の教会に適用されます。[See Uriah Smith,The Prophecies of Daniel and the Revelation(rev.ed.),pp.361~368]

9.彼らの善行について称賛したあと、主はどのような叱責をされましたか?

しかし、あなたに対して責むべきことがある。あなたは初めの愛から離れてしまった。そこで、あなたはどこから落ちたかを思い起し、悔い改めて初めのわざを行いなさい。もし、そうしないで悔い改めなければ、わたしはあなたのところにきて、あなたの燭台をその場所から取りのけよう。

ヨハネの黙示録2:4,5

ノート:「初めの愛」は真理に対する愛であり、それをほかの人々に知らせようとする熱望です。「初めのわざ」はこの愛の実です。

10.教会の第二番目の状態にはどのような名前が与えられましたか?

スミルナにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『初めであり、終りである者、死んだことはあるが生き返った者が、次のように言われる』。

ヨハネの黙示録2:8

ノート: ある人々はスミルナという名前を「没薬」あるいは「甘いにおいがする香り」を意味すると考えています。スミルナ教会に与えられたメッセージは神様の多くの聖徒たちが2世紀から4世紀初めにかけて、異教ローマの下で殉教に遭った時期に適用することができます。

11.ここに言及された期間が過ぎると、教会の患難はどのように終結しますか?

あなたの受けようとする苦しみを恐れてはならない。見よ、悪魔が、あなたがたのうちのある者をためすために、獄に入れようとしている。あなたがたは十日の間、苦難にあうであろう。死に至るまで忠実であれ。そうすれば、いのちの冠を与えよう。

ヨハネの黙示録2:10

ノート: 異教ローマ時代の最も激しい迫害はA.D.303年から313年まで続いたディオクレティアヌス皇帝統治の迫害でした。

12.教会の第3番目の状態にはどのような名前が与えられましたか?

ペルガモにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。「鋭いもろ刃のつるぎを持っているかたが、次のように言われる」。

ヨハネの黙示録2:12

ノート: 高い丘の上にたてられたペルガモは、コンスタンティヌス皇帝の改宗に続いてその権力の座がローマに置かれたことで教皇権が樹立された時期を適切に表します。この時期の間、以前には「枕するところがなかった教会が国家の最高権威に浮上し、異教の祭司職の特権を占有し、豊かになって勢力を得ました」。しかし同時に「教会はそのふところに世と異教から莫大な量の異質的な要素を受け入れました」-Philip Schaff,History of the Christian Church,Vol.3,(Scribners,1902 ed.),p.5.

この頃キリスト教の中に入ってきた異教の習慣や思想の中には、異教の祭日である日曜日(太陽の日)があり、法律によって週の第一日目が聖書の安息日の代わりになる結果をもたらしました。

13.この教会の忠誠についてどのような称賛が与えられましたか?

わたしはあなたの住んでいる所を知っている。そこにはサタンの座がある。あなたは、わたしの名を堅く持ちつづけ、わたしの忠実な証人アンテパスがサタンの住んでいるあなたがたの所で殺された時でさえ、わたしに対する信仰を捨てなかった。

ヨハネの黙示録2:13

ノート: 「アンテパス」は個人名というより、死に至るまで忠実な人々を表すと信じる理由があります。なぜならそのような人物について、信頼できる確実な情報が初代教会の歴史に見当たらないからです。

14.教会の第4番目の状態についてはどのような名前が与えられましたか?

テアテラにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『燃える炎のような目と光り輝くしんちゅうのような足とを持った神の子が、次のように言われる。

ヨハネの黙示録2:18

ノート: テアテラは長く暗かった教皇権の至上権時代の1260年の預言と関連した迫害期間に生きた神様の民の状態を象徴します。その期間に、数百万名に及ぶ神様の聖徒たちが、邪悪な人々と悪魔が考案することができた最も残忍な方法で殺されました。キリストはマタイによる福音書24章の驚くべき預言でこの時期を次のように言及されました。「その時には、世の初めから現在に至るまで、かつてなく今後もないような大きな患難が起るからである。もしその期間が縮められないなら、救われる者はひとりもないであろう。しかし、選民のためには、その期間が縮められるであろう」(21,22節)。1260年の患難期間はは宗教改革の影響によって短縮されました。

15.神様は迫害を受ける者たちのためにどのような約束をされましたか?

ただ、わたしが来る時まで、自分の持っているものを堅く保っていなさい。勝利を得る者、わたしのわざを最後まで持ち続ける者には、諸国民を支配する権威を授ける。彼は鉄のつえをもって、ちょうど土の器を砕くように、彼らを治めるであろう。それは、わたし自身が父から権威を受けて治めるのと同様である。

ヨハネの黙示録2:25~27

16.教会の第5番目の状態はどのような名前で呼ばれましたか?

サルデスにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『神の七つの霊と七つの星とを持つかたが、次のように言われる。わたしはあなたのわざを知っている。すなわち、あなたは、生きているというのは名だけで、実は死んでいる』。

ヨハネの黙示録3:1

ノート: サルデスは「目をさましていて、死にかけている残りの者たちを力づけなさい。」(2節)という戒めを受けました。この時代には神様の民が直面した大きな患難は終わりました。しかし神様の民が生き残ることになったのは、ただ宗教改革の結果でした(マタイによる福音書24:21,22とテアテラ教会についてのノート参照)。サルデス教会は宗教改革時代と続く時代の間改革された教会を代表していると理解することができます。

17.第6番目の教会にはどのような愛すべき名前が与えられましたか?

ヒラデルヒヤにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『聖なる者、まことなる者、ダビデのかぎを持つ者、開けばだれにも閉じられることがなく、閉じればだれにも開かれることのない者が、次のように言われる。

ヨハネの黙示録3:7

ノート: ヒラデルヒヤは「兄弟愛」を意味します。この時代に対して与えられたメッセージは18世紀後半から1844年の「さばきの時」の始まりまで、再臨に対する大きな覚醒があった期間の教会に適用されます。

18.この教会に与えられたどのような言葉が再臨が近いことを示しますか?

わたしは、すぐに来る。あなたの冠がだれにも奪われないように、自分の持っているものを堅く守っていなさい。

ヨハネの黙示録3:11

19.最後の教会に与えられたキリストのメッセージは何ですか?

ラオデキヤにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『アァメンたる者、忠実な、まことの証人、神に造られたものの根源であるかたが、次のように言われる。わたしはあなたのわざを知っている。あなたは冷たくもなく、熱くもない。むしろ、冷たいか熱いかであってほしい。このように、熱くもなく、冷たくもなく、なまぬるいので、あなたを口から吐き出そう。あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸な者であることに気がついていない。そこで、あなたに勧める。富む者となるために、わたしから火で精錬された金を買い、また、あなたの裸の恥をさらさないため身に着けるように、白い衣を買いなさい。また、見えるようになるため、目にぬる目薬を買いなさい。すべてわたしの愛している者を、わたしはしかったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって悔い改めなさい。

ヨハネの黙示録3:14~19

ノート: ある人々はラオデキヤという言葉は「民を審判すること」と言います。この教会はキリスト再臨前に最後の警告のメッセージを宣布する時代に存在します(ヨハネの黙示録14:6~16参照)。この時代は歴史の最終時代についての大きな使命が与えられていますが、真の敬虔と忠誠心がほとんどない時代です。

≪救い主の招待≫

20.この教会にはどのような憐みに満ちた勧めが与えられましたか?

見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。

ヨハネの黙示録3:20

ノート: 七つの教会への鋭く厳粛なメッセージは、あらゆる時代のクリスチャンのための戒めと勧告と警告の最も重要な教訓を含んでいます。これらの預言(ヨハネの黙示録2:7,11,17,26~28;3:5,12,21)に書かれた勝利する者に与えられる七つの約束は、ヨハネの黙示録21:7の八つ目、あるいは普遍的な約束と共に、大切で慰めと励ましになる約束です。

タイトルとURLをコピーしました