【聖句から学ぶ聖書】上級編 第4課 命を与える言葉

聖句から学ぶ聖書
この記事は約4分で読めます。

第4課 命を与える言葉

1.神様の言葉はどれほど強力なものですか?

というのは、神の言は生きていて、力があり、もろ刃のつるぎよりも鋭くて、精神と霊魂と、関節と骨髄とを切り離すまでに刺しとおして、心の思いと志とを見分けることができる。へブル人への手紙4:12

2.ペテロはキリストの言葉について何と言いましたか?

シモン・ペテロが答えた、「主よ、わたしたちは、だれのところに行きましょう。永遠の命の言をもっているのはあなたです」。ヨハネによる福音書6:68

3.イエス様は父の命令に対して何と言われましたか?

わたしは、この命令が永遠の命であることを知っている。ヨハネによる福音書12:50

4.神様が与えられたマナはどのような重要な教訓を与えるものでしたか?

それで主はあなたを苦しめ、あなたを飢えさせ、あなたも知らず、あなたの先祖たちも知らなかったマナをもって、あなたを養われた。人はパンだけでは生きず、人は主の口から出るすべてのことばによって生きることをあなたに知らせるためであった。申命記8:3

5.私たちは御言葉を喜びとするためにどうしなければなりませんか?

わたしはみ言葉を与えられて、それを食べました。み言葉は、わたしに喜びとなり、心の楽しみとなりました。万軍の神、主よ、わたしは、あなたの名をもってとなえられている者です。エレミヤ書15:16

6.人間はパンだけでなく何によって生きるのですか?

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。マタイによる福音書4:4

7.イエス様の本当の食物とは何でしたか?

イエスは彼らに言われた、「わたしの食物というのは、わたしをつかわされたかたのみこころを行い、そのみわざをなし遂げることである」。ヨハネによる福音書4:34

8.イエス様は初めどのような方と呼ばれていましたか?

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。ヨハネによる福音書1:1

彼は血染めの衣をまとい、その名は「神の言」と呼ばれた。ヨハネの黙示録19:13

9.この神の言葉がどのようになりましたか?

そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた。ヨハネによる福音書1:14

10.言葉であるイエス様には何がありましたか?

この言に命があった。そしてこの命は人の光であった。ヨハネによる福音書1:4

11.そこでイエス様は何と呼ばれましたか?

初めからあったもの、わたしたちが聞いたもの、目で見たもの、よく見て手でさわったもの、すなわち、いのちの言について。第一ヨハネ1:1

12.命のパンであるイエス様を食する者はどうなりますか?

イエスは彼らに言われた、「わたしが命のパンである。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決してかわくことがない」。ヨハネによる福音書6:35

13.いのちのパンを食する人には最終的に何が与えられますか?

生ける父がわたしをつかわされ、また、わたしが父によって生きているように、わたしを食べる者もわたしによって生きるであろう。天から下ってきたパンは、先祖たちが食べたが死んでしまったようなものではない。このパンを食べる者は、いつまでも生きるであろう。ヨハネによる福音書6:57,58

14.人を生かす霊とは何ですか?

人を生かすものは霊であって、肉はなんの役にも立たない。わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、また命である。ヨハネによる福音書6:63

イエス様の肉を食べるというのは、イエス様の御言葉によって生きることです。深い霊感と洞察を与えるある著者は次のように言っています。「信仰によって、言葉を受け入れる者は、神の命と品性そのものを受けているのである」。(『キリストのたとえ話』20p)

15.神様は私たちに何を味わわせようとしておられますか?

また、神の良きみ言葉と、きたるべき世の力とを味わった者たちが。へブル人への手紙6:5(参考エレミヤ書15:16)

16.御言葉によって私たちは何を味わい知ることになりますか?

主の恵みふかきことを味わい知れ、主に寄り頼む人はさいわいである。詩篇34:8

17.神様は毎日このパンを求めることを望まれますか?

わたしたちの日ごとの食物を、きょうもお与えください。マタイによる福音書6:11

「言は肉体となり、わたしたちのうちに宿」(ヨハネ1:14)られました。神様の御心が人間の肉体を通して現されました。また聖なる人々が、聖霊に感じて書いた御言葉を通して、神様は人間の言葉の中に現されました。肉において現れた神様の御心の表現であるイエス様と人間の結合は敬虔な神秘であり、神様の御心が人間の言葉と結合したこともやはり神秘です。人間の肉体と人間の言葉を通して現された神様の啓示は両者とも「神様の言葉」と呼ばれ、人に生きる命と永遠の命を与えるものです。

タイトルとURLをコピーしました