【聖句から学ぶ聖書】上級編 第6課 創造物と創造主(Creation and the Creator)

聖句から学ぶ聖書
この記事は約5分で読めます。

第6課 創造物と創造主(Creation and the Creator)

1.天と地を創造された方はどなたですか?

はじめに神は天と地とを創造された。

創世記1:1

ノート:この聖句には、神様は存在しないと主張する無神論者から、神はたくさん存在するという多神論者に至るまでの、あらゆる形の誤謬に対する聖書の挑戦があります。この聖書は神様の本です。

2.神様はどんな方法で天と地が存在するようにされましたか?

もろもろの天は主のみことばによって造られ、天の万軍は主の口の息によって造られた。主は海の水を水がめの中に集めるように集め、深い淵を倉におさめられた。全地は主を恐れ、世に住むすべての者は主を恐れかしこめ。主が仰せられると、そのようになり、命じられると、堅く立ったからである。

詩篇33:6-9

3.神様は誰を通して世界の全てのものを創造されましたか?

万物は、天にあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、位も主権も、支配も権威も、みな御子にあって造られたからである。これらいっさいのものは、御子によって造られ、御子のために造られたのである。

コロサイ人への手紙1:16

すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。

ヨハネによる福音書1:3

更にまた、万物の造り主である神の中に世々隠されていた奥義にあずかる務がどんなものであるかを、明らかに示すためである。

エペソ人への手紙3:9

神は、むかしは、預言者たちにより、いろいろな時に、いろいろな方法で、先祖たちに語られたが、この終りの時には、御子によって、わたしたちに語られたのである。神は御子を万物の相続者と定め、また、御子によって、もろもろの世界を造られた。

へブル人への手紙1:1,2

天を創造された主、すなわち神であってまた地をも造り成し、これを堅くし、いたずらにこれを創造されず、これを人のすみかに造られた主はこう言われる、「わたしは主である、わたしのほかに神はない」。

イザヤ45:18

4.地球を造られた神様の目的は何でしたか?

5.聖書は人間の創造についてどのように描写していますか?

主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。

創世記2:7

そこで主なる神は人を深く眠らせ、眠った時に、そのあばら骨の一つを取って、その所を肉でふさがれた。主なる神は人から取ったあばら骨でひとりの女を造り、人のところへ連れてこられた。

創世記2:21-22

6.人間は誰のかたちに創造されましたか?

神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。

創世記1:27

7.神様は本来人間にどんな権利を与えてくださいましたか?

神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。

創世記1:26

ただ少しく人を神よりも低く造って、栄えと誉とをこうむらせ、これにみ手のわざを治めさせ、よろずの物をその足の下におかれました。

詩篇8:5-6

8.神様が人間に与えられた理想的な家はどのようなものでしたか?

主なる神は東のかた、エデンに一つの園を設けて、その造った人をそこに置かれた。

創世記2:8

主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた。

創世記2:15

9.人間が永遠に生きるように与えられた食べ物は何でしたか?

また主なる神は、見て美しく、食べるに良いすべての木を土からはえさせ、更に園の中央に命の木と、善悪を知る木とをはえさせられた。

創世記2:9

10.アダムとエバの忠誠と従順をテストするために神様はどのような単純な計画を立てられましたか?

主なる神はその人に命じて言われた、「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。

創世記2:16-17

11.全宇宙を維持させる力は何ですか?

御子は神の栄光の輝きであり、神の本質の真の姿であって、その力ある言葉をもって万物を保っておられる。そして罪のきよめのわざをなし終えてから、いと高き所にいます大能者の右に、座につかれたのである。

へブル人への手紙1:3

12.私たちが天を見上げる時、それらは私たちに何を告げていますか?

もろもろの天は神の栄光をあらわし、大空はみ手のわざをしめす。この日は言葉をかの日につたえ、この夜は知識をかの夜につげる。

13.目に見える創造物が私たちに知らせているものは何ですか?

神の見えない性質、すなわち、神の永遠の力と神性とは、天地創造このかた、被造物において知られていて、明らかに認められるからである。したがって、彼らには弁解の余地がない。

ローマ人への手紙1:20

14.良い行いをするクリスチャンはどなたの作品ですか?

わたしたちは神の作品であって、良い行いをするように、キリスト・イエスにあって造られたのである。神は、わたしたちが、良い行いをして日を過ごすようにと、あらかじめ備えて下さったのである。

エペソ人への手紙2:10

15.現在の罪によって呪われた世界だけでなく、私たちはどんな世界を期待できますか?

見よ、わたしは新しい天と、新しい地とを創造する。さきの事はおぼえられることなく、心に思い起すことはない。

イザヤ書65:17

わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。

ヨハネの黙示録21:1

16.真の神様と偽りの神々の間には重要な相違点があります。それは何ですか?

あなたがたは彼らに、こう言わなければならない、「天地を造らなかった神々は地の上、天の下から滅び去る」と。

エレミヤ書10:11

17.私たちはどのような方にだけ礼拝を捧げなければなりませんか?

さあ、われらは拝み、ひれ伏し、われらの造り主、主のみ前にひざまずこう。

詩篇95:6

18.世界のあらゆる人々を一つの兄弟にする偉大な真理は何ですか?

われわれの父は皆一つではないか。われわれを造った神は一つではないか。なにゆえ、われわれは先祖たちの契約を破って、おのおのその兄弟に偽りを行うのか。

マラキ書2:10
タイトルとURLをコピーしました