【聖句から学ぶ聖書】上級編 第8課 創造と救い(Creation and Redemption)

聖句から学ぶ聖書
この記事は約6分で読めます。

第8課 創造と救い(Creation and Redemption)

1.聖書の最初の一節にはどんな偉大な真理が記されていますか?

はじめに神は天と地とを創造された。

創世記1:1

2.真の神様と偽りの神々の間にはどのような違いがありますか?

あなたがたは彼らに、こう言わなければならない、「天地を造らなかった神々は地の上、天の下から滅び去る」と。

エレミヤ書10:11

ヤコブの分である彼はこのようなものではない。彼は万物の造り主だからである。イスラエルは彼の嗣業としての部族である。彼の名を万軍の主という。

エレミヤ書10:16

異邦の偽りの神々のうちに、雨を降らせうる者があるであろうか。天が自分で夕立ちを降らすことができようか。われわれの神、主よ、あなたこそ、これをなさる方ではありませんか。われわれの待ち望むのはあなたです。あなたがこれらすべてのことをなさるからです。

エレミヤ書14:22(使徒行伝17:22-29;ヨハネの黙示録14:6-10参照)

3.神様は誰を通して万物を創造されましたか?

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。

ヨハネによる福音書1:1-3

4.誰を通して救いが提供されますか?

しかし、まだ罪人であった時、わたしたちのためにキリストが死んで下さったことによって、神はわたしたちに対する愛を示されたのである。わたしたちは、キリストの血によって今は義とされているのだから、なおさら、彼によって神の怒りから救われるであろう。

ローマ人への手紙5:8,9

5.聖書は創造主がまたあがない主であることについて言及していますか?

ヤコブよ、あなたを創造された主はこう言われる。イスラエルよ、あなたを造られた主はいまこう言われる、「恐れるな、わたしはあなたをあがなった。わたしはあなたの名を呼んだ、あなたはわたしのものだ」。

イザヤ書43:1

6.ダビデのどのような祈りから神様の救いとは新しく創造されることだということがわかりますか?

神よ、わたしのために清い心をつくり、わたしのうちに新しい、正しい霊を与えてください。

詩篇51:10

7.創造において積極的な実行者であられたキリストが同様に教会のかしらだという言葉はどこにありますか?

万物は、天にあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、位も主権も、支配も権威も、みな御子にあって造られたからである。これらいっさいのものは、御子によって造られ、御子のために造られたのである。彼は万物よりも先にあり、万物は彼にあって成り立っている。そして自らは、そのからだなる教会のかしらである。彼は初めの者であり、死人の中から最初に生れたかたである。それは、ご自身がすべてのことにおいて第一の者となるためである。

コロサイ人への手紙1:16-18

8.信じる者を変化させる力がまさに神様の創造の力だということが聖書のどの一節に書かれていますか?

わたしたちは神の作品であって、良い行いをするように、キリスト・イエスにあって造られたのである。神は、わたしたちが、良い行いをして日を過ごすようにと、あらかじめ備えて下さったのである。

エペソ人への手紙2:10

9.天空にある星々を創造されたのはどなたですか?

聖者は言われる、「それで、あなたがたは、わたしをだれにくらべ、わたしは、だれにひとしいというのか」。目を高くあげて、だれが、これらのものを創造したかを見よ。主は数をしらべて万軍をひきいだし、おのおのをその名で呼ばれる。その勢いの大いなるにより、またその力の強きがゆえに、一つも欠けることはない。

イザヤ書40:25,26

10.そのまったく同じ創造主は私たちのために何をしてくださいますか?

あなたがたを守ってつまずかない者とし、また、その栄光のまえに傷なき者として、喜びのうちに立たせて下さるかた、すなわち、わたしたちの救主なる唯一の神に、栄光、大能、力、権威が、わたしたちの主イエス・キリストによって、世々の初めにも、今も、また、世々限りなく、あるように、アァメン。

ユダの手紙24-25

11.信じる者たちのために神様はどのようなことをしてくださいますか?

どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の父が、知恵と啓示との霊をあなたがたに賜わって神を認めさせ、あなたがたの心の目を明らかにして下さるように、そして、あなたがたが神に召されていだいている望みがどんなものであるか、聖徒たちがつぐべき神の国がいかに栄光に富んだものであるか、また、神の力強い活動によって働く力が、わたしたち信じる者にとっていかに絶大なものであるかを、あなたがたが知るに至るように、と祈っている。神はその力をキリストのうちに働かせて、彼を死人の中からよみがえらせ、天上においてご自分の右に座せしめ。

エペソ人への手紙1:17-20

12.誰がこの宇宙を支えておられますか?

彼は万物よりも先にあり、万物は彼にあって成り立っている。

コロサイ人への手紙1:17

わたしたちには、父なる唯一の神のみがいますのである。万物はこの神から出て、わたしたちもこの神に帰する。また、唯一の主イエス・キリストのみがいますのである。万物はこの主により、わたしたちもこの主によっている。

第一コリント8:6

13.偉大な真理である第七日安息日は何を記念するしるし(sign)ですか?

神は第七日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終って第七日に休まれた。

創世記2:2

これは永遠にわたしとイスラエルの人々との間のしるしである。それは主が六日のあいだに天地を造り、七日目に休み、かつ、いこわれたからである。

出エジプト記31:17

14.安息日は創造の記念日であると同時に何のしるし(sign)でもありますか?

安息日を覚えて、これを聖とせよ。六日のあいだ働いてあなたのすべてのわざをせよ。 七日目はあなたの神、主の安息であるから、なんのわざをもしてはならない。あなたもあなたのむすこ、娘、しもべ、はしため、家畜、またあなたの門のうちにいる他国の人もそうである。主は六日のうちに、天と地と海と、その中のすべてのものを造って、七日目に休まれたからである。それで主は安息日を祝福して聖とされた。

出エジプト記20:8-11

わたしはまた彼らに安息日を与えて、わたしと彼らとの間のしるしとした。これは主なるわたしが彼らを聖別したことを、彼らに知らせるためである。

エゼキエル書20:12

15.なぜ神様は私たちの礼拝と賛美と栄光を受けるにふさわしいのですか?

「われらの主なる神よ、あなたこそは、栄光とほまれと力とを受けるにふさわしいかた。あなたは万物を造られました。御旨によって、万物は存在し、また造られたのであります」。

ヨハネの黙示録4:11

ノート: 世界の起源についての現代の見解は進化論ですが、これは神様の啓示を無視し、人間の研究に依存したものです。人間の存在理由を気の遠くなるような年数と進化の積み重ねの結果と説明していますが、これは福音の根幹を崩すものです。聖書はこの世界の起源が神様の御言葉によるものであることを明らかにしています。世界は聖書のとおりに、7日間のうちに、約6千年前に創造されたのです。この事実を私たちは聖霊の導きの中で信仰によって悟ります。さらに私たちは神様が世界を創造されたことを、自分自身の心が再創造されることによって悟ることになります。神様が無から世界を創造されたように、私たちも罪と汚れの無価値な存在から、神様のために実を結ぶ存在に創り変えられた時、もう一度世界が神様の創造によるものであることを確信するようになります。

タイトルとURLをコピーしました