【聖句から学ぶ聖書】上級編 第5課 聖書のすべてにおられるキリスト

聖句から学ぶ聖書
この記事は約5分で読めます。

第5課 聖書のすべてにおられるキリスト (Christ in All the Bible)

1.キリストは、聖書は誰について述べていると言われましたか?

あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしをするものである。ヨハネによる福音書5:39

旧約聖書を研究してください。それはまさにイエス・キリストについてあかしをしているのです。「聖書の中にあの方を発見するようになることは最高の真理であり、聖書研究の正当な結論です。イエス様が解き明かされたように聖書を解き明かすことができるようになることは聖書研究の最高の祝福です」。—ディーン・アルフォード(Dean Alford)

2.モーセと旧約の預言者たちは誰について書きましたか?

このピリポがナタナエルに出会って言った、「わたしたちは、モーセが律法の中にしるしており、預言者たちがしるしていた人、ヨセフの子、ナザレのイエスにいま出会った」。ヨハネによる福音書1:45

ヘレン・スプレル(Helen Spurrell)は旧約聖書の翻訳書で、彼女の翻訳書を読む全ての人々に次のような希望を述べました。「翻訳者が原文の中の数多くの語句を翻訳しながらしばしばそうしたように、『私はメシヤを見つけた』と多くの人々が叫ぶことになることを望みます」。

3.誰がキリストの死と復活を前もって預言しましたか?

そこでイエスが言われた、「ああ、愚かで心のにぶいため、預言者たちが説いたすべての事を信じられない者たちよ。キリストは必ず、これらの苦難を受けて、その栄光に入るはずではなかったのか」。ルカによる福音書24:25,26

4.あらゆる聖書の言葉はどなたについて書いているのですか?

こう言って、モーセやすべての預言者からはじめて、聖書全体にわたり、ご自身についてしるしてある事どもを、説きあかされた。ルカによる福音書24:27

5.救い主についての約束は最初にどこに書かれていますか? 

主なる神はへびに言われた、 「おまえは、この事を、したので、すべての家畜、野のすべての獣のうち、最ものろわれる。おまえは腹で、這いあるき、一生、ちりを食べるであろう。わたしは恨みをおく、おまえと女とのあいだに、おまえのすえと女のすえとの間に。彼はおまえのかしらを砕き、おまえは彼のかかとを砕くであろう」。創世記3:14,15

6.アブラハムの子孫を通して世界中の人々は何を受けるのですか?

また地のもろもろの国民はあなたの子孫によって祝福を得るであろう。創世記22:18(創世記26:4;28:14参照)

7.この約束された子孫とは誰のことを指していましたか?

さて、約束は、アブラハムと彼の子孫とに対してなされたのである。それは、多数をさして「子孫たちとに」と言わずに、ひとりをさして「あなたの子孫とに」と言っている。これは、キリストのことである。ガラテヤ人への手紙3:16

8.神様はイスラエルを約束された地に導くために誰を召されましたか?

見よ、わたしは使をあなたの前につかわし、あなたを道で守らせ、わたしが備えた所に導かせるであろう。出エジプト記23:20

9.彼らに水をあたえた岩は誰でしたか?

な同じ霊の飲み物を飲んだ。すなわち、彼らについてきた霊の岩から飲んだのであるが、この岩はキリストにほかならない。第一コリント10:4

10.約束された救い主はどこで誕生すると言われていましたか?

しかしベツレヘム・エフラタよ、あなたはユダの氏族のうちで小さい者だが、イスラエルを治める者があなたのうちからわたしのために出る。その出るのは昔から、いにしえの日からである。ミカ書5:2

11.旧約聖書のどこにキリストの生涯と苦難と死について預言されていますか?

イザヤ書53

12.キリストが銀貨で売られることがどこに預言されていましたか?

わたしは彼らに向かって、「あなたがたがもし、よいと思うならば、わたしに賃銀を払いなさい。もし、いけなければやめなさい」と言ったので、彼らはわたしの賃銀として、銀三十シケルを量った。ゼカリヤ書11:12(マタイによる福音書26:15参照)

13.キリストが亡くなられるときに言われた言葉は旧約聖書にどのように記録されていましたか?

わが神、わが神、なにゆえわたしを捨てられるのですか。なにゆえ遠く離れてわたしを助けず、わたしの嘆きの言葉を聞かれないのですか。詩篇22:1(マタイによる福音書27:46参照)

わたしは、わが魂をみ手にゆだねます。詩篇31:5(ルカ23:46参照)

14.キリストの復活についての預言は詩篇のどこにありますか?

あなたはわたしを陰府に捨ておかれず、あなたの聖者に墓を見させられないからである。詩篇16:10(使徒行伝2:25-31参照)

15.ダニエルはイエス様が神様の王国を受けられることについてどのように言いましたか?

わたしはまた夜の幻のうちに見ていると、 見よ、人の子のような者が、天の雲に乗ってきて、日の老いたる者のもとに来ると、その前に導かれた。彼に主権と光栄と国とを賜い、諸民、諸族、諸国語の者を彼に仕えさせた。その主権は永遠の主権であって、なくなることがなく、その国は滅びることがない。ダニエル書7:13-14(ルカによる福音書1:32-33;19:11-12;ヨハネの黙示録11:15参照)

16.詩篇ではキリストの再臨は何のためだと言われていますか?

大水はその手を打ち、もろもろの山は共に主のみ前に喜び歌え。主は地をさばくために来られるからである。主は義をもって世界をさばき、公平をもってもろもろの民をさばかれる。詩篇98:8-9

われらの神は来て、もだされない。み前には焼きつくす火があり、そのまわりには、はげしい暴風がある。神はその民をさばくために、上なる天および地に呼ばわれる。詩篇50:3,4

タイトルとURLをコピーしました